1. TOP
  2. 30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ

30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ

30代になると将来のためにどのくらいお金を貯めるべきか、不安に思う方も多いのではないでしょうか。30代の夫婦は一体いくらくらい貯金をしているの?とリアルなお金事情が気になります。なかなかお金が貯まらないという方や将来が不安という方は、平均貯金額をチェックしてご家庭の貯金計画を見直してみましょう。

30代夫婦の平均貯金額は「370万円」

money-1739601_640
30代夫婦の平均貯金額は「370万円」だと言われています。

370万円と聞いて多いと感じるか少ないと感じるかは、ご家庭によってさまざまなのではないでしょうか。世論調査などを見ると30代~50代のご家庭では100万円以上500万円以下で貯蓄をしている方が多く、将来のためにお金を貯めたいと思っている夫婦がたくさんいらっしゃいます。

また、30代に限らず全ファミリー世帯の平均貯金額を見ると「950万円」となっており、30代の貯金額の2倍になっています。


30代夫婦の平均年収は?

貯金をするためには収入が必要になります。そこで気になるのが、30代夫婦の平均年収ではないでしょうか。

30代の平均年収は、
男性 480万
女性 380万
となっており、共働きだと「男性480万円+女性380万円=合計860万円」の年収(世帯年収)として考えられます。

ただ、30代夫婦は子育て中のご家庭が多いため、共働きでフルタイム勤務というのが難しいのが現状です。子どもがまだ幼いご家庭では、夫のみの収入で生活しているというところも少なくありません。


30代夫婦の貯金の目的は

30代夫婦が貯金をする目的は、
・老後の資金
・出産費用
・子どもの教育費
・引越し資金
などが挙げられます。

どれも将来的に必ず必要になるものであり資金的にも大きなものなので、事前に準備をしておけなければいけない項目でもあります。

特に30代夫婦が気になる項目は「老後の資金」ではないでしょうか。会社勤めが終わりとなる定年は、誰にでも訪れることです。収入源がなくなると年金だけで生活できるのかと不安に感じてしまいます。

では、老後に必要な生活資金はどのくらい貯めればいいのでしょうか。


老後に必要な貯金額とは

old-people-1553349_640
老後に必要な生活費は3000万円くらいだと言われています。ただ、退職金や年金の支払いがない場合はこれでも十分だとは言えません。

65歳~90歳までの25年間の生活費を考えた場合、
1カ月あたりの生活費20万円×12カ月=1年間240万円
1年間あたり240万円×25年=6000万円
となり、1カ月20万円で生活をしようと思うと「6000万円」の老後資金が必要になります。30万円の生活費ならば9000万円にもなります。

3000万円でも大変なのに安心して生活するためには6000万円が必要と聞くと、30代から貯金をスタートしても間に合わないのではと焦ってしまいますよね。


「貯金なし」の夫婦も!リアルな貯金事情

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s
実は、貯金がない30代の夫婦がたくさんいることも事実です。

リアルな貯金事情を見ていくと100万円以上500万円以下の貯金がある世帯に続き、同じくらいの割合で貯金なし、もしくは10万円未満の貯金額の世帯が大多数を占めています。貯金をしていない30代は3人に1人の割合とも言われており、将来的に不安を抱えている方は多いようです。

さらに、貯金ができないだけではなく、借入金額が多く貯金まで手が回らないご家庭もあります。

30代の働き盛りのご家庭の貯金事情は、貯金のある世帯と全くない世帯の2極化がはっきりと表れているのがリアルな現状です。


貯金ができないのはなぜ?

貯金ができない理由には次のことなどが挙げられます。
・家や車のローンの返済
・学費の返済
・投資の失敗
・子どもの学費 など

働き盛りの30代夫婦で貯金が進まないのは収入の大半を家や車のローン返済にあてたり、20代で先行投資に失敗して借入金を増やしてしまったなどのさまざまな理由があります。

特に、30代は子育て中のご家庭が多いので、広い家に引っ越したり車を買い替える方はたくさん。また、子どもを幼稚園に通わせたり習い事に行かせると、手元にお金が残らないというご家庭が多いようです。


貯金を始めるために

euro-870759_640-1
思うように貯金ができないご家庭は多いようですが、少しずつでも将来の資金作りができるようスタートすることが大切です。貯金を始めたいというご家庭では、毎月の生活費を節約してお金を残したり、副業を始めてお金を増やすことなどに取り組まれています。

生活費の節約はムダな出費を削り、1カ月あたり1万円~3万円くらいの支出をカットされています。最近ではムダを省いてスリムに暮らすミニマリストやシンプルスタイルが注目されおり、節約しながら生活の質を落とさない暮らしを取り入れる方が多いようです。

副業では不動産収入を取り入れたり、ネットビジネスが人気です。不動産やネットビジネスは自由に仕事ができ拘束されることがないため本業と並行して始めやすく、さらに長期的に安定した収入を得られることなどが人気の理由になっています。

