1. TOP
  2. サラリーマンの給与事情!平均年収と中央値が違う理由

サラリーマンの給与事情!平均年収と中央値が違う理由

みんなのリアルな給与事情が気になる!と、平均年収を調べたことはありませんか?平均値を調べてみると他の人の年収はこんなに高いの!?とびっくりする方が多いようです。そんな中、自分の給与と見比べると差があり過ぎて将来に不安を感じる……。という方も少なくありません。ただ、年収は平均値と中央値の2つの視点から見ることができます。平均値と中央値の差は大きく、実際には中央値の方がリアルな給与に近いと言われていますよ。

実際の日本人の給与は少ない!

person-1821412_640
平成27年の民間給与実態統計調査によると、給与所得者の平均年収は次のようになっています。

全体:約420万円
男性:約521万円
女性:約276万円

全体で400万円以上、男性だけを見ると500万円以上と、こんなにもらっているの?と驚いてしまう金額なのではないでしょうか。もちろん500万円以上稼いでいる方もいらっしゃいますが、多くの方の給与は実際にはこんなに多くはありません。

平均年収は前年度と比較すると徐々に増えているようなので、景気が回復していると言われるかもしれません。ただ、自分の給与が上がった!と実際に喜んでいる方は少ないのではないでしょうか。


平均年収マジックとは?

girl-1339696_640
平均値の計算方法をご存じですか?

例えば、年収100万円が2人、300万円が2人、1,000万円が1人と合計5人の方が居るとします。この場合の平均年収は、「(100万円+100万円+300万円+300万円+1,000万円)÷5人=360万円」です。

この計算を見ると自然な金額に思えますが、最も稼いでいる人の金額が増えることで平均値がグッと跳ね上がります。

例えば1,000万円ではなく5,000万円に変えると、「(100万円+100万円+300万円+300万円+5,000万円)÷5人=1,160万円」と大きく変わります。

360万円と1,160万円、その差は800万円もあります。つまり、一般的に言われている平均年収はあくまで全体の「平均値」なので、多くの方の年収層を表しているわけではないことが分かります。


年収の平均値と中央値の違い

実際の年収実態を知りたいときは「中央値」を見てみると良いのです。中央値は全体を順に並べたとき、中央に位置する値のことです。

年収100万円が2人、300万円が2人、1,000万円が1人の合計5人で考えると、小さい順に並べた3人目の「300万円」が年収の中央値になります。中央値で見た場合、例え5人目の年収が5,000万円になっても、さらに1億円になってもその値は変わらず300万円となります。

平成27年民間給与実態統計調査の給与階級別分布表から中央値を見てみると、300万円~400万円の階級に位置づけされます。中央値が400万円だとしても全体の平均年収よりも20万円少ないことが分かります。


中央値は350万円くらい

実際に計算された2010年の中央値は「約350万円」だと言われています。2000年以降、日本の年収は大きく増減していないので、現在もこの数値が近いのではないかと考えられます。

男性だけの中央値は約450万円と全体の年収よりも多いようですが、平均値と比べると約70万円も大きく差が開いています。

平均値を見ても現実味を感じない方も、中央値で見ると自分の年収がリアルな数字に思えるのではないでしょうか。

さらに詳しく見ていくと27年の給与階級は、
300万円~400万円 17.5%
200万円~300万円 16.3%
100万円~200万円 15.0%
400万円~500万円 14.1%
と、所得の少ない階級が多くを占めているようですよ。


年代別に見てみると

man-76202_640
では、年代別にサラリーマンの年収を見るとどのようになるのでしょうか。転職サービスDODAの2012年の調査を参考にしてご紹介します。

【20代の年収】
平均値:343万円
中央値:320万円
年収割合:300万円台39%、300万円未満33%、400万円台19%

【30代の年収】
平均値:458万円
中央値:420万円
年収割合:400万円台27%、300万円台25%、500万円台17%

【40代の年収】
平均値:608万円
中央値:550万円
年収割合:500万円台18%、400万円台17%、600万円台15%

【50代の年収】
平均値:754万円
中央値:700万円
年収割合:1,000万円台22%、600万円台14%、700万円台12%

20代~50代までの平均年収とその中央値を見ていくと、年代が上がるごとにその金額が大きく開いています。年収割合はどの年代も中央値に近いようですが、50代になると1,000万円以上年収のある方が22%と最も大きな割合となっています。

50代になると高い役職がついていたり、バブル時の給与がそのまま反映されているなどを理由に、1,000万円以上の年収の方が多いのではないかと考えられます。ただ、所得が高い方ばかりではなく、年収300万円未満~500万円の方も多くいらっしゃいます。

20代、30代、40代と年収が徐々に増えているように感じますが、高所得者はほんの一部で多くの方は厳しい給与実態にあるようです。


年収350万円は多い?少ない?

