1. TOP
  2. お金持ちはかけ算で資産を増やし、貧乏人は足し算で貯金を増やす

お金持ちはかけ算で資産を増やし、貧乏人は足し算で貯金を増やす

こんにちは。
編集長の天羽 司(あもう つかさ)です。

世の中には本当にたくさんのお金持ちが存在し、そしてその何十倍もの人が口グセのように「お金がない」と言い続けています。

ではなぜお金持ちのもとには大きなお金が集まってきて、そうでない人のところにはある程度までのお金しか集まらないのでしょうか?

実は、お金の稼ぎ方には「かけ算」と「足し算」があると言われています。もちろんかけ算はそれだけ早く増えますし、足し算は足した分だけしか増えません。そして、このお金の稼ぎ方の違いを知っているか知らないかが、実はお金持ちと貧乏人とを分けていたのです。

今回は、その「稼ぎ方」という観点からお金について見ていきたいと思います。

足し算という稼ぎ方

euro-870757_640
正社員で給料をもらっている人と時給計算でアルバイトをしている人とでは、その収入形態を「給料」と「時給」という形で区別されることがあります。

ですが、時給であっても日給であっても月給であっても、どのスパンでお金をもらえるかだけであって、正社員もアルバイトも実は本質は同じです。正社員のほうがいろいろな保証が(といっても怪しい世の中になりましたが)あるくらいで大差はありません。

このような働き方は、例えば時給1,000円で働くとしたら24時間働いても24,000円にしかなりません。人は24時間以上働くことはできないため当然収入も頭打ちとなります。

というわけで、収入を上げるには今度はその時給(単価)を上げるしか方法がなくなります。

そうなると、だいたいの人が考えるのが「資格を取る」ということです。資格を取ることによってより高く評価してもらい、それによって以前よりも高い給料で雇ってもらうという考え方です。もちろん悪くはありませんし、資格をとるというのは収入を上げるには効果的です。難しく、かつ需要がある資格ほど時給は上がることになりますし、この考え方の最たるものが医者や弁護士や会計士となるわけです。

ですがこの稼ぎ方には大きな欠点は1つあります。

それは、「結局は働いた以上のものはもらえない」ということです。いくら頑張って働いたとしても基本給プラス残業代や特別手当がつくくらいであって、身体ひとつで稼ぐにはどうしても限界が生じます。

また、時間単価を大きく上げようとするならばそれだけ資格の難易度も上がることになります。

ではどうするか?

次に考えることは「出世」です。出世することによって基本給部分を大きく上げてトータルの年収を上げようとします。しかしこれは、限られた椅子を争うことになるため、終身雇用制が崩れつつある今、資格を取るよりも難易度は高いのです。

また、運良く出世できたとしても、その収入は「雇用側が決めた枠」を出ることは決してありません。

これが足し算という稼ぎ方の限界であり、足し算で収入アップを考えている限りは決して本当のお金持ちになることはできませんし、そもそも、仕組み自体がお金持ちになれないようになっているのです。

かけ算という稼ぎ方

site-1696713_640
足し算という稼ぎ方に対して、お金持ちは「かけ算」という稼ぎ方で仕事をします。

この「かけ算」というのはいろいろな考え方がありますが、例えば1人でがんばってなんでもやるところを、人ができることは人にしてもらって自分は自分にしかできないことに集中するというのも1つの考え方です。これによって単純作業を人に任せて自分は稼ぐことだけを考えることによって効率のいい仕事の進め方が可能になります。

また、陶芸家であれば1つの器を作ったらその1つを売って生活の糧にしますが、DVDやPDFや動画にできる情報であれば、ほとんどコストをかけずしていくらでも複製が可能です。複製が可能なので販路さえ築いてやれば売れば売るほどかかるコストは安くなり儲かる一方となるのです。

また、投資などはかけ算の稼ぎ方の典型です。

投資によって得た利益をさらに再投資することによって、その資金は複利効果ですさまじい増え方をします。200万円を月利8%で複利で回せば、5年後にはなんと1億円を突破します。足し算だとこうはいきません。200万円の8%で16万円を毎月増やすだけですので、5年たっても960万円です。その差10倍・・・

この10倍の差がそのままお金持ちとの差になるわけです。

不動産投資もかけ算の考え方の典型です。1億円の物件を年利12%で回せば年間1200万円が入ってきます。銀行への返済や諸経費を差っ引いて実質利回り5%としても毎年500万円が利益として残ります。この500万円を4年貯めたら2000万円ですので、今度はこれを頭金として再度1億円の物件を購入します。

