1. TOP
  2. 主婦の年金はどうなる?知っておきたい離婚時の厚生年金の分割制度

主婦の年金はどうなる?知っておきたい離婚時の厚生年金の分割制度

離婚を考えている女性がまず心配になるのはお金のことです。共働きで、妻の側にも収入があれば離婚をしても生活に困ることはないかもしれません。

しかし、妻が専業主婦だった場合、離婚することで生活が立ちいかなくなってしまうこともあるでしょう。離婚を考えている主婦は、あらかじめお金に関することはきちんと考えておかなくてはいけませんし、いろいろな知識を学んでおく必要もあります。

ここでは、離婚したい主婦なら絶対に外せない、離婚時の厚生年金の分割制度を中心にご説明します。

専業主婦が離婚!夫からもらえるお金は?

holzfigur-980784_640
専業主婦が離婚をした場合、経済面ではいろいろなリスクがあると言われます。もし、離婚を考えているならば、どんなリスクがあるのか、具体的に想定しておいた方がいいでしょう。

【専業主婦が離婚をした場合の経済的なリスク】
・仕事から離れて時間が経っている場合、再就職することができるか
・生活をするうえで必要な経済的な基盤はあるのか
・子どもの生活費や教育費を捻出できるのか
・収入がない状態で、アパートやマンションを借りられるか

これらのリスクには、離婚をすればすぐに降りかかってくるリスクもありますし、長期的に考えなければならないリスクもあります。このようなリスクがあるということがあらかじめ分かっていれば、より対処しやすくなるでしょう。

特に経済的なリスクに関しては、シビアに考えなくてはいけません。離婚時に夫からもらえるお金があれば、きちんと請求をして受け取りましょう。離婚時に夫から受け取れるかもしれないお金には次のようなものがあります。

【離婚時に夫から受け取れるお金】
・婚姻費用分担請求
・慰謝料
・財産分与
・子どもの養育費

婚姻費用分担請求は、離婚をする前に別居したような場合に認められるものです。夫婦には、それぞれが同レベルの生活ができるようにお互いの生活を保障する義務があります。離婚前に別居に至ったような場合は、妻が生活に困らないよう妻の生活費等を支払う義務があります。

離婚にあたって妻から夫に慰謝料を請求できるのは、夫が浮気をしたとか、DVやモラハラがあった、生活費を渡さないなど、夫側に問題があった場合です。夫が拒否をすることによるセックスレスも慰謝料の対象になります。

子どもがいる場合は、養育費を請求することができます。養育費は過去に遡って請求することはできないので、離婚時にしっかり話し合っておきましょう。

忘れちゃダメ!離婚時の厚生年金の分割制度

elephant-1090834_640
夫がサラリーマンで、妻は専業主婦という家族形態が一般的だった日本では、老齢年金も夫の額が多く、妻は老齢基礎年金のみということが多いのです。このような状況で専業主婦だった妻が離婚をすると、老後の生活に困ってしまうことになりかねません。

そこで、平成16年の年金改正によって離婚時の厚生年金の分割制度が始まりました。夫が外で稼げるのも妻の内助の功があってこそのもの、夫婦の財産は共同で形成したものという考えのもと、離婚をしたら年金も分けることができるようになったのです。

少しややこしいのですが、年金分割制度には平成19年から始まった制度と、平成20年から始まった制度の2種類があります。

【平成19年に始まった制度】
平成19年に始まった制度は、当事者間の合意か裁判所の決定で夫の年金を最大半分ずつ分けるというものです。分割の対象になるのは、厚生年金の報酬比例部分のみであり、老齢基礎年金や企業年金は対象になりません。

また、妻にも働いていた期間があれば、妻の年金も足したうえで、それをどう分けるか話し合うことになります。対象となる期間は結婚してから離婚するまでの全期間です。

【平成20年に始まった制度(3号分割)】
これに対して、平成20年4月1日以降に始まった「3号分割」と呼ばれる制度は、平成20年4月1日以降の婚姻期間のうち妻が第3号被保険者だった、つまり専業主婦だった期間が対象です。

ただし、こちらの3号分割では、話し合いによって分割する額を決めるのではなく、厚生年金の報酬比例部分を自動的に半分に分ける形になります。

年金分割の手続きはどうすればいい?

writing-828911_640
離婚時は、慰謝料の額などでもめたり、自分の新しい生活を始めるための転居や就職活動が必要だったりで、驚くほど消耗してしまうものです。年金の手続きなどは後回しになりがちですが、年金分割には離婚後2年以内という期限があるので、忘れずに手続きをしましょう。

合意分割の場合は、分割割合を決めるため、手続きが煩雑になりますし、話し合いで決着しない場合は調停や裁判で争うことになります。3号分割は分割してもらう人からの請求のみで済みます。

【年金分割の具体的な手続き】
1.年金事務所に「年金分割のための情報提供請求書」を提出して年金記録を取り寄せる
2.年金記録をもとに分割割合を決める
3.取り決めた内容を「公正証書」にする
4.年金事務所に「標準報酬改定請求書」を提出する

年金分割制度は、夫が支払った厚生年金の保険料の半分を妻が支払ったことにする手続きで、年金の受給権者を変更することになります。いったん分割してしまえば、夫が亡くなっても、夫または妻が再婚しても分割した額は変わりません。

「年金分割」で得する人、損する人

imaric20160805210023_tp_v
結婚生活が破たんして離婚に至ってしまったという場合、年金分割の手続きは忘れずにしておきたいものです。ただし、離婚をしたということはもう夫婦でない、ということなので、夫が死亡しても遺族年金は受け取れないことになります。

年金分割は婚姻期間のみが対象ですが、遺族年金は婚姻していたかどうかにかかわらず夫の厚生年金の加入期間をもとに支給額が算出されます。もしかしたら、離婚をして損しちゃったなんてことにもなるかもしれません。

【年金分割で得する人】
年金分割で得をするのは「婚姻期間が長い人・夫の収入が多く、報酬比例部分の額が多い人」です。

老齢厚生年金の額は被保険者期間と標準報酬額の両面から計算します。一概には言えませんが、一般的なサラリーマンの夫と婚姻期間10年程度で離婚した場合、年金分割によって増える年金の額は、月額1万円程度になると考えられます。月1万円と言っても、老齢年金を20年、30年と受給すれば累積額は大きくなるので、忘れずに手続きをしましょう。

【年金分割で損する人】
年金分割で損をするのは「婚姻期間が短い人」「自分の収入と夫の収入にあまり差がない人」です。

このような人は、年金分割によるメリットはほとんど。年金で損しちゃうから離婚しないというのは本末転倒ですが、このような知識も知っておきましょう。

離婚に至ったら年金の分割は忘れずに!

できるだけ離婚はしないで済ませられれば、それに越したことはないのかもしれません。でも、離婚することになってしまったら、お金のことはきっちりと考えなくてはいけません。年金分割も妻側の手続きで済むことも多いので、しっかりと手続きしておきましょう。

女性専用のオンライン・カウンセリング【ボイスマルシェ】

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • どうすればいい?残った外国紙幣、コイン!海外旅行で外貨が余ったら

  • 一人暮らしをスタートするなら知っておきたい初期費用の相場

  • いくらまで購入可能?マイホームの価格の考え方

  • すぐに始める!ムリなく貯まる!賢い人の老後資金の貯め方

  • 30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ

  • 独身女性が準備すべき、老後資金の必要額と心構えとは?