1. TOP
  2. 本当に見つかるの?年収1000万円の結婚相手を探す方法

本当に見つかるの?年収1000万円の結婚相手を探す方法

「結婚相手が年収1000万円以上あったら良いな」。口には出さないけれど、心の中でそう切に願っている人は多いはず。収入は多ければ多いほど良いのは当然ですが、逆に収入が多いことで様々な問題も起こって来るものなのです。ましてや高スペックの当人だって人間。相手を選ぶ権利があります。そう簡単にあなたを選んでくれるとも限りません。

今日は年収1000万円の結婚相手を探す時のポイントや難しさ、年収1000万円の人達の実態などについて、様々な角度から見てみましょう。

どうして年収1000万円の結婚相手が欲しいの?

box-1669454_640-1
あなたが今、年収1000万円レベルの結婚相手を欲しいと思っている理由は何ですか?結婚相手に求める基準がそこであるということは、やはり人生はお金に左右されると強く思っているからではないでしょうか。お金にゆとりがあることで精神面も物質面も満たされるだろうと思っている人は非常に多いのです。

確かに世の中、お金が無ければ様々な制限が出てきますし、自分の思う通りの人生を謳歌することが出来ないのは事実です。綺麗事を言う人もたくさんいますが、現実的な話、「世の中お金が全て」と言える場面が多々あります。しかし、お金では買えないものがあります。それは「人の心」や「本物の愛情」です。お金が絡むことで愛情や友情は簡単に壊れてしまうことがあります。それを経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

自分が楽をしたいからお金持ちの相手が良い、なんて、世の中そんなに甘くありません。高収入の人こそ、相手に求める基準はレベルが高いことを肝に銘じ、自分がそれに値するのか否か、そのレベルに達する努力を惜しまずにできる精神があるのか、という観点で考えなければなりません。

年収1000万円以上の男性が結婚したいと思う女性とは?

では実際、そのように高収入な人は、相手に対してどのようなことを望んでいるのでしょうか。男性のほうが圧倒的に年収1000万円の該当者が多いため、男性視点で列挙してみましょう。

高収入の男性は、仕事柄社交的な場面に出ることも多く、人前に出しても恥ずかしくない美しさや聡明さを持った女性を奥さんとして望む人が多いです。

また、高収入である故の仕事量の多さや責任の重さなどからストレスが多い日々を送っているので、安らぎを与えてくれる癒し系の女性、優しさと明るさを持った女性が望まれます。

自分が仕事で不在にしている時に家をしっかり守ってくれたり、家族の健康や生活を守ることの出来る強さと賢さも、非常に大切な要素となります。これは家計に関しても言えることで、家計をしっかり守れることも必須条件となるでしょう。世帯収入が多いからと言って自分の好き勝手にお金を使ってしまう女性は大変嫌われます。

男性も女性が高収入であることを望んでいる?

相手に高収入を求めるのは、今や女性だけではありません。男性も女性に対してそう思っています。女性の社会進出が目覚ましくなって以来、女性でも管理職になる人や高収入の人が大幅に増え、ややもすると夫よりも収入がある人もいるのです。またこのような時代背景もあり、逆パラサイトで夫が無職、奥さんが資格を持って働き家計を支えているという家庭もちらほら見受けられます。特に奥さんの職業が教師や看護師である家庭で多いようです。

日本という国の未来も家庭の未来もなんとなく不確かさを覚える現代、相手により多く稼ぐ力を求めることは、当然のことかも知れません。しかし、そう望むからには、自分自身もそのような人の相手としてふさわしくなれるような努力をする必要があります。

日々向上心をもって仕事や生活をしていますか?相手を理解したり思い遣ったりする深い愛情を兼ね備えた精神を持っていますか?自分自身もしっかりと稼ぐことのできる仕事のスキルがありますか?このように自分自身を客観的に見ることが出来ないならば、相手に高望みをするのは筋違いと言えるでしょうし、高スペックの相手があなたを選ぶ確率も相当低くなるでしょう。

どこにいるの?年収1000万円以上もらえる職業とは

businessmen-152572_640
平均年収が450万円ほどの現代日本の中で、1000万円以上の年収を得ている人は、厚生労働省や国税庁の調査から、日本の人口の5%程とされています。しかし大半は50代以上の方となりますので、結婚適齢期の男性で年収が1000万円を越えている人は本当に一握りです。では憧れの年収1000万円人材達は、実際どの様な仕事をしているのでしょうか。以下に挙げてみましょう。

1.パイロット
今、最も安定して高収入を得られるとして人気の職業がパイロットです。格安航空会社の台頭が激しいため人手不足で、各社から引く手数多の状況です。特に大手航空会社なら、採用試験の際に1500万円以上の条件提示をされることも珍しくありません。

2.医者
高収入の代名詞とも言える医者です。非常に優秀な頭脳が必要であり、仕事内容も激務を極めますが、その分見返りとしての収入は非常に高くなります。また医者になるまでに多額の学費がかかっていますから、医者になって収入を得てから両親に恩返しをする人も多いそうです。

