1. TOP
  2. 20代から身に付ける!上手に100万円を貯金する方法とは?

20代から身に付ける!上手に100万円を貯金する方法とは?

2017/01/08 家計・節約 節約 貯蓄・貯金
この記事は約 8 分で読めます。

社会人経験がまだ浅いフレッシュな皆さん。若い皆さんは今、たくさんの希望に溢れていることと思います。社会に出て自分の世界が一気に広がり、交友関係も広がり、いろいろな場所に出かけたり、欲しいものがたくさんあるのも若い20代だからこそ。若いうちはたくさんの経験をした方が良いですから、ある程度お金を使っても問題ないと言えます。しかしそのお金の使い方に無駄や大きな勘違いがあるならば、それは単なる意味のない浪費です。

今日は若い20代の皆さんが現在、そして未来も見据えて上手にお金と付き合える人生を送ることが出来るように、100万円を貯金するための方法をご紹介します。充実した20代を過ごし、お金に関する良い習慣を身に付けましょう。

20代の皆さんの貯金額はどれくらいあるの?

20代の皆さんが初めて貯金を始める時、まず目標となるのが100万円ですね。もちろん職業や収入、ライフスタイルによって毎月貯金できる金額は大きく変わってくるのですが、同年代との収入格差がまだ然程ないのも20代の特徴と言えます。また未婚の場合は、人生の中で最も貯金がはかどる世代とも言えるのです。

では20代の皆さんは一体いくらくらい貯金を持っているのか、まず見てみましょう。今回は平均値ではなく中央値で紹介します。

平均値ですと少ない人も多い人も全員合わせたのが分母になって平均化しているので、必ずしも実態を把握することが出来ないのです。例えばAさんは貯金100万円、Bさんは300万円、しかしCさんは5000万円持っていたとすると、平均値は1800万円となってしまいます。多く持っている人達が、一般的な貯蓄額の人達の平均を一気に上げてしまのです。

逆に中央値とは貯蓄額を少ない人から多い人まで順番に並べていき、丁度真ん中の順位にいる人の貯金額のことです。先ほどのABCさんですと、Bさんの300万円が中央値ということになります。中央値のほうが実態に近い数値を示してくれるのです。

ではまず20代女性の中央値ですが、約200万円と言われています。一方男性は約250万円くらいです。男性のほうが給料が高い傾向にあることが理由のようです。しかし女性の中には既に1000万円以上の貯金を持っている人も3%程おり、実家暮らしの多い女性が堅実に貯金を続けているであろう姿が想像されます。

一人暮らしと実家暮らしの違いを覗いてみよう

family-room-670270_640
次に一人暮らしの20代と実家暮らしの20代の違いを見てみましょう。まず貯蓄額の違いからです。

男性の場合、20代で一人暮らしをしている人の貯金額の中央値は約100万円と言われています。中央値の250万円よりだいぶ低くなっている理由としては、一人暮らしの男性は自由な生活ができることから、自分の趣味、例えば車やバイク、ゲーム、コレクションなどにお金を費やしてしまいがちであること、また自炊をしないため毎回外食やコンビニ弁当を購入することで済ませているため、食費だけでも7~8万円使ってしまうからです。

一方一人暮らしの20代女性はどうでしょうか。彼女たちの貯金額の中央値は100万円を切ります。女性は男性よりも非正規社員である率が高いこと、また社会に出て浅くお洒落をたくさん楽しむために服飾費にたくさんお金を費やしていること、一人暮らしが寂しいからと言って同僚や友人と頻繁に外食に行くことなどが原因で、貯金がなかなか増えないようです。

一人暮らしの人は余程のことが無い限り少なくとも収入の1割りは貯金できると思います。1割りは死守してください。

では実家暮らしの20代の貯金額の中央値はどうでしょうか。男性の実家暮らしの場合、貯金額の中央値は約150万円です。一人暮らしの男性よりも50万円ほど高くなっています。かつての日本では、男性は社会に出れば実家を離れるのが普通でした。しかし非正規などで収入が低いことから実家で暮らさざるを得ない男性が増え、またその流れで実家暮らしの男性が社会に於いて然程珍しくなくなったため、数が増えてきていると言われています。

実家暮らしですから、家賃や光熱費などおおよそ8万円ほどは浮いているはずですが、一人暮らしの男性と50万円ほどしか貯金平均額に違いが無い理由としては、実家にいるという安心感から、お金に対する意識が低いようです。

では実家暮らしの女性はどうでしょう。20代女性で実家暮らしの貯蓄中央値は約100万円と言われています。一人暮らし同様、男性より少なくなっています。派遣や契約社員で収入が少ないことが主な原因で、それ故一人暮らしをする余裕がないため、実家を頼りとしている人が多いようです。また、実家暮らしの安心感から、旅行や買い物に散財してしまって貯金できない人も多いようです。

実家暮らしの人は収入の約3割を貯蓄に回したほうが良いと言われています。また、ただ単に実家に住まわせてもらうだけでなく、社会人であるという自覚を持ち、ご両親に対して家賃や生活費として毎月一定額を渡すようにしましょう。

