1. TOP
  2. 毎月「1万円」だけを節約!ストレスフリーの生活費削減方法

毎月「1万円」だけを節約!ストレスフリーの生活費削減方法

収入が少なくて生活が苦しい、貯金を増やしたいなど、お金に関する悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。今の生活に毎月1万円の余裕があれば、もっと暮らしが楽になると思いませんか?無理な節約をしたくないという方のために、ストレスを感じない簡単節約方法をご紹介していきます。

毎月「1万円節約」でストレスフリー


毎月プラス1万円の余裕が欲しいと思ったときに、あなたはどんな方法を考えますか?

手元にお金を残すには、

・収入を増やす
・支出を減らす

という2つの方法があります。

ただ、収入を増やすことは簡単ではありません。毎月1万円を多く稼ぐよりも、1万円の節約を取り入れた方が簡単に手元にお金を残せるでしょう。

そのためには、日々の節約が欠かせません。でも、節約ばかりを考えているとストレスが溜まり長続きしない場合もあります。

節約のポイントは、

・頑張りすぎないこと
・現実的な方法を取り入れること
・余ったお金は自分の将来のために使うこと

など、まずは無理をしないということが大切です。また、節約をすることで暮らしが豊かになることを目的としてみてください。

節約ポイントを取り入れながら生活費をカットすることで、長期的に毎月1万円を余らせられます。


固定費で毎月1万円を節約する方法


生活費を節約したいときは、毎月の支出を確実に減らすために固定費を見直してみましょう。固定費は一度見直すだけで、長期的な節約になります。


住宅費の見直し

生活費でウエイトの大きい項目は「住宅費用」ではないでしょうか。住宅費を見直すことができれば、毎月1万円の節約も楽にクリアできることでしょう。

賃貸住宅に住んでいるときは、更新のタイミングで安い物件に引っ越す、家賃の値下げ交渉を行うなどを取り入れてみましょう。

賃貸住宅を安く借りるポイントは、大家さんや仲介業者に必ず値下げ交渉を行うことです。値下げができない場合もありますが、お願いをしてみると数千円安くしてもらえることもあります。

住宅ローンの支払いがあるときは、ローンの借り換えを検討してみましょう。ローンの借り換えは、金利の固定期間が終わるタイミングなどで行うと良いですね。

同じ金融機関で金利タイプを変える、別の金融機関に借り換えるなど、返済額を減らす方法を多方向から検討してみてください。

住宅費の見直しは諸費用がかかるため、タイミングには注意が必要です。一時的に手元のお金が大きく減るので、計画的に見直しを行うようにしましょう。


格安スマホに切り替える

ドコモやauなどでスマートフォン契約をしている方は、格安会社に変えることで通信費を安くできます。

キャリアの会社でスマートフォン契約をしている場合は、毎月8,000円くらいの通信費がかかってしまいます。それを格安SIMに切り替えることで、月に3,000円前後の支払いに抑えることができます。

毎月5,000円が節約できれば、1年間で6万円もお金に余裕が生まれることになります。

格安SIMはmineo、iijmio、イオン、楽天モバイル、ワイモバイルなどがあります。通話プランやデータ通信料などを比べて、自分が使いやすい会社を選んでみましょう。


生命保険を見直す

高額の生命保険に加入しているときは、保険プランを見直してみましょう。

万が一の場合を考えて高額の保険プランに入っているという方は多いようですが、過剰なプランに加入しているときは無駄遣いとなっているケースがあります。

ケガや病気により入院が必要になるなど治療費が高額になるときは、国の「高額療養費制度」を利用できます。所得に応じて治療費に上限が定められているので、医療費の負担を最小限に抑えられます。

また、生計を支えている者が亡くなってしまった場合は、「遺族年金」を利用できます。子どもの有無によって金額がプラスされるなど、家族構成などによって年金の支給額が異なります。

このように医療費や年金など、万が一の場合には国の保障を利用できます。

高額の生命保険に入っても活用する機会がないという方も多いので、最低限の生命保険プランに切り替えて毎月の支払いを抑えられるように見直しを行ってみてください。


変動費で毎月1万円を節約する方法


固定費を見直すことができれば、毎月1万円近く節約ができます。まだ、1万円の節約に届かないという方は、変動費を見直してみましょう。


コンビニでお菓子を買わない

変動費を見直すときは浪費から節約を始めると良いですね。

コンビニの利用が多い方は、お菓子や飲み物の購入を控えてみてください。コンビニの購入価格は割高になっているので、頻繁にお菓子やコーヒーなどを買うとすぐに支出が大きくなってしまいます。

お菓子を買うときは安売りをしているスーパーを活用すると良いでしょう。スーパーとコンビニでは価格に50円前後も差があるものもあります。購入場所を変えるだけで、毎月1,000円~2,000円くらいは節約ができるでしょう。


家電はスピードコースを活用

全自動洗濯機や食器洗い乾燥機などを活用しているというご家庭は多いのではないでしょうか。

洗濯機や食洗機には標準コース、おまかせコース、スピードコースなどがあります。いつも標準コースやおまかせコースなどを選んでいる方は、スピードコースに変えることで電気代や水道代を節約できる場合があります。