ネットビジネスならパソコンが1台あれば誰にでも始められるので、気軽に副業をスタートさせたい方におすすめです。


効果的に貯金をするには

今までお金を貯めたことがないという方でも、効果的に続けられる方法は「先取り貯金」です。給与が入ったら毎月決まった金額を天引きしたり定期預金を始めて自動的に引き落とすなどを行い、先に貯金を確保することが大切です。

貯金をするためには「貯金用のお金は生活費ではない」と意識づけなければいけません。余ったお金を貯金に割り振ると手元にお金がある状態になるため、貯金をすることに慣れていない場合は生活費として使ってしまいます。

大切なことは毎月数千円ずつでも確実に貯めることなので、給与が入ったら千円でも良いので「貯金をする」ということを始めてみてください。貯金をすることに慣れてきたら、節約術などを取入れて、徐々に毎月の貯金額を増やしていくと良いですね。


貯金計画を立てよう

business-1370952_640
30代夫婦の平均貯金額と将来に必要な生活資金が分かったところで、実際に毎月いくらくらいの貯金をしていけばいいのでしょうか。

老後に必要な資金の3000万円を準備するためにできるだけ貯金をしたい気持ちもありますが、ご家庭により年収や生活スタイルが違うので貯められる金額はさまざまです。毎月10万円以上貯められるご家庭もあれば、ローンや教育費の支払いで余裕がないという場合も考えられます。

一般的な貯金額の割合は、年収の10%~15%を貯金に回すご家庭が多いようです。年収が480万円ならその10%の48万円を、1年間で貯めることになります。

つまり、48万円÷12カ月=1カ月あたり4万円を、貯金にあてるご家庭が多いと考えられます。

もし35歳から貯金を始めたとすると1年間で48万円貯められ、5年後の40歳には240万円、10年後の45歳では480万円、さらに30年後の65歳では1440万円の貯金に成功します。


口座を新設して貯金をスタート

dollar-1341260_640
貯金を始めるために必要な準備は、貯金用の口座を新設することです。手持ちの口座にまとめてしまうとお金が足りなくなった時などに使ってしまう心配があるので、必ず普段使いのものと貯金用の口座を分けるようにしましょう。

銀行口座を作るときは実店舗型の銀行とネットバンクの2つのタイプから選べます。

貯金用の口座を新設する時はネットバンクがおすすめです。ネットバンクは実店舗がない分金利が高く、都市銀行やゆうちょ銀行に比べると10倍の利息を受け取れる場合もあります。また、コンビニATMでの取り扱い手数料が無料だったり、少ない手数料で使用できるのもメリットの1つです。

ただ、ネットバンクは実店舗がなく直接やり取りができないため、お金を預けることに不安を感じる方もいらっしゃいます。

老後の資金など高額のお金を預けたい時は、リスクを分散させると安心です。銀行には預金保険と呼ばれる制度があり、金融機関が破綻したときには1000万円までは保証されるそうです。そのため、1つの金融機関に預ける金額は必ず1000万円までに収め、オーバーした場合は別の金融機関に預けるようにするとリスクを減らせます。


目標金額を積み立てるコツ

achievement-18134_640
毎年目標の貯金額を積み立てたい時は、ボーナスを上手に活用してみましょう。

1年間で48万円貯めたい場合は、1カ月あたり4万円を貯金に回さなければいけません。これまで貯金をしていなかった場合、急に4万円も生活費が減ってしまうと毎月のやりくりが難しくなってしまいますよね。

そんなときは、1カ月あたりの貯金額を少なく設定して、ボーナスで補うように予算を立ててみてください。

1カ月あたりの貯金額を2万円にした場合12カ月で24万円貯められるので、ボーナスから残りの24万円ほどを補充します。もしボーナスに余裕があればもう少し貯金額を上乗せして、夏と冬にそれぞれ1.5カ月分ずつプラスすると1年間で48万円+6万円+6万円=60万円も貯められます。

1年間に60万円を貯金できれば35歳~65歳までで「1800万円」を貯められ、将来の資金をより多く確保できます。


30代から貯金をスタート

30代夫婦の平均貯金額は「370万円」ですが、多いのか少ないのかはご家庭の年収や生活スタイルによって異なります。ただ、将来を不安に感じたり、子どもの教育資金を貯めたい、老後も安定した生活を過ごしたいなどの思いがあるならば、早めに貯金をスタートすることがとても重要になるのではないでしょうか。

例え30代夫婦で貯金がゼロでもこれから始めることで、将来的に必ずプラスになります。少しの金額からでも続けて貯めることが重要になるので、家のローンや年収が少ないからと諦めずにまずは新しく貯金用の口座を作って「お金を貯める」ことをスタートしてみてはいかがでしょうか。



子供の教育費って結局いくらかかるの? みんなの平均値を大公開

1年で「100万円」貯める!手取り20万円でも成功する方法

夫婦で貯蓄するための具体的な方法|貯蓄プランの立て方

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 生命保険の解約返戻金とは?解約時に手元にお金はいくら残る?

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • パートで働く主婦のお小遣いの平均は?リアルな家庭事情を調査!

  • 子どもの海外留学に必要な費用とは?大学留学の準備手順

  • 費用はどうなの?オール電化導入のメリットとデメリット

  • 結婚したら家計管理は夫と妻のどっちがやる?