1. TOP
  2. 母子家庭の平均生活費と不安を解消する簡単節約術!

母子家庭の平均生活費と不安を解消する簡単節約術!

母子家庭になったら平均的に生活費がどのくらい必要なのかなと、気になる方はいらっしゃるのではないでしょうか?ひとり親になると家賃や光熱費、食費に加え、子どものための学費などを全てひとりでやりくりしなければいけません。安心して子どもを育てるために必要な収入と、楽しみながらできる簡単な節約術をチェックしてみましょう。

母子家庭の生活費の平均はいくら?

母子家庭の平均的な生活費は、子どもが1人の場合で1カ月あたり「15万円」くらいだと言われています。さらに、1カ月あたりの収入は正社員で平均「15万円」くらい、年間では「181万円」くらいだそうです。アルバイトやパートタイムでは「125万円」くらいとさらに低くなっています。

収入金額と生活費を見比べると残るお金がほとんどないことが分かるので、本当にひとりで子どもを育てていけるのかと不安になってしまいますよね。

では、母子家庭の方は実際に毎月の生活費をどのような内訳でやりくりをしているのでしょうか。


生活費の内訳実例

shopping-1165618_640
【パターン1】
◯収入
給与手取り 150,000円
児童手当 10,000円
児童扶養手当 34,250円

◯生活費
家賃 45,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 7,000円
食費・日用品代 25,000円
子ども費 2,000円
自分用おこずかい 10,000円
レジャー・雑費 20,000円
生命保険 23,000円
合計 142,000円

【パターン2】
◯収入
給与手取り 150,000円
児童手当 10,000円
児童扶養手当 27,000円

◯生活費
家賃 40,000円
水道光熱費 14,000円
通信費 15,000円
食費 25,000円
子ども費 25,000円
ガソリン代 10,000円
駐車場代 5,000円
車ローン・保険 37,000円
合計 146,000円

2つのパターンの生活費の内訳を紹介しましたが、どちらも限られた収入金額で上手にやりくりをして家計を維持されています。

家賃の価格帯や車の有無は地域によって異なりますが、食費や水道光熱費など減らせるところは節約をして生活をされているようです。


気になる児童扶養手当と援助制度

母子家庭になったときに気になるのが「児童扶養手当」ではないでしょうか。児童扶養手当はひとり親になったらまず申請をしたい制度です。

母子家庭になったときにもらえる手当や援助金は住んでいる地域や収入によって異なりますが、主に以下の手当てなどが申請できます。

・児童手当
・児童扶養手当
・特別児童扶養手当
・障害児福祉手当
・児童育成手当(自治体による)
・母子家庭・父子家庭の住宅手当(自治体による)
・ひとり親家庭等医療費助成制度
・所得税や住民税の減免制度
・国民年金や国民健康保険の免除
・保育料の免除と減額
・水道料金の減免 など

児童扶養手当は母子家庭になったときに自治体から援助してもらえる制度です。金額は所得によって変動しますが、子どもが1人の場合は1カ月あたり42,330円~9,990円の手当てが支給されます。手当ては4月、8月、12月に4カ月分がまとめて支給されるので、毎月受け取れるわけではありません。

所得税や住民税、さらに国民年金や国民健康保険などは、条件を満たすことで減免や免除となることがあります。所得税は税務署に、住民税などは区市町村の役所に問い合わせてみてください。

その他の制度も所得や地域によってそれぞれ異なるので、まずはお住いの自治体に相談にいってみてくださいね。


生活費を抑えるには楽しく節約

自治体からの手当てや援助制度があっても母子家庭の生活に不安はつきものです。生活費を節約するためにはどのようなことを始めていけばいいのでしょうか。

毎月の収入金額から上手にやりくりするためには、お金の使い方に優先順位を決めて絶対必要なものと削れる出費を考えることが大切です。

ただ、節約!節約!と切り詰めすぎてもストレスを感じてしまうので、無理なくできる節約術から試してみてください。


節約術1 ネットスーパーを活用

supermarket-949913_640
母子家庭では毎月平均「25,000円」くらいで食費をやりくりされています。節約の際に最もカットしやすいのが食費だと言われており、どれだけコストを抑えて過ごせるかがポイントとなるようです。

食費を25,000円内に収めたいときは外食を最小限にとどめ、3食自炊を基本に献立を考えると良いですね。

おすすめの食費節約方法は、ネットスーパーを活用してまとめ買いをすることです。ネットスーパーを使うと自宅で食材や日用品の買い物ができるため、外出する手間が省けます。さらに、パソコンを見ながらゆっくりと商品が選べるので、献立を考えたり冷蔵庫の中を確認しながら無駄なく買い物ができます。


節約術2 水道光熱費や通信費をカット

必要な費用でもカットしたいのが水道光熱費や携帯やインターネット代などの通信費です。平均的な支出は水道光熱費で10,000円~14,000円、通信費では7,000円~15,000円ぐらいとなっています。

水道光熱費を節約したいときは、水の出しっぱなしや電気のつけっぱなしを止めるなどの簡単なことを子どもと一緒に始めてみると良いですよ。子どもがまだ小さいなら毎日一緒にお風呂に入り、残り湯を洗濯に使うことで大きく水道代をカットできます。

また、電力会社のプランを調べて節電できる時間帯に洗濯機を使うなどの工夫を取り入れたり、必要であれば生活のスタイルに合わせてプランを変更してみても良いのではないでしょうか。

