1. TOP
  2. 在宅ワークの収入ってどれくらい?気になる副業収入をチェック!

在宅ワークの収入ってどれくらい?気になる副業収入をチェック!

在宅ワークにとても興味があるけれど、どれくらいの収入を得られるものなのかしら?と疑問に思っている方も多いことでしょう。企業による一個人へのアウトソーシングが増えつつある現在、在宅ワークの件数も種類も報酬も、軒並み増えつつあります。

せっかく時間をかけるのなら、自分の時間と労力に見合う収入が得られる在宅ワークを選びたいと思うのが人の常ですね。

今日は様々な在宅ワークでどのくらいの収入が得られるのかをチェックし、自分にピッタリの在宅ワークを見つけて生活にゆとりを生み出しましょう。

在宅ワーク初心者におすすめ!データ入力のお仕事の収入はどれくらい?

library-1666703_640
在宅ワーク初心者の方で、まだ職歴や知識などに自信のない方にとってハードルが低いのは、データ入力のお仕事です。クラウドソーシングサイトの中でも、数多くのデータ入力案件が出ています。頭を使ったり知識を応用したりという思考回路は重視されないので、必要とされているデータ項目をミスなく入力できる緻密さと正確さ、根気良さがあれば、さほど無理なくこなせるお仕事と言えるでしょう。

また、基本的に入力数が多い程単価が上がりますから、タイピングが早く同じ入力作業を効率的に行える自信がある人に向いている在宅ワークです。

ではデータ入力の在宅ワークでどれくらい収入を得られるのかを見てみましょう。

データ入力の在宅ワークによる収入は、主に「固定報酬制」と「時給制」があります。固定報酬制は仕事案件の内容によって収入は変わってきますが、10,000~50,000円ほどの案件が多く募集されています。

時給制の場合、平均時給はおよそ1,000円が収入の相場になります。募集するクライアント側も、要領よく数を正確にこなしてくれる在宅ワーカーに依頼したいですから、特に時給制の場合は初めにトライアルを課してくる場合も少なくありません。

ちなみにデータ入力の在宅ワークだけで年収500万円も収入を得ているというつわものもいるそうです。慣れて正確に数をこなせて、発注者と信頼関係が築けるようになれば、継続的にスカウトを受けられるので、安定した収入を得続けてデータ入力の在宅ワーク一本だけで生活することも夢ではありません。

在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

コツコツと地道に稼ぐのが好きなあなたに。アンケートモニターの在宅ワーク

a9049938cf17c8bad11036e638765471_s
様々な企業がデータを収集したり、新商品の感想を聞き出して今後の参考にするために行っているアンケート。

企業にとって商品やトレンドに関する最新動向のデータを集めることは非常に大切で、一般生活者の率直な感想を知ることは、今後の企業の未来を大きく左右します。

アンケートに回答する側の在宅ワーカーは、然程高度な知識や経験が必要になるわけではなく、ありのままの感想を正直に述べれば良いため、隙間時間を有効に利用して稼ぎたい人にピッタリの在宅ワークです。

リサーチパネルマクロミルなどの大手アンケートモニターサイトが有名で、在宅ワーカーはこられに登録すると様々な企業が募集しているアンケートに回答してポイントを稼ぐことができます。

1件数円程度の低単価のものから、回答を終えるまでに20~30分程度かかるような長いアンケートの場合ですと、数百円分単価のポイントを稼ぐことが出来、登録者は一定数のポイントを貯めると現金や商品券、Pontaポイントや楽天ポイントなど大手ウェブサイトのポイント、電子マネーなどに変換して収入を得るという仕組みです。

全体的に参加ハードルは低いですが、一定のポイントを稼ぐまでにかなり時間がかかるため、短時間で高単価を期待することはできず、アンケートモニター1本で毎月安定した収入を得るというのは難しいことでしょう。コツコツと小銭を稼ぐのが好き、また、世の中の動向やトレンドを知りたいという好奇心旺盛な人に是非参加していただきたい在宅ワークです。

また、座談会もアンケートモニターの一種と言えますが、最近では座談会会場に集結して行うよりも、スカイプなど利用してライブチャットによる座談会を行うことが主流になってきました。1時間ほどの座談会に参加することで2,000~5,000円ほどの収入を得られます。

シャンプ―などの日用品から新商品のビールやお菓子、美容品などの新商品が送られてきて、それらを実際に試した後に様々なアンケートに答えるという在宅ワークもあります。

新商品を無料で試せて、しかも数百~数千円の収入も得られるのですから、新しい物好きの方、自分の意見を企業の商品開発などに活かしてもらいたいと思う方に向いている在宅ワークです。




活字好きにピッタリの在宅ワーク。ライターのお仕事

typewriter-801921_640
ライターのお仕事と言っても、その中には様々な種類があります。自分が持っているブログに、企業から依頼された商品などの情報を紹介したり、広告バナーを貼って収入を得るブログライターの在宅ワークでは、1件につき約100~500円ほどの報酬となります。

また、様々なジャンルのハウツーを紹介する記事を作成したりまとめたりするウェブコンテンツライターのお仕事は、2000文字ほどの記事ひとつで平均1,000円ほどの収入を得ることができます。

