1. TOP
  2. 気になる神前式の費用は?所要時間や平均費用を徹底解説!

気になる神前式の費用は?所要時間や平均費用を徹底解説!

2016/11/30 ライフイベント 家計・節約 結婚
この記事は約 5 分で読めます。

人生の一大イベント、「結婚」。結婚には、結納、挙式、披露宴、新婚旅行、新居の準備など、あらゆるステップがあり、それぞれに大切な意味があります。

特に結婚の誓いを立てる挙式は新郎新婦と両家の絆を結ぶ大切な儀式であり、結婚の象徴ともいえます。挙式には、あらゆるスタイルがありますが、日本の伝統的な挙式といえば「神前式」です。

神前式は「古くさい」というイメージは過去のこと。最近では、伝統的なスタイルが新鮮かつ魅力的に感じるカップルが増加しています。ここでは、神前式の基礎知識や平均的な費用について解説します。

日本古来の儀式・神前式の魅力はこの3つ!

torii-1614114_640
神社や結婚式場の神殿で執り行う神前式スタイルの挙式には、新郎も新婦も大満足できる魅力がたくさんです。神前式の3つの魅力を挙げてみましょう。

【女性の憧れ!花嫁行列「参進の儀」】
神社で挙式をする場合、斎主と巫女の先導のもと、新郎新婦と両家親族が並んで挙式会場へ向かう花嫁行列は、女性なら一度は憧れる光景です。雅楽の音色が響く中、和装の新郎新婦がしっとりと歩を進める様に日本古来の厳粛さが感じられます。

【意味の多い儀式に両家の絆が固まる】
神前式では、新郎新婦の実家の水をひとつの杯に注いで飲む「水合わせの儀」など、新郎新婦だけでなく、家と家の絆を結ぶ儀式があるのも特徴です。違う環境で育った二人がひとつの家庭を築く儀式に、ゲストも感慨深い時間が過ごせるでしょう。

【和の正装で特別な瞬間を】
正統派の花嫁姿といえば、白無垢に綿帽子。シックで華やかな衣裳であれば黒の引き振袖もあり、女性の一番美しい姿を演出する和装は年齢を問わず人気があります。

また、和装といえば、雪のように白いおしろいのメイクです。おしろいを施した顔に新婦の母親が紅を差す「紅差しの儀」は、母親にとっても感慨深い儀式のひとつです。

神前式ではどのようなことをするの?

ee1bee5d7fc39765d79f363bfb06233d_s
式がどのように行なわれるのかは、事前に案内やリハーサルがあるので安心です。神前式の主な流れをご紹介します。

【参進の儀(さんしんのぎ)】
斎主と巫女に先導されて新郎新婦と参列者が神殿へ向かいます。

【修祓の儀(しゅばつのぎ)】
挙式の前に、御祓いを受けます。

【祝詞奏上(のりとそうじょう)】
斎主が神様に結婚の報告をする言葉を読み上げます。

【三献の儀(さんこんのぎ)】
お神酒で三三九度の杯を交わします。

【神楽奉納(かぐらほうのう)】
巫女が舞を奉納します。

【誓詞奏上(せいしそうじょう)】
新郎が結婚の誓いの言葉を読みます。

【玉串奉奠(たまぐしほうてん)】
玉串を神前に捧げます。

【指輪の交換】
指輪を交わします。

【親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)】
新郎新婦と参列者がお神酒を3口で飲みます。

【斎主挨拶】
斎主が祝いの挨拶をして終了です。

挙式以外にかかる費用はどれくらい?

coins-1760896_640
これだけ内容が充実しているにも関わらず、神前式はチャペルスタイルなどと比べてリーズナブルです。かかる費用の内訳を見てみましょう。

【初穂料】
神社に祀られている神様に挙式代納める費用を初穂料といいます。金額は神社や結婚式場により異なりますが、おおよそ5万円~15万円です。

【衣裳代】
和装の衣裳をレンタルする場合、新郎の紋付袴は10~15万円、新婦の和装は10~20万円ほどです。

【着付け・ヘアメイク】
衣裳レンタルに着付け・ヘアメイク代が含まれていることもありますが、別途支払う場合もあります。着付けは新郎1万円・新婦3~5万円、ヘアメイクは2~5万円ほどです。

【写真代】
挙式の様子や挙式のあとに写真を撮影してもらう費用です。費用はカメラマンによりますが、5~10万円程度が相場です。なお、神社によっては神前の撮影は禁止されていることがあります。事前に神社に確認するといいでしょう。

【車代】
神社が披露宴会場と離れている場合、マイクロバスやタクシーによる送迎を依頼します。人数や距離にもよりますが、5万円前後を見積もりましょう。

神社でなくても!神前式は結婚式場でも可能

神前式というと、神社が一般的ですが、結婚式場に神殿が併設されていることもあります。結婚式場ならば、披露宴とパック料金になっていることがあるため、挙式費用がさらに抑えられる可能性もあります。

ふわっとしたウエディングドレスも新婦を引き立てて素敵ですが、日本伝統の和装の花嫁衣裳も凛とした美しさがあり、ゲストの感動もひとしおです。

最近では、和装に洋髪や、和装にブーケを施すなど、現代的なアレンジも楽しめる点も神前式の人気を集めている秘密かもしれません。

神前式なら費用を抑えつつ感動的な結婚式

日本の伝統的な儀式を厳粛な場所で行える神前式は、新郎新婦にとっても思い出深い結婚式になること間違いないでしょう。費用も控えめなので、そのぶん披露宴や新婚旅行にお金を追加できるのも魅力的ではないでしょうか。

結婚式に必要な費用とは?節約方法と値引きのコツ

ブライダルフェアの予約で商品券がもらえるキャンペーン中《すぐ婚navi》

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 住宅ローンの手数料で定率と定額はどう違う?メリットやデメリット

  • 30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ

  • 気になる介護は?妻の夫両親への扶養義務を徹底解説

  • 持ち家派と賃貸派、結局どっちが得なのかを比較してみた!

  • 月々の家計をコントロール!結婚した時から始まる夫婦のマネープラン 

  • 公立小学校と私立小学校の学費はいくらかかる?その違いを徹底比較!