1. TOP
  2. 憧れの年収3000万円生活!その実態とは?

憧れの年収3000万円生活!その実態とは?

平成27年の日本の平均年収は約410万円。それに比べて年収3000万円とは、何とも羨ましく憧れてしまいますね。彼らは一体どのようにして高年収を得ているのか、そしてどんな生活を送っているのかが非常に気になりますし、あわよくば自分も年収3000万円の仲間入りをしたいな、と思っている人も多いはず。

今日は年収3000万円の人についての情報を様々な観点からご紹介。意外と苦労していることも多いということもわかります。早速見てみましょう。

年収3000万円の人は日本にどれくらいいるの?

あなたの周囲に実際年収3000万円を超える人がいますか?そう簡単に出会うことが出来ない人達ではないでしょうか。

平成27年の国税庁民間給与実態統計調査の調査では、金額毎に区切って統計を出していますが、一番多い年収ランクを「2500万円以上」でまとめてしまっているため、正確なパーセンテージを把握することはできませんが、男性で年収2500万円を超える人は約11万人(男性全体の約0.4%)、女性は約9000人(女性全体から見ると0%)となりました。日本の人口の約0.2%です。またある統計では、3000万円以上収入を得ている男性は約6万人、女性は約2000人とされています。2500~3000万円の間に半分以上がいるということが推察されます。

年収3000万円の人はどんな職業?

bear-1821473_640
では、日本全体の人口の約0.2%、約500人に1人の割合である年収3000万円プレーヤーは、一体どんな職業の人達なのでしょうか。

1.医療法人の病院長

お医者さんはお医者さんでも、雇われの勤務医だと年収3000万円までいく人はまずいません。近年、ドクター全体の平均年収は1200万円ほどと言われています。3000万円の年収を得られるお医者さんは、医療法人の病院長や、地域の信頼が厚い人気病院の開業医、自由診療で治療費が高くなりがちな美容整形外科のトップドクターなどです。

2.外資系金融機関のトレーダー

外資系の大企業社員、特にゴールドマン・サックスやクレディ・スイス、シティバンクなどの証券会社や銀行、保険会社系金融機関のトレーダーになりますと、年収3000万円以上がかなり多く存在します。部長クラス級やヘッドハンティングで外部から引っ張って来られた優秀な人は、特に高年収となります。多くが月いくら、ではなく年俸契約で入社しますが、年収が高い分、会社側からの期待値も相当高く、プレッシャーが多いようです。仕事に費やす時間も多く、結果が出なければ容赦なく解雇されることも珍しくありません。よって勤続年数が平均的に短いのも、この業種の特徴です。

3.外資系コンサルティング

外資系の大手コンサルティングファーム、中でも戦略系のボストンコンサルティンググループやマッキンゼー・アンド・カンパニー、ベイン・アンド・カンパニーの社員は年収が非常に高くなっています。企業の経営戦略やM&など、クライアント企業が抱える問題を様々な角度から解決するブレーン集団です。これらの大手外資系ファームは日本など他国に進出するにあたり、豊富な資金を持っていることから、より優秀な現地の人を社員として高収入で雇い入れ、現地の市場を多く取ることを目標としています。

激務であることは有名で、完全実力主義であるのは2の項目と同様です。抱える案件やクライアントの規模が大きいため、1件当たりの報酬が非常に高くなるのです。

4.上場企業の取締役

日本には様々な企業がありますが、中でも大企業や上場企業と呼ばれる会社は、世間一般的に年収が高いと認識されています。大企業というのは業種によって資本金や従業員の数に違いがありますので、一概に売り上げや年収が高いとは限りませんが、上場企業だと平均年収もかなり高くなる傾向にあります。

上場企業は現在、約3500社あり、日本にある法人企業が約170万社あることから見ると、全体の0.2%程が上場企業となります。証券取引所で株式の売買をして良いと認められた優秀な企業という認識を世間でされますから、知名度も信用度も高く、優秀な人材が集まって売り上げも上がっていく、という循環です。

上場企業の役員ともなると、公の場に出る機会も多く、また売り上げアップや各部署の管理指導など、多くの責任を負いますので、年収も3000万円越えすることは珍しくありません。

5.プロスポーツ選手

言わずと知れた、スポーツ選手の高収入。よくテレビで契約公開のニュースが流れていますが、年俸数千万円や数億円という数字が飛び出してきます。特に野球選手が高収入で、他にはプロゴルファーの賞金や、テニスプレーヤー、フィギュアスケート選手の年収も高額です。これは本業のスポーツの方よりも、選手本人の人気によってCM出演やテレビ番組出演のオファーが来ることによる副業的収入が多いようで、CM1本で1000万円を超える人気スポーツ選手が多数います。しかしこのように高収入になれるのはほんの一握りの選手だけです。

