1. TOP
  2. アラサー女性の気になる平均年収はどの位?稼げる職業は○○だった!

アラサー女性の気になる平均年収はどの位?稼げる職業は○○だった!

2017/05/04 年収・給料 稼ぐ・副業
この記事は約 6 分で読めます。

働く女性が増えたとはいえ、男性に比べてまだまだお給料が少ないというのが現実です。会社に勤めているサラリーマンであっても、女性がキャリアアップして大金を稼げるようになるのは、なかなか大変なことです。
そこで気になるのが、いったい世の中のアラサー女性はどれくらい稼いでいるのか、ということ。
そこで、アラサー女性が男性と比べてどの位稼いでいるのか?平均年収はどのくらいなのか?どんな職業が稼げるのか?といったことをまとめてみました。


アラサー女性のお給料は男性と比べて低いの?


厚生労働省が公表した「平成27年賃金構造基本統計調査」によると、賃金の平均は男性で33.51万円、女性で24.2万円となっています。
男性の賃金を100とした場合の女性の賃金の割合を、男女間賃金格差といいますが、平成27年では72.2となっています。平成元年の男女間賃金格差が60.2だったのと比べると、男性と女性の賃金の差は少なくなっているとはいえ、まだまだ女性が稼ぎにくいというのは事実のようです。
それでは、気になるアラサー女性の賃金事情はどうなっているのでしょうか?
同調査によると、30~34歳女性の平均賃金は23.84万円となっています。同年齢の男性が28.26万円であるのと比較すると、ちょっと少ないかなという感じですよね。ちなみに、女性で賃金がもっとも多い年齢層は50~54歳の26.68万円。どの年齢層でも女性が月30万円以上稼ぐのは難しい、というそうです。
逆にいえば、月30万円以上稼いでいる女性は勝ち組といえるのかもしれません。

参照元:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2015/index.html


アラサー女性のお給料はピンからキリまで幅がある?

マイナビウーマンが2004年に30代の女性にWebアンケートで調査したところ、お給料(手取り)の額は次のような分布になっていることが判明しました。

・100万~200万円未満 13.9%
・200万~300万円未満 31.9%
・300万~400万円未満 29.1%
・400万~500万円未満 13.2%
・500万~600万円未満 5.3%
・600万円以上 1.3%

もっとも多いのは、年収で200万~300万円の層ですが、意外にも300万~400万円や400万~500万円の収入がある人もかなりいますし、がっちり600万円以上稼いでいる人も少数派ながらいるのです。
女性の収入が男性と比べて低いのは、女性の方が働き方の選択肢が広いため、収入が少なくてもやりがいのある仕事がしたい、というような夢を叶えながら仕事をしている人も多いという事情があるのかもしれません。
しっかり働くことで、がっちり稼いでいる人が多いのも心強い結果ですね。

参照元:マイナビウーマン 30代の働く女子の年収を大発表!
http://woman.mynavi.jp/article/140706/ 


サラリーマンのアラサー女性、もっとも稼いでいるのはどんな業界?

前出の厚生労働省の調査は、全国77,000以上の事業所にアンケート調査を行い、産業を建設業、製造業、情報通信業など16種類に分類したうえで、アンケート結果をまとめたものです。調査の規模も大きく、信憑性が高いといえるでしょう。
同調査によると、30~34歳の女性で業種別に見た場合、賃金の多い順に1位から5今では以下のような結果になっています。

・1位:情報通信業 27.53万円
・2位:学術研究、専門技術・サービス業 26.83万円
・3位:教育・学習支援業 26.67万円
・4位:金融業、保険業 25.75万円
・5位:医療、福祉 24.95万円

この結果からわかるのは、サラリーマンであればいま流行りのIT系企業に勤めるのがもっとも高い収入を得ることができるということです。また、教育関係や金融、保険業が稼げるというのも何となくイメージ通りの結果なのではないでしょうか。
金融関係は、証券会社や投資会社。中でもトレーダーやファンドマネージャーといった仕事では、運用実績が収入に連動していることも多く、仕事の成果によって高収入を得ることができます。
保険関係は、生命保険会社や損害保険会社。収入は保険の契約件数による歩合制のことが多いため、やはり頑張り次第で高収入を上げることができます。

参照元:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2015/index.html


アラサー女性がもっとも稼げる仕事は○○だった!


宝島社では、別冊宝島『日本人の給料大辞典』で、職種による女性の年収をまとめています。それによると女性の収入(年収)が多い職業上位10位は以下のようになっています。

第1位:弁護士 約1,201万円
第2位:大学教授 約1,017万円
第3位:医師 約884万円
第4位:大学准教授 約806万円
第5位:パイロット 約805万円
第6位:公認会計士/税理士 約730万円
第7位:記者 約698万円
第8位:大学講師 約657万円
第9位:高等学校教員 約602万円
第10位:歯科医師 約573万円

弁護士や医師の収入が多いのはわかりますが、これらの仕事をするには資格が必要なので、誰でもできるわけではありません。大学教授や准教授も頑張ればできそうな気はしますが、誰でも大学教授になれるというわけではないでしょう。とはいえ、女性が稼ぐには資格があった方が高収入を得やすいことがわかります。
高収入の資格ということで注目したいのは、第6位にランクインした公認会計士/税理士です。どちらも資格が必要ですが、社会人でも頑張って勉強すれば合格できる資格ですし、お金の計算が苦手でなければチャレンジする価値はあるでしょう。また、高等学校教員も第9位にランクインしているので、安定的で高収入な仕事ということで、目指してもいいかもしれませんね

参照元:@DIME 年収で見る女性が稼げる職業1位は?
http://dime.jp/genre/168889/1/ 


女性の仕事は、特別な資格がなければ、勝ち組企業のOLがいい!?

アラサー女性でも資格を持つことで、男性に負けない収入を得ることができます。でも資格を取るには長年にわたってコツコツ努力することも大切。もし資格がないということなら、勝ち組企業のOLが収入も多く安定しているようです。


40代独身女性のリアルなお金事情!貯金額の平均はどうなってる?

英語翻訳の副業を始めよう!ポイントとノウハウ

セレブ妻になれる人となれない人の違い。金持ち夫を持つ妻の特徴


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 小さな会社で儲ける仕組みを考える

  • 看護師の給料事情と早く年収をアップさせるための3つの方法

  • 憧れの年収1000万円を稼ぐ男性!結婚生活は幸せか?

  • 成功する業種は何か?ストックビジネスって?起業の秘訣を考える

  • 中小企業オーナー心得 銀行との上手な付き合い方

  • お金持ちになりたい!夢に近づく7つの方法を考える