健康、料理、恋愛、お洒落、仕事など、自分の得意分野のネタ記事を求めている案件を見つけてスラスラ書ければ効率も良いですし、自分の知識や経験がネットを通して誰かの役に立つかも知れないと思うと、やりがいもあるでしょう。

書かれた文章を校正チェックしたり、外注スタッフにテーマを割り振りするディレクション作業をしている人もまた、外注の在宅ワークスタッフの場合があります。こちらはより専門性や計画性が必要となってくるので、担当するライターの数にもよりますが月に10万円以上の収入を得ることも難しくはありません。

センスで勝負!ウェブデザイナーの在宅ワーク収入はどれくらい?

mockup-654585_640
自分のデザインセンスが全てとなるウェブデザイナーのお仕事。基本的にパソコンがあれば作業ややり取りができるお仕事なので、企業側としてはウェブデザインを外注することで人件費を抑えることが出来るため、クラウドソーシングで数多くの案件が出ている在宅ワークです。

自分の美的センスやインパクトのあるものを作れる創造性が売りとなるお仕事で、同時に高度なパソコン技術も必要となってきます。

ロゴを1つデザインするお仕事ですと数千円~数万円、最近多いLINEスタンプのデザインですと、個数にもよりますが数千円~数万円の収入を得ることが出来ます。パンフレットや広告のデザインですと、1案件数万円になります。

デザインの在宅ワークの場合、発注側も在宅ワーカーの力量をまず見たいですから、最初はコンペなどの形で案件を出していることも多いため、競争率が高く採用されるのはなかなか難しいですが、一度認められると継続して依頼が来ることが期待できます。

自分の手でひとつひとつコツコツと作り上げる地道な在宅ワーク。内職

handycraft-1204317_640
昔ながらの手作業などによる内職も、また存在している在宅ワークです。

一例として賞状の名前書き(平均単価約30~50円)やあて名書き(約50~60円)、封筒などへのシール貼り(約1円)、商品の袋詰め(約1~20円)、ガチャガチャのカプセルへの商品詰め(約1円)、造花製作(約5~20円)、ハンドメイド作品の製作(商品にもよりますが1,000~3,000円ほど)、ネイルチップの製作(10個で100円程度から、優れた作品の場合は5,000円くらいになることも)など、様々な種類の内職があります。

材料が家に送られてくるため、それらを保管するスペースや、一緒に住む家族などの在宅ワークへの理解が必要となります。

こんな仕事もあるなんて!変わり種在宅ワーク

その他、最近需要が増えてきた変わり種在宅ワークとして、モーニングコールをかけるという仕事があります。IP電話やスカイプなどのツールを使って、モーニングコールを希望している利用者に決まった時間に電話をかけて確実に起こしてあげるのがお仕事です。

1回の単価は約100円ほど。物理的に考えても1日に多くとも20件ほどしかかけることが出来ませんが、朝の時間を有効に使いたい方、そして自分自身が絶対寝坊しない方に向いている在宅ワークです。

また、愚痴や悩みを聞いたり話し相手になる在宅ワークも増えてきました。時給換算すると約800円ほどのお仕事です。一人暮らしの高齢者や、自分の愚痴を聞いてくれる人がいなくて寂しい人などが利用しているサービスです。

心理学に興味がありカウンセラーの仕事をしている人や、人の悩みを聞いて役に立ちたいという気持ちがある優しい方に向いている在宅ワークと言えるでしょう。

ジグソーパズル好きにはたまらない、パズル製作代行という在宅ワークもあります。平均単価は1ピース1円ほどですが、マニアにとっては趣味と実益をかねた素晴らしい在宅ワークです。

まとめ

いかがでしたか。在宅ワーク初心者の方は、予想よりも在宅ワークの収入平均値が高いことに驚いているのではないでしょうか。

かつて「在宅ワーク」というと、家に大量の作業物が送られてきて、1つ製作するのに何銭、というような激安単価な内職が大半を占めていました。インターネットが普及した現在では、各種在宅ワークの報酬単価も上がり、在宅ワークだけで生活できる収入を得られる人も増えてきました。

小さな子供が居たり、病気などにより外で働くことが出来ないという人にも仕事の機会が広まり、また発注をかける企業のほうも、一般個人に外注したほうが費用節減できるので、在宅ワーク市場は今後しばらく右肩上がりに成長していくことでしょう。

言うならば、現在世の中でインターネットを介して出来る全ての仕事は、今後全て外注で在宅ワーカーにシフトされてしまう日が来ると言っても過言ではありません。

これだ!と思う在宅ワークを今回見つけることができた皆さん。早速クラウドソーシングサイトで在宅ワーク案件を探して応募してみましょう。


在宅ワークからシステム開発まで!色々な仕事が発注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • スマホでコツコツお小遣い稼ぎ!すきま時間で月3万円稼ぐ方法4選

  • 独立開業の方法を知りたいあなたへ!起業の成功率を上げる8つのポイント

  • 年収800万円稼ぐ人はいったいどんな仕事をしているのか?高収入職業トップ7

  • 自己資金は必要なし!主婦が自宅で起業する3つの方法

  • 富裕層とはどんな人たち?資産の中身は貯金だけではない!

  • 夏ボーナス間近!2017年の支給時期と20代の平均額