さて、日本の給与所得者の年収中央値は「350万円」と言われていますが、この金額は多いのでしょうか、少ないのでしょうか。

年収が350万円くらいの場合、税金や保険料などが差し引かれると手取りで「280万円」くらいだと考えられます。280万円÷12カ月で1カ月あたり「約23万円」の手取りとなります。ボーナスなどがあれば、実際はもっと少ないのではないでしょうか。

23万円で1カ月生活をしようと思うと、家賃や水道光熱費、携帯代、交通費、食費、保険料、その他雑費など必要な費用だけで考えても半分以上が生活費になります。また、結婚して住宅ローンがある、車を購入する、子どもが産まれたから教育費用が必要になるなど、大きく出費が増えた場合は、1カ月23万円では足りないというのが現実です。

独身であったり生活水準を下げると23万円でも生活できそうですが、家族が増え少し余裕を持って過ごしたい場合は世帯年収を上げるために夫婦で働かなければいけません。

現実的に考えると350万円の年収で、家族が生活しようと思うと厳しいというご家庭が多いのではないでしょうか。


今後給与は増えるのか

man-551258_640
給与を増やしたいと思っている方はきっとたくさんいらっしゃいますよね。

今後の給与がどのように増えていくかを考えたとき、今勤めている職場で1万円昇給するためにはどのくらいの期間がかかるでしょうか。

現実的に「生活が苦しいので毎月の給与を1万円上げてください」と会社に言っても、もちろん簡単には聞き入れてもらえませんよね。一般的に給与が上がるタイミングと言えば、毎年の昇給時期か役職がついた場合です。

毎年の昇給が1,000円ずつだった場合、給与を1万円上げるためには10年間もかかります。30歳から40歳で1万円アップと考えると喜べないのが現実です。

優良企業であれば昇給や役職手当が大きいですが、今後大幅に給与の上がる見込みがないという場合は将来のために収入を増やす手段を考えた方が得策かもしれません。


将来のためにできること

couple-863456_640
40代、50代になったときに給与が本当に上がるのか分からない社会なので、安心して生活をするためには会社に頼らず収入を増やすことが1番です。

収入を増やすためにできることは次の3つです。
・アルバイトをする
・ネットビジネスを始める
・投資をする

【アルバイトをする】
アルバイトは社会人でも比較的始めやすい副業です。社会人のアルバイトは本業があるため、夜に居酒屋やコンビニで働いたり、早朝にできる新聞配達などを行う方が多いようです。アルバイトで働くコツは本業の空き時間を上手に活用することがポイントになります。

ただ、会社によっては副業がNGのところもあるので注意が必要のようです。本業に差し支えないよう、働くペースを考えながら始めてみてください。

【ネットビジネスを始める】
ネットビジネスは最近特に人気の副業です。自宅にパソコンを置く方が増えているので、準備の手間がなくいつでも気軽に始められます。初期費用などがほとんどかからないのも、人気になっている理由の1つです。

ネットビジネスはオークションやショップを開いて物を売ったり、アフェリエイト広告で収入を得たり、コンテンツを売って稼ぐ方法などがあります。ブログを書いてアフェリエイト収入を得る方法は誰にでも始めやすいので、すでに多くの方が挑戦しているようですよ。

【投資をする】
投資は自分の資産を使って出資し、お金を増やす方法です。投資で給与以上の収入を得ている方もいれば、失敗して損をしてしまう方もいます。投資の種類は株式投資、投資信託、預金運用、FX、不動産賃貸などがあります。不動産賃貸と同じスタイルの駐車場運営やコインランドリー運営なども注目されています。

投資のメリットは「不労所得」を狙いやすいところです。不動産賃貸や駐車場運営などは始めに物件や土地を購入すると、あとは貸しに出すだけで収入を得ることができます。初期投資は大きいですが、その後安定した収入を長期的に得られるため一般的な年収のサラリーマンも取り入れる方が増えてきています。

投資は資産を使うためリスクもあります。1度に大きな損失をしないよう初心者の方は少ない出資金からスタートしたり、いくつかの投資を取り入れて出資を分散させるとより安心です。

年収300万から3,000万に! アパート経営で悠々自適な生活を送る秘密とは?


給与を上げるよりも副業がおすすめ

サラリーマンの年収中央値を見てみると、日本のリアルな給与事情が浮き彫りになります。年代別に年収を見ると30代から40代、50代になるにつれ年収は増えているようですが、今後それが持続するとは限りません。もし毎年の昇給が1,000円であれば、30年後に3万円しか増えていないということも可能性として十分考えられます。

10年かけて給与を1万円上げるよりも投資やアフェリエイトなどの副業を始めて毎月5万円稼いだ方が、確実に収入が上がるかもしれませんね。将来のために何かしたいという方は、手軽にできる副業生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が受注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 個人事業主が支払うさまざまな保険料、一体経費で落とせるの?

  • 起業しよう!失敗しない方法を4つの簡単ステップで解説!

  • 利益・収益・収入の違いを理解し経営センスを磨こう

  • 30代の平均年収はいくら!?気になる手取り事情と将来の給与

  • 気になる夫のお小遣い事情!平均相場と渡す金額の決め方

  • サラリーマンの副収入、確定申告は必須か?