1. TOP
  2. どうすればいい?残った外国紙幣、コイン!海外旅行で外貨が余ったら

どうすればいい?残った外国紙幣、コイン!海外旅行で外貨が余ったら

楽しい海外旅行が終わり、必ずと言っていいほど手元に残る外国の紙幣やコイン。日本に持ち帰ったものの、これらの外貨をどうすればいいのか分からないまま、タンスに保存している人は多いのではないでしょうか?

頻繁に海外旅行をする人なら保管していても問題ないかもしれません。しかし、今度いつその通貨の使える国に行くか分からないときは困りものです。ここでは、海外旅行などで余った外貨の利用方法をご紹介します。


お金が紙くず!?現金のまま保有するリスク


世界には約170種類の通貨があることをご存知ですか?米ドルやユーロ、ポンドは聞きなれていますが、ウギア、キープ、グアラニーなど、ほとんどはなじみのない通貨です。

これら外国の紙幣やコインが余ったとき、将来のために保管しておくのも一つの方法です。しかし、将来同じ国に行ったとしても、残っていた古い紙幣やコインを現地で使えるかどうかは分かりません。

事実、イギリスの旧50ポンド紙幣は2014年4月に一般での流通を終了し、他の旧紙幣もプラスチック紙幣へ移行しつつあります。また、極端な例ですが、イラクやカンボジアなどのように、政権の崩壊によりある日突然通貨が紙くずになる可能性もゼロではないのです。


為替手数料がかかっても日本円に両替するなら

では、手数料がかかっても構わないから日本円に両替するには、どうすればいいのでしょうか?国内で日本円から外貨に両替するのは比較的簡単ですが、外貨から日本円に両替する場所は限られています。日本円に両替する方法を見てみましょう。

【外貨両替ショップ】
国内にある外貨両替専門店では、米ドル・ユーロ・イギリスポンド・中国元・韓国ウォン・オーストラリアドル・台湾ドルなどの主要通貨や近隣国通貨の両替が可能です。なお、両替する場合は、流通している紙幣だけです。

【銀行】
米ドルやユーロといった主要通貨の両替に対応することはありますが、マイナーな通貨から日本円への両替は、通貨の種類は限定的ですが、都市銀行の一部で対応しています。なお、両替する場合は、流通している紙幣だけです。

主要通貨以外を持っていて、日本でも現地でも日本円に両替できない状況のとき、現地で米ドルに両替しておくのも一つの手です。米ドルであれば世界中で流通しているため違う国でも利用しやすく、かつ為替変動も大きくないため持ち続けていて安心です。


日本より高い金利!外貨のまま外貨預金は可能?

まとまった金額であれば、国内銀行に外貨のまま入金して外貨預金する方法もあります。外貨預金の魅力は何と言っても円預金と比較して高い金利。しかし、外貨を入金する際は、ハンドリングチャージと呼ばれる外貨取扱手数料を徴収するケースがほとんどです。

ハンドリングチャージは金融機関それぞれが定めている手数料です。仮にハンドリングチャージが1ドルあたり2円であれば、1000ドル預けたときに手数料は2000円。米ドル預金の普通預金の金利は0.2%前後、定期預金の金利1年も1%未満(2017年1月現在)であるため、金利で利益を出すことは到底できません。

さらに、外貨預金から外貨紙幣として出金する際も手数料が必要になることが多く、外貨預金への入金は必ずしも得策とは言えないでしょう。


少額でも受け付けてくれる?外貨の寄附


余った外貨を外貨のまま寄附する方法もあります。

ユニセフでは「ユニセフ外国コイン募金」活動をしており、主要国際空港や三井住友銀行、JTBなどに設置してある募金箱にポンと預け入れることができます。また、郵送や宅配便でも受け付けているため、他の外貨と合わせて送ってもいいでしょう。

また、航空会社によっては空港着陸前に募金専用封筒を搭乗者に渡し、ポケットマネーを寄附してもらう動きがあります。機内で渡し忘れたときでも、グランドスタッフのいるカウンターで受け付けてくれることがあります。

少額でも何かしらの国際貢献ができるなら、自宅でお蔵入りになるより有意義な方法です。海外の空港内にも募金箱は設置してあるため、見かけたら忘れないうちに預け入れてはいかがでしょうか。


空港に新登場!両替して電子マネーにする方法

2016年夏、羽田空港に「ポケットチェンジ」という外貨両替機が登場しました。紙幣だけでなくコインにも対応し、米ドルやユーロなどの外貨を電子マネーに交換します。

最低交換額は1円分からと少額でも対応できるのが嬉しいサービス。対応電子マネーは楽天Edy、LINEギフトコードと限定的ですが、今後交通系ICやAmazonギフトなどにも拡大する見通しです。


海外旅行で余った外貨は使い切るのがベスト

余った外貨の利用方法をお伝えしました。余った外貨は現地で使い切るのがベストな方法です。それでも残った場合は、両替や寄附、電子マネーに交換するなど、死蔵現金にならないようにしましょう。


老後資金に1億円!?理想のセカンドライフには平均いくら必要?

旅行計画は早めに!ふるさと納税でもらえる宿泊券がスゴイ!

超低金利時代の救世主?外貨預金の仕組みとメリット・デメリット 


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • サラリーマンでも資産運用しながら節税できる! 日本版401k確定拠出年金とは

  • 投資が苦手な方にお勧め!銀行預金と貯蓄型保険を活用した資産運用術

  • 専業主婦でも実践できる!節約で月3万円貯める10の方法

  • なぜ貯金ができないの?反面教師から学ぶ貯金が難しい理由

  • 独身女性が準備すべき、老後資金の必要額と心構えとは?

  • お金を貯めるには固定費の見直しから!すぐに実行できる節約方法3つ