収入が低い研修医時代も含めた医者の平均年収は1200万円くらいと言われています。特に収入が高いのは、保険外診療が多く行われている美容整形外科の医者です。

3.大手商社の社員
旧財閥系の大手商社の社員も、30代後半くらいから年収1000万円越えをすることも珍しくありません。1つの案件のスケールが大きいので、プロジェクトを動かすのは大変ではありますが、それだけに月給もボーナスも中小零細に比べると桁外れとなります。

4.テレビ局社員
テレビ局の社員の収入が多いのも有名です。平均しておおよそ1200万円ほどの年収を得ているようです。華やかな世界で、情報の最前線にいられる仕事ですから、常に挑戦し続けていたい人、心を奮わせ続けていたい人に向いています。しかし勤務時間が不規則で残業なども非常に多いですから、家庭を顧みる時間を持つことはなかなか難しいようです。

5.外資系企業の社員
外資系の保険会社や銀行、IT、投資会社、コンサルティング会社などの社員も、平均年収が非常に高く、30代で1000万円を超えることも可能です。完全実力主義のところが多いため、成果が出ないと容赦なく首になる場合があります。

6.漁師
ターゲットとなる海産物の種類にもよりますが、漁師も1000万円超えの高収入の人が多いことで有名です。完全出来高制で獲れるか獲れないかというギャンブル的な要素が高いですが、自分で船を持って個人経営をしている人であれば、特に年収は非常に高くなります。しかし命懸けの仕事であること、非常に体力勝負であることなどから、近年は若者のなり手が少なく、漁師の高齢化が問題となっています。

いかがでしょうか。年収1000万円以上の人が多い職業の一例を列挙してみました。これらの職業の人が身近にいない場合は、合コンやお見合いパーティーへの参加ではなかなか見つかりませんから、ピンポイントで探せる結婚相談所などに登録してみるのが、最も早い方法です。或いは人脈や親戚の伝手を使って紹介してもらうのも方法です。

年収1000万円の人がいる世帯はどんな生活をしているの?

高収入ですからきっと優雅でゆとりのある生活をしているのではないか、と想像してしまいますね。実際のところどうなのでしょうか?

年収1000万ということは、諸々税金等が引かれて実際の手取りが750万円くらいになります。確かに一般庶民からすると手取りも多いのですが、収入が多いなりに良い家に住み、良い車やインテリア、服飾品を持ち、時々高級レストランに出かけて食事をするというライフスタイルが標準になります。購入時の金額もさることながら、その後続く維持費もばかになりません。

また、類が友を呼ぶと言われるように、周囲の人もそれなりに高収入の人達になりますから、交際費がかなりかかります。交際費をケチるとその後の交友関係や仕事にも影響が出てきますから、節約はできません。

このように基本的に全てにおいて出費の多い生活になりますから、確かにレベルの高いものに囲まれた生活が出来ますが、それほど貯蓄に回す余裕はないようです。

年収1000万円世帯の大変さとは?

hustle-and-bustle-1738072_640-1
上記のように、年収1000万円クラスだと各種出費が多く、なかなか貯金が出来ないという問題を抱えている人が多いようです。

また、仕事も激務であることが多いため、家族と共に過ごしたり自分のために自由に使える時間があまりなく、心身のバランスを壊してしまう人も多くいます。

家計の管理も大変です。支出が多くなることから、収支のバランスを上手くとるための賢さが必要になるので、夫婦での話し合いや討論も多くなるでしょう。互いに鬱憤が溜まってぎくしゃくしないように、気を遣わなければなりません。

容姿や性格、変な癖などもよく確認してから結婚しないと、後で大変なことになります。 これだけハイスペックの人だと、どこか人並み外れた才能があるわけですから、性格や癖に何らかの欠陥がある場合も少なくありません。

また、犯罪に巻き込まれる可能性も高くなります。たくさんお金を持っているであろうことは、その風貌や持ち物、車、家などから分かりますし、人による噂も瞬く間に広がります。また何らかの会員情報媒体から個人情報が漏れ、高収入を得ている人の優良リストとして裏の世界に流れてしまい、いろいろな詐欺の魔の手に狙われる可能性も高まります。たくさん持っていればいるほど、強く守る力が必要になってくるのです。

まとめ

いかがでしたか。このように、例え1000万円の年収があっても、必ずしもバラ色の人生になるとは言えないことがお分かりいただけたと思います。多ければ多いなりに大変なことが増えます。それを自覚しても尚、高収入の人を結婚相手にして共に生きていきたいと覚悟するならば、知識やマナー、社交性などを高められるよう自分磨きをしっかりして、選んでもらえるだけの素質を身に付けましょう。

年収1000万円はお金持ち?ぜいたくな生活を送れるの?

30代の平均年収はいくら!?気になる手取り事情と将来の給与

お金持ちになるための7つの法則。貧乏脳を脱出する考え方

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • サラリーマンの副収入、確定申告は必須か?

  • 個人投資家はどうやって稼ぐ?年収はどのくらいなの?そんな疑問を解決!

  • 30代の平均年収はいくら!?気になる手取り事情と将来の給与

  • スキマ時間でお小遣い稼ぎができる?アンケートサイトで稼ぐコツ5つ

  • 看護師の給料事情と早く年収をアップさせるための3つの方法

  • 顧問税理士は本当に必要か?その費用と必要性について考える