1. TOP
  2. 楽しく節約するために知っておくべき5つの方法って?

楽しく節約するために知っておくべき5つの方法って?

2016/09/08 家計・節約 節約
この記事は約 6 分で読めます。

これまで人生にたくさんのお金がかかることや、そのためには日々の貯蓄が大切だとお伝えしてきましたが、ではここで、具体的にどのようにしたら節約できるのかに迫ってみたいと思います。節約は1日にしてならず!けれども無理をしすぎるのは禁物!それが今回のポイントです。

できるときに貯蓄をしておこう

結婚したら裕福になると思う人が多いですが、実際に結婚生活を送ってみてそうではないということに気づくはず。
「なんとかなるだろう」では貯蓄はできませんので、しっかりプランを立てて貯めていくことが必要です。
夫婦であれば、貯蓄がしっかりできる時期はお子さんが18歳になるまで。この期間に節約をし、貯蓄を増やすべきです。
ただ、「あれもこれも節約しなきゃ!」と必死になりすぎると絶対に失敗します。では、節約がうまくいく方法って?

固定費を下げることを考えるべし

bank-1238320_640
節約でいちばん最初に手をつけるべきポイントは固定費。固定費とは、通信費や住宅費など、毎月出ていく額がある程度決まっているもののことです。


【水道高熱費の場合】

お水を買うご家庭の場合、業者によって値段がまったく違うので改めて調べてみてください。ウォーターサーバーなど使われている方は、ぜひ一度見直しを。

光熱費は、こまめに電気を消すなどでだいぶ変わります。また、エアコンは点けたり消したりを頻繁に繰り返すよりも、1日中点けっぱなしのほうが意外に省エネで、電気代がかかりません。

先日電力が自由化されましたが、2017年からはガスが自由化になります。このあたりも一度見直してみたほうが良いかもしれません。電力自由化における節約術などは、また別の機会でご紹介しますね!


【通信費の場合】

スマートフォン・携帯代は、ライフスタイルが変わっても同じプランのまま使い続けている人が多いですが、ぜひ一度見直してみてください。

以前に2万円ほど支払っていた方も、プランの見直しをしたら月額1万円未満で抑えられた、なんていうことも。

プランの変更は、携帯ショップに行けばすぐにできます。


【住宅費の場合】

住宅費は、いま住んでいるマンションよりも家賃の安いマンションに引っ越せばいい、という単純なものではありません。

ご夫婦の場合、家を建てようと考えられている方々も多いと思うので、そのライフプランに合わせて現状をキープするのか、引っ越すのかを検討してください。


【食費の場合】

スーパーに毎日行かず、冷蔵庫にあるもので何ができるかを考えるようにしましょう。それだけで1割ぐらいは食費が減らせます。

クックパッドでは食材で検索できるので、余り物の野菜やお肉からメニューを導き出し、献立を考えるのもおすすめです。


【保険料の場合】

家族構成や年齢、保険の目的によっても保険のかけ方が全く違ってくるので、見直す余地は十分にあります。家族が増える、減るなどのタイミングで随時見直すようにしましょう。

ただ、旦那さんが決めて入っている保険については「俺は間違っていない」という自負があるので、奥さんが覆すのはなかなか難しいです。そのような場合は、保険見直しのプロに間に入ってもらってください。旦那さんも納得してくれるはず。

変動費を減らすポイントって?

たとえば、洋服がとても好きな方にとって、こだわりのTシャツ1枚5,000円を、ファストファッションのTシャツ1枚1,000円に変える、というのは身がちぎれる想いかと思います。そういった、“幸福度”を下げてしまうような節約はおすすめしません。

自分にとって必要なものは、しっかり買って満足感を与えること。ただ、もちろん無駄買いはいけませんので、しっかり比較検討して「欲しい!」と思ったものや「行きたい!」と感じた場所には、きちんと計画を立てて買ったり訪れたりしましょう!

