1. TOP
  2. 今すぐ生活改善できる主婦が知っておきたい10の貯蓄方法

今すぐ生活改善できる主婦が知っておきたい10の貯蓄方法

一家の家計を預かる主婦として、貯蓄は非常に大切であり自分の努力がすぐに数字に反映されます。今なかなか計画的に貯蓄ができておらず悶々と悩んでいる主婦の皆さん、その原因がどこにあるのかしっかりと自覚していなければ、いつまで経っても貯蓄が増えないまま、時間だけが過ぎ去ってしまいます。後から後悔しないためにも、家族の未来の基盤を築き上げるためにも、今日は主婦が参考として知っておくべき貯蓄方法をご紹介します。今の自分の現状に合わせて上手に生活に取り入れてみてください。

貯蓄する目的と意義の再確認

winning-1529402_640
貯金方法や節約方法を勉強する前にしなければならないことがあります。それは「何のために貯金や節約をするのか?」について考えることです。

もちろん貯蓄は多ければ多いほど良いですし、不透明な未来に不安を覚えるから貯蓄をしなきゃ、と思っている主婦の皆さんも多いことでしょう。しかし漠然とした不安感や義務感、焦燥感で貯蓄や節約を開始してもモチベーションが上がりませんし、徐々に悲壮感やマンネリ感に苛まれて辛くなっていきます。

ですから、まずはできるだけ具体的に「何のためにいくらをいつまでに貯めるのか」ということを決め、列挙してみましょう。例えば、

・2018年3月迄:○○の新入学資金として30万円貯める
・2018年8月迄:ハワイ旅行のために30万円貯める
・2022年5月迄:車の購入のために頭金100万円貯める

このように、今わかっている範囲で良いですから、人生の節目節目や各種イベントに必要となる金額を予測、列挙して貯蓄計画を立てましょう。闇雲に貯金するよりも、目安やペース配分がわかるので、目標達成しやすくなります。

また貯金や節約を開始するにあたり、あまり無理をし過ぎないことも大切です。絶対に達成しなければ、と固く決意をして自分を追い詰めてしまうと、辛い毎日になってしまいます。日々お金を使うことに罪悪感すら覚えてしまうようになります。「無理せず楽しく毎日を過ごす」ということを忘れないでください。

~初級編~

f7dcffb5e370a1c9920fb1ad0b58b293_s

1.家計簿をつける

家計簿をつけることは貯蓄や節約の基本中の基本。しかし何度か試みても長続きしない人が多いようです。原因は「数字が合わない」「一度つけ忘れると数字がわからなくなって嫌になってしまう」「完璧につけなければ、という気持ちでいるうちに疲れてしまう」ということがあります。

日本の女性は約40%が家計簿をつけていると言われています。そして家計簿をつけている人とそうでない人の貯蓄額の差は、およそ100万円というデータもあります。

家計簿をつける時に注意すべきことは、完璧を求めないことです。多少の記入漏れや計算間違いを気にしていては疲れるだけです。家計簿をつけること自体に意味があるのであり、記録を振り返ることでお金を使うペースやお金の流れ、無駄、貯蓄額を客観的に見ることが出来ますし、その日の日記代わりにもなります。

現在はノートタイプのものだけではなくスマホで様々な家計簿アプリがあり、レシートを写メすることで自動的に項目や数字を入力してくれるものや、銀行口座やカード会社のサイトと連動しているためタイムリーに数字を把握できるもの、分散している資産を管理できるもの、収支をグラフ化してくれるもの、アプリのキャラクターが毎日節約のアドバイスをしてくれるもの、などがあります。自分に合ったものを探してみましょう。

2.食材の買い方を変える

日々の食材を買いに行く時にも一工夫するだけで、かなり支出のペースを下げることができます。まず大切なポイントとしては「お腹がすいている時に食材を買いに行かない」ということ。食欲に火が点いていますから、次から次へと籠の中に入れたくなってしまいます。

また、一週間ほどの期間のレシピをあらかじめ決めて、必要な食材をまとめて購入することも大切です。無計画だと随時足りないものが発生して買い物に行かねばならず、その都度無駄な時間や手間がかかってしまいます。

買い物先も大体いつも同じスーパーを利用すれば、ポイントなども貯まりやすくなりますし、ポイント〇倍という日を狙って買い物するようにすると良いでしょう。

3.お菓子やジュースはコンビニで買わない

意外と食費の中で割合が高いのが、飲み物とお菓子です。これらはコンビニで買うと、スーパーなどに比べて倍くらいの値段になってしまうことがあります。最近ではコンビニ独自にお菓子ブランドを作って安い価格設定にしているシリーズがありますが、それでもスーパーで購入したほうが安いものが大半です。

ジュースやお茶などの飲み物も、コンビニや自販機ではなくスーパーなどで安く購入するようにしましょう。お茶に関しては、茶葉を購入して自分で作ればペットボトル1本分を数円で作ることができますし、様々な保存料や添加物も避けられるので、自作をおすすめします。

4.電子マネーやカードの利用

まれに「現金決済主義」の人がいますが、全て現金で支払うよりも、電子マネーやカードを利用したほうがお得であることは明白です。交通費やガソリン、スーパー、その他諸々の各種カードや電子マネーにはポイントサービスや商品券のバックなど、おおよそ5%分ほどの戻りがありますので、是非利用しましょう。

