1. TOP
  2. お金を貯めるには固定費の見直しから!すぐに実行できる節約方法3つ

お金を貯めるには固定費の見直しから!すぐに実行できる節約方法3つ

2017/03/29 住宅ローン 家計・節約 生活費 節約
この記事は約 4 分で読めます。

現在よりもお金を貯めたい場合には、収入を増やすか、節約をするかの二つの方法がありますが、現実的なものは節約でしょう。効率的に節約ができるのは、固定費です。固定費は毎月必ず掛かる費用ですので、その額を圧縮すると、年単位で見ると大きな差となります。

固定費の節約効果はその場限りではなく継続しますので、日々の細かい節約よりも効率的です。どのような固定費が節約可能であるか、またその方法について3つ、具体的に見ていきましょう。


プラン見直しや乗り換えで通信費を節約


携帯電話やインターネットなどの通信費の割合も大きくなりました。接続費だけでなく、付随するサービス関連も、複数の契約を行っている方も多いのではないでしょうか?家族単位で考えた場合、月額数万円単位になることも珍しくありません。

そこで、通信関連費を圧縮するためには、インターネットや携帯電話ではプランの見直しのほか、同様のサービスを提供している会社に契約を変更することで費用の圧縮が可能です。格安SIMや光コラボレーションモデルなどがこれらに当てはまります。どちらも大元の設備は大手のものを利用しており、付加サービス等を削ることで安価で提供されているものですので、機能的には大きな差はありません。

また、スマホで有料サイトなどに登録後、利用していないものについては解約しましょう。これらのサービスは、携帯電話料金などと一緒に請求されるため、見落としていて解約がなされていないケースもあります。一度全てのオプションについてもチェックしてみましょう。


最大の固定費である家賃の節約も検討しよう

自宅が持ち家ではない場合、毎月の固定費の中で家賃は大きな割合を占めます。住んでいる家の家賃は適正でしょうか。

間取りや利便性、生活スタイルなどと家賃が釣り合っていないと感じる場合には、引っ越しも考えてみましょう。状況によっては、更新時の家賃交渉で引き下げに応じてもらえることもあります。

長期的に考えた場合には、不動産の購入を視野に入れることも有効です。毎月の家賃の支払額程度で購入できる物件も十分に存在します。


金融商品は定期的な見直しを習慣に


金融商品は、ライフスタイルの変化やその時の金利情勢によって、どの商品が有利であるか、は変化していきます。固定費の中でも構成割合の大きな保険とローンについてみていきましょう。

【生命保険などのプランの見直し】
固定費の中で人によって無駄が見られることが多いのが、生命保険です。生命保険契約は長期にわたるものにかかわらず、詳しく知らない人も多く、最初に加入した時のままの場合や、縁故で契約し、内容を理解していないという方もいるほどです。

保険の場合、必ずしも費用が安いことが優れているわけではありませんが、不必要な保障や特約のために、毎月の保険料が高額になっているケースも頻繁に見受けられます。プランやオプションは保険会社によって様々な種類がありますので、必要な保障のみをカバーする保険に乗り換えると保険料が安くなり可能性も高いです。

【住宅ローンの見直し】
住宅ローンについても、見直しによって返済額を圧縮できます。日銀のマイナス金利政策により、住宅ローン金利は大きく低下しているため、高金利時代に組んだローンで固定金利の場合は、借り換えを行うことでローン額を圧縮することが可能です。

また、借り換えはもちろん、現在利用している金融機関と交渉するのも1つの方法です。乗り換え前提として試算し交渉すると、借り換えほどではないものの、現在よりも低い金利の提示が得られる可能性があります。


固定費の節約ポイントは必要なサービスであるかどうか

固定費を節約したい場合には、自分にとって過剰なサービスを省き、必要なものだけに絞り込むことを意識すると成功するでしょう。また、日々変化するサービスについて情報収集を心がけておくのも節約につながります。


生活費の支出を見直し節約につなげる8つの方法 ~夫婦編~

シンプルだから続く!「ノート家計簿」でお金を貯める方法

あなたも達成できる!1000万円貯めるおススメの方法とは?


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 主人が亡くなり相続税が心配!1億6000万円まで配偶者控除が受けられる?

  • 車の乗り換えはいつがお得?乗り潰すか買い換えるか

  • 「なんとかなる」は大間違い! 人生にかかるお金を把握する

  • 固定金利で安心!住宅ローンのフラット35とは?

  • 厳選して受験すべし!意外に掛かる大学受験の費用

  • 住宅ローン減税とは?その仕組みと利用方法を徹底解説!