1. TOP
  2. 贅沢はできる!?年収1000万円の人の生活とは

贅沢はできる!?年収1000万円の人の生活とは

2017/04/24 家計・節約 生活費 貯蓄・貯金
この記事は約 5 分で読めます。

「年収1000万円」にステイタスを感じる人は多いですが、年収が1000万円あると、贅沢な暮らしはできるものなのでしょうか。年収と手取りには違いがありますので、年収が1000万円であっても、実際に手にできるお金は少なくなります。そのため、年収が1000万円あっても、足りないと感じる人もいるのです。年収1000万円の人の職業や手取り、生活の実態などについてまとめました。


年収1000万円のあるのはどんな人?


年収が1000万円を超えている人の年代別の割合は、DODAのデータによると、20代で0.3%、30代で1.8%、40代でも7.3%と少数です。

年収1000万円以上を安定して得ることが見込める職業として、医師や弁護士、公認会計士が挙げられますが、実力による部分も大きいです。就業先では、大手のマスコミや広告代理店、総合商社、外資系コンサルティングファームなどがあり、上場している事業会社の管理職も年収1000万円を超えていることが多いです。

ただし、若くして年収1000万円を稼ぐ人は、終電間際まで働く激務が続きがちで、仕事を重視した生活となることが多いでしょう。

参照元:DODA「平均年収ランキング2016」
https://doda.jp/guide/heikin/2016/age/


年収1000万円の人の手取りは?

年収1000万円あっても、給与やボーナスからは所得税の源泉徴収や社会保険料の控除が行われるため、実際の手取り額は700万円~800万円ほどです。手取り額は、配偶者などの扶養家族の有無や、住宅ローンを利用してのマイホームの購入や生命保険などへの加入状況などによって変わります。

日本の所得税は、超過累進税率です。給与所得控除後の所得が「195万円以下」の部分は5%、「195万円を超えて330万円以下」の部分は10%、「330万円を超えて695万円以下」の部分は20%となっています。年収1000万円の会社員の場合、所得税率が20%となる部分もあり、収入に応じて厚生年金や健康保険の保険料も上がるため、思ったよりも手取り額が少なく感じやすいです。

参照元:国税庁 所得税の税率
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm


年収1000万円でも生活費は足りない?


年収が1000万円あると、お金があるという安心感から、つい財布の紐が緩くなってしまい、住居や趣味や旅行に、ワンランク上の贅沢を求めがちです。しかし、年収1000万円はひとつのステイタスではありますが、手取りの収入で1000万円あるわけではないため、意外と生活で使えるお金は多くはないのです。

既婚者では、タワーマンションのローンや家族での海外旅行、子どもの教育費を支払うと、お金が残らないという人も少なくありません。

金融広報中央委員会の2015年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、年収1000万円で貯蓄をしていない人が、意外に高い割合いることがわかります。

夫婦などの2人以上世帯のうち、「年収1000万円~1200万円未満」で、貯金などの金融資産を保有していない世帯割合は13.5%で、「750万円~1,000万円未満」の11.2%よりも高くなっています。単身世帯では、「年収1000万円~1200万円未満」で、金融資産のない世帯は17.4%にも及びます。

「思ったより、家計運営は苦しかった」と感じる人の割合も、2人以上世帯で「年収1000万円~1200万円未満」では、ほかの年収層よりは少ないものの、27.8%います。

年収1000万円、あるいはそれ以上をコンスタントに稼げるという自信や安心も、貯蓄のなさにつながっているのかもしれません。年収1000万円の生活は、もちろん、年収数百万円くらいの人に比べればゆとりがありますが、特に既婚者では思いっきり贅沢ができるというほどではないのです。

参照元:
金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」
https://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron2015fut/
https://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron2015tan/15bunruit001.html


既婚者は年収1000万円は贅沢しにくい?

年収が1000万円あると、独身の人では贅沢な暮らしをすることができても、結婚して子どもを育てていくと、思うようにお金を使えない部分もあるようです。年収が1000万円あっても、計画的にお金を使うことが大切といえるでしょう。


投資が苦手な方にお勧め!銀行預金と貯蓄型保険を活用した資産運用術

老後資金に1億円!?理想のセカンドライフには平均いくら必要?

何歳まで働く?イマドキ高齢者が働く3つの理由


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • どのぐらい貯めておくべきか?独身で老後に必要なお金とは

  • 住宅ローンの手数料で定率と定額はどう違う?メリットやデメリット

  • 初心者必見!クレジットカードの仕組みを知って賢く使っちゃおう

  • 弁護士費用の相場と弁護士を選ぶときのポイント

  • これは絶対試したい! 一人暮らしのためのすぐできる節約術

  • 債務整理の最終手段!自己破産のデメリットを徹底検証する!