また、クレジットカードに関してはたくさん持つよりも、多くても3種類ほどまでにしぼることで、ポイントの収集速度を効率的に上げることができます。

5.外出や仕事時にはお弁当を作る

家族でのレジャーやご主人のランチ、ご自身のランチを外で買っていませんか?日々家事で忙しい中、ついついランチを外食や購入で済ませてしまいたくなるのはわかりますが、そこを「様々な知恵と工夫で楽しみながら乗り越える」のが、素敵な主婦こそができる技です。

外食や購入だと、その食材の本当の産地が分かりにくかったり、どんな添加物が入っているか、どんな人が作っているかなどがわかりません。自分で作ることで家族に少しでも安心安全な食事を出すことができ、経済的でもあるので、家族の健康管理、貯蓄管理のためにも、なるべく自分で作ることを心掛けましょう。

~中級編~

31619d6387a902c5bba1f504f5a337fd_s

6.リサイクルショップやオークションの活用

リサイクルショップというと、一昔前は雑多で埃っぽくて、というイメージがありましたが、現在はその様相が変わりつつあります。リサイクル品を綺麗に磨き上げ、お洒落にディスプレイした店内は、値段の安さも手伝って購入意欲を掻き立てられます。オークションも然りです。

古着屋や古本、食器なども良いものがたくさんありますし、未使用の日用品や成長が早い子供の洋服などは実用的で人気があります。

かつてのように「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」ではなく、古い物の中にも価値のあるもの、耐久性に優れたものが多数存在します。自分の目利き力や節約力が大いに発揮でき、価値ある買い物が出来るでしょう。

7.半強制的に貯蓄できるツールを使う

節約や我慢によって残ったお金を貯金するよりも、出たお給料のうち決まった金額を天引きの形で自動的に貯蓄口座に入れるようにしたほうが楽と言えます。勤め先によっては財形貯蓄をやってくれるところもありますし、銀行の積み立て預金を利用するのも手です。普通預金とは違って下ろすのも多少面倒ですから、半強制的に貯蓄できる環境が整います。

1か月に大体いくら貯金を出来るのか、というある程度の家計の目安統計を取ってから始めましょう。この半強制的貯蓄で最初から既に貯金は出来ているので、残ったお金の範囲で支出しなければ、という思考回路になり、成功率が上がります。

8.基本料金や年会費の見直しをする

毎月定期的に支出される各種基本料金や年会費に無駄はありませんか?携帯電話、インターネット、プロバイダー、電気代、ガス代など、実際の使用料意外に毎月固定費として出ていく基本料金は馬鹿になりません。

現在利用しているプランの基本料金は本当に妥当なのか、他にもっとお得なプランはないのか、調べてみましょう。最近では格安スマホも普及し、意外と問題なく使えると好評ですし、電力自由化によるお得なパック料金や、自分のライフスタイルに合わせた時間帯によって電気料金が異なるプランに契約変更することで、効率よく節約することが可能です。

また新聞代や保険料など、月払いではなく年払いにしたほうがお安くなるものもありますから、今の契約を全て見直してみましょう。

~上級編~

9.無駄な時間を作らない

主婦は毎日何かと忙しいですが、無駄にしてしまっている時間もあるはず。そんな隙間時間を使って自宅でお小遣い稼ぎをすることが可能な時代になりました。

各種クラウドソーシングを見てみると、様々な在宅ワーク案件が提示されています。ウェブデザインや執筆、テープ起こし、データ集計、アンケート回答など、外出せずに家でお仕事ができ、収入を得ることができます。

また、世界にひとつだけの自分の手芸作品を売れるサイトや、自分で撮影した趣味の写真を販売できるサイト、自作動画をアップして閲覧数を増やすことでサイト側から広告収入が得られるYouTubeなど、自分の特技を活かして収入を得、貯蓄を増やすことができるのです。

10.プロのFPに相談してみる

secretary-1536930_640
プロのファイナンシャルプランナー(通称FP)という人達が増えてきました。家族構成や資産、保険などを見て、住宅ローンや教育費、老後の費用などのアドバイス、ライフプランニングをしてくれる職業です。

無料相談会が随時開催されており、初回相談で数千円分の商品券やポイントをもらえるキャンペーンなどもありますから、一度相談に行ってみると良いでしょう。自分では気づけないプロの視点で、様々なアドバイスをしてくれます。

いかがでしたか。上記の10個の方法全てに取り組むことで、1か月で3万円以上の貯金や節約も可能になるのではないでしょうか。

主婦として節約や貯金をする時に大切なのは「楽しんですること」と、逆説的ではありますが「ケチケチしないこと」です。節約とケチとは似て非なるものです。特に交際費やお子さんの為の費用にはあまり財布の紐を固くしないことが大切です。知恵と工夫で貯金生活を楽しみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 公的年金と私的年金は何が違う?メリットや違いをチェックしてみた

  • 住宅購入時の頼みの綱!親からの援助と贈与税の優遇制度

  • 中古マンションは得か損か?メリット・デメリットと費用を徹底捜査!

  • 結婚したら家計管理は夫と妻のどっちがやる?

  • 公立小学校と私立小学校の学費はいくらかかる?その違いを徹底比較!

  • マイホームを夫婦共有名義にするメリットとデメリットとは