通信費はできるだけ抑えたい出費の1つです。特に携帯代は大手の通信会社と契約をすると、スマートフォンを1台持っているだけで1万円くらいの料金を支払う場合があります。これは節約をしたい家庭にとっては大きな出費となるので、可能であれば格安SIMに機種変更して通信費を抑えてみましょう。


節約術3 家賃や車の費用はできるだけ安く

母子家庭における家賃の平均的な価格帯は45,000円~60,000円くらいと地域によって異なります。交通の便利が良いところ、学校や保育園の近く、スーパーや病院が近いところなど、住みたい場所の条件によっても変わってきます。

家賃は生活費の中でも1番大きな出費となるので、できるだけ安いところを探したほうが家計をやりくりするときには楽になります。

ただ、安いからと郊外に住宅を決めて車が必要となった場合は、自動車ローンや保険料、ガソリン代などがプラスされます。

そのため見直しがなかなか難しい大きな生活費は、長い目で見ながらバランスを考えてコストの少ない選び方をしてみてください。


節約術4 保険料の見直し

business-861325_640
母子家庭になったら自分や子どもの保険料を見直すことが節約につながります。医療保険や学資保険に加入していない場合、いざ自分や子どもが病気になったときに収入源がなくなってしまいます。

毎月の生活費は少し増えますが、万が一のときに対応できるよう医療保険を見直すことはとても大切なことです。

また、子どもは成長するにつれ、必要となる学費が増えていきます。進学や就職に向けた将来のお金を準備するためには、毎月積み立てできる学資保険を活用すると安心です。なかなか貯金が進まない方もこれなら自動で口座から引き落とされるので、満期になるまでしっかり進学資金を貯められます。


節約術5 母子家庭の貯金方法

母子家庭では毎月平均的にどのくらいの金額を貯金しているの?と、気になる方は多いようです。もちろん収入によっても違いますが、多くのご家庭では児童手当や児童扶養手当を貯金に回しているようです。

自治体から支給される児童手当や児童扶養手当は年に数回まとめて支給されるため、1カ月の生活費に割り当てないご家庭が多いようです。節約上手な方は1か月の生活費を給与の手取りから支払い、児童手当や児童扶養手当は全て貯金して年間50万円くらい貯めている方もいらっしゃいます。

お金の使い方はその時々によって違うので、貯金ができそうなときは意識的にしっかりと貯めていくと良いですね。


母子家庭支援の団体などを使って

自治体の手当てや援助制度の他に、母子家庭の方におすすめなのが民間の支援団体です。支援の内容は地域によりますが以下のようなものがあります。

・賃貸住宅の提供や入居のサポート
・子育て支援
・病児保育
・子どもの進学支援 など

母子家庭になると賃貸マンションを借りるときに、保証人が居ないなどで入居できない場合もあるようです。このような不安を解消するためには住宅支援のサポート団体を利用すると、スムーズに新しい生活をスタートさせられます。

また、病児保育は働くママにとってはとてもうれしいサポートです。子どもが熱を出しても仕事を休めないという方はたくさんいらっしゃいます。そんなときは、看護をしながら子どもを保育してくれる病児保育を利用してみてください。病児保育は看護の資格を持つ専門のスタッフが常駐していたり、小児科と連結しているところもあるので安心して子どもを預けられます。

病児保育は登録制の場合や要予約のところが多いので、利用したいときは事前に確認をしてみてくださいね。


母子家庭でも生活費にゆとりを持たせるコツ

pots-716579_640
母子家庭でも生活費にゆとりを持たせるコツは、毎月の平均必要費用を手取りより3万円くらい少なく考えておくことです。手取りのギリギリ金額で予算を立てると余裕がなくなり、場合によっては赤字の家計になってしまいます。

3万円ほど余裕を持つことで臨時の出費にもすぐ対応できたり、リフレッシュのために子どもと一緒に月に1回くらいは外食を楽しめます。何より余っているお金があることで、生活費だけではなく気持ちにもゆとりが生まれます。

必要経費の予算立ては母子家庭生活がスタートしてからだとなかなか変更が難しいので、始める前に計画を立てることが大切です。


母子家庭でも安心できる生活環境づくりを

母子家庭の平均生活費は1カ月あたり15万円前後でやりくりしている方が多いようですね。収入金額も15万円くらいのご家庭が多いので決して余裕があるとは言えませんが、節約生活を取り入れながら家計を管理されています。

母子家庭になったら少しでも安心して生活するために、手軽にできる節約術を取り入れたり、使える制度を活用してできるだけ生活のコストを下げていきたいですね。

また、節約は必要ですが子どもと充実した生活を過ごすためには、1年に1度は旅行に行くなどの楽しみを取り入れることも大切です。ひとり親になると不安に感じることもありますが、無理をせず楽しみながら節約生活をしてみてください。


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 上手に無理なく節税しよう!自営業の経費と生活費の境目

  • 主人が亡くなり相続税が心配!1億6000万円まで配偶者控除が受けられる?

  • 「100万円」を貯める方法とコツ!貯金が成功する1年計画

  • 住宅購入時の頼みの綱!親からの援助と贈与税の優遇制度

  • クオリティは下げずにリーズナブル!結婚式費用の節約方法

  • 主婦の年金はどうなる?知っておきたい離婚時の厚生年金の分割制度