合わせて2億円の物件を年利5%で回すわけですから、1年で1000万円の利益が残ることになります。

すると今度は2年で2000万円を貯めることができるので再度1億円の物件を購入します。合わせて3億円、1年で1500万の利益が残るため、次は1年ちょっとで新たに1億円の物件を・・・。という具合に加速度的に資産を増やすことが可能となるのです。

これがかけ算の稼ぎ方であり、過去に行った仕事からの収入が入り続け、その収入をもとにさらに増やしていくのです。積み重なり、やればやるだけ増えるのでお金持ちになることができるのです。
(※税金関係の計算は無視しました)

お金持ちの仕事は時給計算ができない

time-is-money-1339781_640
お金持ちの年収は知ることができますが、その収入を時給計算することができないのも大きな特徴です。

これは私の友人の起業家の話ですが、彼が言うには「基本的に我々の時給は0円」ということでした。これには私も同感です。

起業家やお金持ちの仕事というのは、お金が入ってくる「仕組み」を作ることです。(※ここは非常に重要な部分ですのでよく覚えておいてください)仕組みを作っている間は収入はありません。そしてその仕組みが出来上がってきたころには、ある程度人に任せることができるようになっています。その仕組みをさらに大きくするためにテコ入れ等はしますが、基本的には関与しなくとも大きくなることを目指さなければ本当の仕組みとは言えません。

その仕組みから発生する収益があるために収入はありますが、それは仕組みからの収益であって自分が時間(人生)を削って得る「時給」という考え方とは異なるのです。

さらに起業家の友人は続けます。

「仕組みを作ってしまえばもう興味がないし、新しい収益の仕組みを考えている時が一番楽しい。だから我々の時給はいつまでたっても0円だね。」

ゼロから1を作り出すところが楽しいのであって、ある程度仕組みができあがってしまったら、スタッフに任せるなり外注するなりして自分はその仕事から離れてしまいます。そして何もしなくても収入になる仕組みを保有しながら、次のゼロから1を考えることに時間を使うというわけです。

もちろんこれは起業家ならではの考え方ですが、収益を得「続ける」仕組みを作るというのはお金持ちの考え方の特徴です。自分の人生そのものである時間を切り売りするのではなく、どうせ同じ時間を使うのであれば放ったらかしでも継続的に収入になるものを最初に作ってしまったほうがいいよねってことです。

ほったらかしでも収入になるため、次の時間は別の収入の仕組みを作ることにあてて、どんどんそれを積み重ねていく。そうやってどこまでも収入を増やしていくのがお金持ちのかけ算の稼ぎ方なのです。

まとめ

start-1063441_640
足し算では到底到達できない世界があります。かけ算を理解しなければ商売では儲からないのです。もちろんこれは個人事業クラスでも同じなので、起業する前にこのことをしっかりと頭に入れて、あらゆる商売をその視点から見て考える力を養っておいたほうがいいですね。

お金を稼ぎたい(欲しい)と思ったときに最初に何をしたらいいのか?

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

天羽 司(あもう つかさ)

天羽 司(あもう つかさ)

「マネーの神様」編集長。
投資家であり起業家で40代でセミリタイア人生。しかし趣味が仕事であるため結局日々忙しく仕事をしている。
人生の後半は、いかにしてお金持ちの人を作ることができるのか?をテーマとして生きることに決めている。

この人が書いた記事

  • セレブ妻になれる人となれない人の違い。金持ち夫を持つ妻の特徴

  • お金持ちはかけ算で資産を増やし、貧乏人は足し算で貯金を増やす

  • ねらい目は投資信託!年収300万円の人が投資家になる方法とは?

  • お金を稼ぎたい(欲しい)と思ったときに最初に何をしたらいいのか?

関連記事

  • 知らないと損をする!お金持ちになる方法と今やるべきこと

  • 富裕層とはどんな人たち?資産の中身は貯金だけではない!

  • お金を稼ぎたい(欲しい)と思ったときに最初に何をしたらいいのか?

  • 庶民とは何が違う?お金持ちにとって資産とは何かをわかりやすく解説

  • 超低金利時代の救世主?外貨預金の仕組みとメリット・デメリット 

  • 年収1億円の人って見たことある?手取りは多いの?生活スタイルは?