1. TOP
  2. 目標○○万円!誰でもできる結婚資金の賢い貯め方とは?

目標○○万円!誰でもできる結婚資金の賢い貯め方とは?

人生の伴侶を見つけて結婚を決めたなら、考えなければいけないのがお金のこと。結婚には、結納から挙式、披露宴、新婚旅行、新生活の準備まで、ありとあらゆる費用が掛かります。

しかし、何にいくら用意したらいいのかイメージできない人は多いのではないでしょうか?ここでは、結婚に掛かるお金の目安と、結婚資金の上手な貯め方についてご紹介します。


総額500万円!?結婚に掛かる費用の内訳


まずは、結婚に掛かる費用にはどのような項目があり、何にどのくらいお金が掛かるのか把握しましょう。結婚はお祝い事だからと、ランクを次々上げればあっという間に高い出費になります。結納から新生活準備に掛かる費用の平均額を見て、どこまで費用を出すか考えるきっかけにすることもできます。

【結納・婚約から新婚旅行までに使った費用の平均】
平均総額…460.7万円
(内訳)
結納式の費用…17.3万円
両家顔合わせの費用…6.3万円
婚約指輪…34.0万円
結婚指輪(2人分)…23.8万円
挙式、披露宴・披露パーティ総額…352.7万円
新婚旅行…60.6万円
新婚旅行土産…11.7万円

【新生活準備のために掛かった費用の平均】
平均総額…76.5万円
(内訳)
インテリア・家具の購入総額…43.2万円
家電製品の購入金額…36.7万円

その他、新しい居住先を借りる場合、賃貸物件入居初期費用62.0万円(家賃10万円/月の時)、引っ越し費用10万円(単身引っ越し5万円×2)の追加費用も必要になります。

参考:「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」「ゼクシィ新生活準備調査2015 リクルートブライダル総研」「SUUMO引っ越し見積もり リクルート」


収入もあり?ご祝儀や親からの援助平均額

結婚式までの費用が460万円、新生活に掛かる費用が76万円以上と、考えただけでゲッソリしそうな金額ですね。ただし、一般的に、結婚資金には3つの原資が考えられます。

・親・親族からの援助金
・披露宴・披露パーティのご祝儀
・自分たちの貯蓄

気になる親・親族からの援助総額の平均は183.9万円、披露宴・披露パーティのご祝儀額平均は227.1万円です。ただし、親・親族からの援助やご祝儀は必ずしも期待通りに集まる資金とは言えません。

そこで、あらかじめ2人である程度の資金を用意しておくことが大切です。ちなみに、新婚夫婦へのアンケート調査では、結婚のために新郎新婦が用意した貯蓄額の平均は男性327.1万円、女性228.8万円、夫婦合同で366.7万円でした。予想以上(?)に先輩カップルたちは結婚のために貯蓄していることが分かります。

参考:「新生活準備調査2015 リクルートブライダル総研」


2人で300万円を目標にコツコツ貯める

高額になりがちな結婚費用ですが、出費を見直してある程度削ることは可能です。特に最も費用がかさむ結婚式・披露宴の規模を縮小すれば、かなりの費用を抑えることができます。

まずは結婚のどの項目にいくらまで費用を掛けるか2人で整理し、親・親族からの援助額とご祝儀の想定額を差し引いて、おおよその結婚資金を算出しましょう。

その上で、2人で目標としたい結婚資金の金額は300万円!1人あたり150万円を結婚に向けて準備しましょう。


婚約期間中に貯蓄する方法とは?


婚約期間はカップルによってそれぞれですが、結婚まで平均1年の期間を設けることが多いようです。この1年の間に、結婚資金を賢く貯める方法をご紹介します。

【結婚準備資金の口座を作る】
2人で力を合わせてお金を貯めるなら、結婚資金専用の銀行口座を作るのがおすすめです。月々の貯蓄額を収入に応じて決めて、給与から天引きするといいでしょう。

【ボーナスは全額結婚資金へ】
月々の給与から捻出できる金額は限られますが、ボーナスならまとまった金額を貯めることができます。仮に毎月5万円、ボーナス2回分合わせて60万円を積み立てた場合、2人合わせれば1年間で240万円と、目標300万円の8割を貯めることができます。

【日々の生活費を見直す】
婚約をきっかけに、保険料、携帯代、被服費、娯楽費など普段の生活費を見直します。なお、結婚後の生活を見据えて、家計簿を付けると収入と支出が目に見て効果的です。

【身の回りの品を断舎利】
新居に身の回りの品全てを持っていくわけにいきません。断舎利を兼ねてフリマやオークションで現金に替え、結婚資金にしましょう。

また、どうしても資金が貯められない時の手段の1つに、ブライダルローンがあります。ブライダルローンは、使途が限定されている分、フリーローンより金利が手頃です。ただし、返済計画を事前に立てなければ結婚後の生活を圧迫することがあることを忘れずに。


結婚資金を上手に貯めて楽しいスタートを

結婚資金を貯めるためには、目標金額を立てて、コツコツ積み立てることです。しかし、節約ばかりでは幸せなはずの婚約気分がトーンダウンしてしまいます。ときどきは旅行や外食を楽しむなど、息抜きをし、楽しい結婚生活を思い描きましょう。


1年で「100万円」貯める!手取り20万円でも成功する方法

毎月10万円が常識!?30代夫婦のリアルな貯蓄額の平均値まとめ

クオリティは下げずにリーズナブル!結婚式費用の節約方法


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 名義人が亡くなったら銀行口座はどうしたらいい?必要な手続きまとめ

  • 公的年金だけに頼らず老後資金の備えを!自分年金の作り方

  • 今すぐ生活改善できる主婦が知っておきたい10の貯蓄方法

  • 贅沢はできる!?年収1000万円の人の生活とは

  • 「掛け捨て」と「貯蓄型」、保険を選ぶならどっちがいい?

  • 銀行口座を開設するときの選び方。メインとサブの使い分け方法