どうやって貯める?性格別、目的別おすすめ貯金法

doors-1767563_640
それでは、20代の男女がこれからどうやって効率的に貯金をしたら良いのか、おすすめの方法や考え方をご紹介します。

1.まずは家計簿をつける

貯金をする時にまず基本になるのは「家計簿をつけること」です。これまでただ何となく、ちょっと節約しで残った金額を貯金に回していた人は、きちんと家計簿をつけるようにしましょう。自分の支出の癖や無駄使い、節約できるポイントがはっきり見えてきます。

2.貯めるペースを決める

2~3ヵ月家計簿をつけると、自分が一か月にいくら貯金できるのか、というペースや目安がつかめるようになります。それを見て、今後いくらずつ貯金するのかを決めましょう。

毎月3万円ずつ貯金していけば1年で36万円、約3年で100万円貯めることができます。もし1年で100万円貯めるとしたら、月に83,333円貯金する必要があり、更に1日単位で見ると約2700円貯金することになります。このように具体的な数字やペースが見えてきたら、より毎日の行動にメリハリがついてくるのです。

また特におすすめの方法として、給与天引きの貯蓄方法があります。会社によってそのシステムが導入されているところとそうでない所がありますが、先に一定の貯金額を自動的に天引きされていれば、残りで生活すれば良いので、確実に目標を達成できるようになります。

3.人生の大きな節目の計画を立てる

これは2と前後しても構いませんが、自分が今後の人生でどのような大きな選択をしていくのか、どういう将来を理想としているのかをしっかり考え、20代のうちからある程度見定めておく必要があります。例えば、今後結婚をして伴侶を得る覚悟があるのか、伴侶を得たとして、子供を責任をもって育てる覚悟はあるのか、両親の介護や自分の老後の準備をどれくらいするのか、など、考えて欲しいのです。それらによって、自分がどれくらいの金額の貯金をどれくらいのペースですべきか、大きなスパンで見ることができるのです。

4.無駄な支出をあぶり出そう

若い故まだ物の価値観や経験が足りませんから、客観的に見た時に無駄遣いをしている項目がかなりあると思います。両親や上司など身近な人生の先輩に相談するなどして、無駄をあぶり出して認識することが大切です。例えばスマホを格安スマホにしては如何でしょうか?スーパーでの食材の買い方、保存の仕方に無駄はありませんか?一人暮らしの場合、もっとリーズナブルな物件はありませんか?ひとつずつ見直して支出を改善しましょう。

5.収入を増やす努力をする

今の仕事先の収入は本当にやりがいがあり、収入は見合っていますか?もっと良い条件の企業があるのなら、若ければ若いほど転職がしやすいですから、積極的に転職活動をしてみましょう。また副業やバイトが出来る環境なら、それらを追加して収入を増やすことで、貯金のペースを上げることができます。自分の不用品をオークションで売ったり、クラウドソーシングで自分の得意な技術を使って仕事を得ることもできます。

現代の20代の特徴

funny-629675_640
今どきの20代の若者たちは、かつて20代だった若者たちに比べ、かなり堅実になっているようです。バブルも経験していませんし、自分たちの親もバブルがはじけて大変な思いをしながら仕事をしている姿を見ているからかもしれません。あまり派手な遊びもせず、購入費のみならず維持費がかなりかかってしまうので車も持たず、生活費を節約するために実家暮らしを長く続けている人が多いです。

また、人との付き合い方もクールで、友達や交際相手と食事に行ってもきっちり割り勘にしたり、同僚との付き合いの食事も、節約や自分の用事を優先して行かなかったり、と良くも悪くもお金に対して意外としっかりしているようです。

男女の結婚や交際に関しても意外とクールで、彼女や彼氏がいなくても良い、将来結婚したいとは思っていない、という若者も増えているのが特徴です。たとえ大企業であっても終身雇用制が崩壊しつつあることや、派遣社員や契約社員の人は収入が低いこと、少子高齢化の進行、年金をもらうことが期待できない将来、など、様々な不安要素を抱えて生きているため、結婚して家族を養うこと、子供を持って成人するまで責任をもってしっかり育てられる自身が持てないという理由で、交際や結婚を避ける人が増えています。

特に少子高齢化社会を考えると、これから新たに生まれて来る子供たちが非常に生き辛い日本になることが予想されますから、子供を持たないという選択をする若者が増えてしまうのも、ある意味冷静で思い遣りがあると言えます。

まとめ

いかがでしたか。貯金をする時に大切なのは「頑張り過ぎないこと」です。いつも「貯金をしなきゃ」ということで頭がいっぱいだと、いろいろな経験もできませんし、交友関係も広がっていきません。無理をせず、無駄をせず、有意義な貯金生活が送れるよう、充実した20代ライフを楽しんでください。

大人気!お金との付き合い方セミナー!

1年で「100万円」貯める!手取り20万円でも成功する方法

母子家庭の平均生活費と不安を解消する簡単節約術!

\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 兄弟でも権利がある?遺産相続の謎を解く!

  • マイホームを買ったら税金が戻る、住宅ローン控除ってどんな制度?

  • 40代独身女性のリアルなお金事情!貯金額の平均はどうなってる?

  • 知ってるだけで得しちゃう!困った時にお金をもらう8つの方法

  • いつ?いくらもらえるの?出産手当(産休手当)金を解説!

  • 必ず成功する500円玉貯金の6つのコツ