お使いの家電にもよりますが、稼動時間の短いスピードコースは通常コースよりも電気代が少なく節水ができると言われています。

そのため、汚れ物が少ないときや量が少ないときなどは、スピードコースを活用して節電・節水を心がけてみると良いですね。通常コースと使い分けることで、ストレスなく家事ができます。


コンロは中火を使う

毎日の調理中に節約方法を取り入れることもできます。

コンロを使うときは強火よりも中火がおすすめです。特に小さな鍋を使うときはコンロの火が横からはみ出ないように、鍋底に収まるくらいの火力にすると良いですよ。

また、水が冷たくてお湯が沸きにくいときは、一度電気ケトルなどで沸騰させてから鍋に入れると良いでしょう。

調理方法は煮物よりも炒め物の方が時短となります。

小さなことですが毎日の調理の仕方で毎月の水道光熱費を減らせるので、ぜひ取り入れてみましょう。


テレビを見る時間を決める


テレビがあると観なくても電源を入れてしまうという方は、生活スタイルを見直してみましょう。

テレビは家庭の中で大きな電力を消費します。そのため、できるだけ稼動時間を少なくできるように工夫を取り入れることが大切です。

32インチのテレビを使用した場合、1時間に150W約3円の電気代がかかるそうです。

・毎日2時間使用すると1カ月に180円(1年間で2,160円)
・毎日5時間使用すると1カ月に450円(1年間で5,400円)
・毎日10時間使用すると1カ月に900円(1年間で10,800円)

毎日2時間テレビを使用した場合と毎日10時間使用した場合を比べると、1年間で8,640円も電気代に差が生じます。

テレビを観る時間を別の時間にあてることで時間の無駄遣いも減らせます。

テレビを中心にした生活をしている方は、観る時間を決めてメリハリのある暮らしに変えてみてください。


扇風機を使う

日本の気候は夏は暑く冬は寒いため、1年中エアコンを活用しているというご家庭が多いはずです。

エアコンの電気代を上げないためには、扇風機の併用がおすすめです。夏場だけでなく冬場も扇風機を利用することで、エアコンの温度をエコ設定に保ったまま快適な室温を維持できます。

夏場の節約方法は扇風機を足元に向けて回します。冷たい空気は足元にたまるので、下に風をあてて部屋の空気を循環させます。

冬場の節約方法は扇風機を天井に向けて回します。温かい空気は天井にたまるので、上向きに風をあてて部屋の空気を循環させると良いですよ。

冬は直接風があたると寒さを感じることがあるので、人がない場所に向けて扇風機をまわしてみてください。

エアコンの消費電力を抑えられると、毎月500円以上も節約できます。


お米はまとめて炊いて冷凍

炊飯器も電気代がかさんでしまう家電です。頻繁にお米を炊いたり、長時間保温機能を使ってしまうと、節電から遠ざかってしまいます。

そのため、お米はまとめて炊いて冷凍をするようにしましょう。

IHの5.5合炊きの炊飯器の場合、

1回あたりの炊飯で消費電力154W / 4.3円
1時間あたりの保温で消費電力15.9W / 0.44円

の電気代がかかると言われています。

毎日お米を炊いた場合は1年間で約1,570円。毎日8時間保温を使った場合は1日あたり約4円、1カ月あたり約106円、1年間では約1,270円の電気代がかかります。

朝お米を炊いて1日中保温をすると考えると、さらに電気代は増えていくことになります。長時間保温したご飯を食べるよりも、炊きたてご飯を冷凍して電子レンジ解凍した方がおいしく食べられるので、まとめ炊き冷凍を取り入れて節電していきましょう。


週末カレーを取り入れる


買い出し前には冷蔵庫に残り物の食材が余ってしまいがちです。

余った食材の使い方に困ったときは、カレーやシチュー、煮物などの料理を取り入れて食材を無駄なく消費しましょう。

食材を傷ませてしまうことは、大きな無駄遣いにつながります。

購入したものはきちんと食べきるように、料理のしやすいカレーやシチュー、具だくさんスープなどにおいしく料理してみてください。週に1度は余った食材をまとめて活用する日をつくってみましょう。


毎月1万円節約で貯金を増やそう

毎月1万円を節約するには、固定費と変動費を見直してみると良いですね。毎月の支出が把握できていない方は、家計簿をつけることをおすすめします。お金の流れがつかめるだけでも無駄をカットできますよ。

1万円の節約できれば、必ずお金が貯まります。貯金ができないという方は、生活費を余らせて少しでも良いので貯金を始めてみましょう。お金が貯まる達成感を得られることで、楽しみながら続けられます。

また、節約のポイントはストレスを溜めないことなので、生活に無理のない方法を取り入れて楽しく取り組んでいきましょう。


あと5万円多く貯金する!主婦が実践している10の節約術とは?

貯金もおまかせ!スマホの優秀家計簿アプリ8選!!

30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 「なんとかなる」は大間違い! 人生にかかるお金を把握する

  • 厚生年金と国民年金の違いを解説!将来的には大きな差も

  • なぜ貯金ができない?~貯められない人に共通する傾向をチェック!

  • 主婦の年金はどうなる?知っておきたい離婚時の厚生年金の分割制度

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 結婚祝いのお返しの相場は?職場への基本マナーとおすすめ品