夫婦でのコミュニケーションはしっかり取る

omar-medina-films-1612660_640
節約にあたって大事なのが、夫婦間の認識の共有です。

たとえば、髪型に関して男性は比較的気にしない方が多いのに比べて、女性は2〜3ヶ月に1回は整えたいと思う方が多いはず。逆に、とにかく車にお金をかけたがる男性に対して、女性はどうしてそこまで…と思ってしまう方が多いです。

そういった価値観の違いを埋めるのは、話し合いしかありません。夫婦間でしっかりコミュニケーションをとって、「じゃあ美容院は譲歩しよう」「車のメンテナンスはOKだけど、パーツ代はおこづかいから出してね!」など、一つひとつ決めていきましょう。

▲▲▲ちょっと一息▲▲▲

男性と女性でこんなにも考え方が違う!?

性別による指向性の違いとして、女性は「守り」、男性は「外へ」と意識が向きます。つまり、女性は「子供優先」に考えがちで、自分のことはいろいろと我慢してしまうのです。

一方、「子供のために、自分のこのお金を使ってくれ」と言ってくれるような男性はそんなにいません。

あくまで一般論ですが、収入を増やすのは男性が得意、支出を減らすのは女性が得意、という性質があるので、しっかり女性がコントロールして節約して貯蓄を増やしていきましょう!

節約は、お金と心のバランスが大事!

1円単位の値下げを追いかけ、時間を使ってスーパーを回り疲弊しながら節約するのは、どうしても幸福度が下がってしまいます。 たとえば、水道光熱費を下げたいからといって毎日水風呂に入りますか?ということなんですね。

お風呂には、今日も1日頑張った、と労う意味も込められていますので、お湯を溜めて入ったほうがもちろんいいに決まっています。

それから、あれもこれもやろうと思ってはいけません。以前に「私こんなに頑張っているのに、なかなか節約できない…」と言っている女性がいましたが、その方はやっぱりたくさんの節約術に手を出しすぎていて、とても疲れていらっしゃいました。どうか、節約でプレッシャーを感じないようにしてください。

テレビや雑誌などで届けられる節約術は、取り入れてみてストレスを感じたらやめた方が良いです。それよりも、自分が楽しくできる節約術を見つけましょう。

最後に…クレジットカードをうまく使いましょう

credit-card-1583534_640
節約のポイントとして、すぐに始められる簡単なことをお伝えしておきます。それは、「固定費はクレジットカードで支払う」ということ。

光熱費や通信費など、固定費はクレジットカードで支払うことが可能です。クレジットカードで支払えば、ポイントが貯まります。マンションなどにお住まいの方も、家賃のカード支払いが可能な場合もあるので、ぜひ一度管理会社に問い合わせてみましょう。

おすすめは断然「楽天カード」。毎月、固定費が10万円かかっていた場合、カード支払いにすることで千円分のポイントがつきます。つまり、1年で1万2千円分ということ。このポイントはネットショッピングの「楽天市場」でそのまま利用できますので、1万2千円分の商品を結果的に無料で手に入れられるというわけです。

まとめ

節約って苦しいものだと思いがちですが、苦しいだけでは絶対に続けられません。女性はとくに楽しくないことは続かないので、楽しく節約をすることがいちばん大事です!

【節約のための3POINT】

ポイント① まずは固定費でどれだけ減らせるかを考える
ポイント② 通信費はとくに大きな減額が可能なので絶対に見直すべし
ポイント③ ストレスやプレッシャーを感じる節約はやめて、別のやり方を探す

この3つを実践し、楽しく健やかな節約を叶えましょう。 負荷なく続けていけることが、節約のとても大事なポイントなのです!


FP 小野みさ代

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 「小銭貯金」で確実にお金を貯める!その効果と入金・両替の方法

  • あと5万円多く貯金する!主婦が実践している10の節約術とは?

  • 定年退職後の生活費はいくらかかる?老後の支出と必要貯蓄額

  • お金を増やすコツはたったの3つ!初心者向け成功テクニック

  • 投資が苦手な方にお勧め!銀行預金と貯蓄型保険を活用した資産運用術

  • 婚約指輪の20代の相場って? 選び方のポイントもご紹介!