スポーツ選手は現役で好成績を残せる年数が少ないので、若いうちに少しでも多く収入を得て、引退後の生活のための蓄えを残す必要があります。

6.芸能人

俳優、女優、お笑い芸人など、様々な芸能人がいますが、大勢の志望者の中から陽の目を見たごく一部の人達が、今私たちがテレビなどで見ている芸能人です。多くの人が苦しく長い下積み時代を乗り越えてきており、中には数十年下積み時代を続け、実力と強運で表舞台に立てた人もいます。ようやく日の目を見ても短期間で人気が衰えてしまうお笑い芸人などもおり、非常に厳しい世界と言えます。
売れっ子俳優、女優ともなると、ドラマ1本主演するだけで300万円、それが10話あればもう3000万円になってしまいます。CM出演料1本でも2~3000万円くらいになります。またブログの広告収入で月2~300万円稼ぐ芸能人もおり、ブログだけで3000万円近い収入を得ています。しかしこれが全て本人に入るわけではなく、所属する芸能事務所と折半になるため、取り分で揉めて事務所を独立するという騒動も度々起きています。

年収3000万円の人はどんな生活をしているのでしょうか

年収が3000万円ということは、実際手取りの段階になると約1800万円になります。それでもこれくらい安定した収入がある人達は、賃貸や借家には住んでいません。高級住宅街に一軒家を持っている率が高くなります。

また、その高級住宅街に見合う高級外車を持っていることも多く、忙しくて留守がちの主人用とは別に、奥さん専用の高級車も持っていることも珍しくありません。

同時に、持ち物や服装も家や車に見合った高級ブランドの物で揃えるようになり、食材を買いに行く際も、安売りをしているスーパーでは人目が気になるので、高級スーパーやネットでのお取り寄せをよく利用します。

交友関係、お付き合いも多くなります。会社関係、ご近所関係、習い事など、交際費が大幅にかかります。

年収3000万円の人達の苦労とは?

unhappy-389944_640
前項にもあるように、年収3000万円の人の実際の手取りは約1800万円くらいになります。所得税が約800万円、住民税が約250万円、社会保険料が約150万円徴収されるからです。日本は累進課税制度のため、収入が多ければ多いほど納める税金も高くなってしまうのです。

もうひとつ税金面で言うと、合計所得金額が3,000万円を超えると住宅借入金等特別控除の適用は受けられません。高収入故に国から控除を削られるのです。

さて、この1800万円で生活をやりくりするわけですが、前述の通り、全ての支出項目が割高になりますから、例え一か月150万円の手取り収入があっても、庶民が思うほど貯金は出来ていない、いわゆる「高収入貧乏」と呼ばれる家庭が多いようです。年収1200万円以上ある世帯の約10%に全く貯蓄が無いというデータが、それを如実に表していますね。背伸びをし過ぎているのです。

特に旦那さんが一生懸命稼いできたお金を、お金の使い方を知らない奥さんに任せてしまうと、見栄やステータスが邪魔をして無駄や散財の嵐になってしまいます。

子供の習い事にお金をかけるのは良いのですが、子供本人が望んでもいないのに毎日のように英会話、楽器、塾、水泳、化学教室など様々な習い事をさせてしまうお母さんも少なくありません。子供にたくさんの経験をさせることは良いことですが、種類が多すぎると子供の頭も混乱しますし集中力が分散され、結局どれも大成しないという結果になりかねません。

また、年収3000万円なりに相当の激務で、残業や午前様は日常茶飯事、土日も仕事に出ることが珍しくありません。それに加えて会合や接待なども多々あり、家族との時間、趣味などに使える自由な時間がなかなか持てないことが悩みという人も多いです。そういった先輩方の声を聞いて、当初から恋愛や結婚を諦めてしまっている人も存在します。精神的にも肉体的にもタフでなければ務まりませんので、健康を保つのが大変のようです。

年収3000万円得られる職業の例からもわかるように、コンスタントに3000万円を稼ぎ続けることは簡単なことではありません。このような様々な苦労が長く続くことになります。そしてもしも仕事を失う事態になって年収が一気に落ちてしまったら、なかなか悲惨な状況に陥ります。様々な物の多額のローンは払い続けなければなりませんし、セレブ仲間の友人知人もクールに去って行きます。本当に心の通った人以外は助けてくれないでしょう。

ずっと天国であれば良いのですが、一度落ちると様々な辛い現実を見ることとなり、ハードな人生になってしまうことでしょう。

まとめ

いかがでしたか。私たち庶民がイメージする華やかな生活とは裏腹に、高年収をキープし続けることがどれほど大変か、ということがわかったと思います。それならむしろ、平凡な年収でささやかな幸せを噛みしめながら生きる人生のほうが良いのではないかと思った人も多いことでしょう。人生は一度切りです。人生とは何を重視して生きるべきなのか、ということを改めて考え直すきっかけになったのではないでしょうか。

自分の持てる力を全て使って戦い抜く人生と、小さな幸せを日々楽しんで生きる人生、あなたならどちらを選びますか。

年収800万円稼ぐ人はいったいどんな仕事をしているのか?高収入職業トップ7

年収1000万円はお金持ち?ぜいたくな生活を送れるの?

初心者でもマンションオーナーに!不動産投資の魅力を徹底解説

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 年収1000万円の男性と結婚すると贅沢できる?生活の実態とは

  • 個人事業主の屋号は必要?名称のつけ方とメリット

  • 年収800万円稼ぐ人はいったいどんな仕事をしているのか?高収入職業トップ7

  • スキマ時間でお小遣い稼ぎができる?アンケートサイトで稼ぐコツ5つ

  • 額面収入(年収・給与)・所得・手取り…それぞれの違いとは?