1. TOP
  2. 結婚したら家計管理は夫と妻のどっちがやる?

結婚したら家計管理は夫と妻のどっちがやる?

2017/05/16 家計・節約 生活費 結婚
この記事は約 4 分で読めます。

結婚したら、夫婦で問題となりがちなのが家計管理の方法です。かつては主流であった、夫が小遣い制で、妻が家計管理を行う方法以外にも家計管理の方法はあり、多様化しています。

家計管理の方法は、夫婦のあり方に大きく影響を及ぼすものですが、妻が専業主婦か、共働きかといった収入形態によっても、適切な家計管理方法は変わってきます。そこで、結婚したら知っておきたい、家計管理の方法についてご紹介します。


夫は小遣い制で妻が家計管理する


妻が専業主婦、あるいは、パートで働いているなど扶養範囲内程度の収入の場合には、妻が家計を管理して夫にお小遣いを渡す、「小遣い制」を取っているケースが多いです。

妻がお金の管理が得意な場合に向いているやり方で、毎月の支出や貯蓄などは妻が管理します。夫の側は、銀行にも行かずに済むため楽なことがメリットですが、自分が稼いだお金の使い方が見ないことに不満を抱くケースも見られます。

家計費をオープンにすること、昇給などの際に夫のお小遣いを見直すことが上手くやっていくコツです。また、共働きの場合でも、夫の収入で生活をして妻が管理し、妻の収入は貯蓄に回す方法もあります。


夫が家計管理して妻に生活費を渡す

妻が専業主婦やパート勤務の夫婦の場合、夫が家計管理をして、妻に生活費を渡すやり方もあります。妻が浪費家で、夫の方がこまめに家計管理ができる場合に向いている形です。

妻の側は生活費を渡されるので、決められた範囲内でやりくりをすることで、家計費を予算内におさめやすいことがメリットです。ただし、生活費と妻の小遣いの境界が曖昧になりがちなことがデメリットになります。

一方、夫が生活費以外をどのように使っているのか妻はつかみにくく、夫の収入を妻が知らない場合には不信感を抱くケースもあります。また、妻がお金の管理に疎い場合、貯金や保険がどうなっているのか把握しておらず、夫が急に倒れた時に困りがちです。

夫が家計管理を担当した結果、貯蓄がどのくらいできているかオープンにすること、また、生活費の中の妻の小遣いを明確に分けておくことが、上手くいく秘訣と言えます。


共同口座を作って夫と妻で家計管理する

共働きの場合には、共同の口座、あるいは、共同の財布を用意して、夫と妻のそれぞれがお金を入れて、共同で家計管理をするやり方が多いです。このパターンはさらに、お互いに一定額を入れて、残りをお小遣いとして自由に使う方法と、お小遣いを決めて残りを生活費として共同口座に入れる方法に分かれます。

お互いに一定額を入れる方法では、同額を入れるケースもありますが、夫婦の年収の差が大きい場合には、年収に応じた割合で負担するケースが多いです。共同管理しない部分が多くなりがちな方法ですので、お金を使い過ぎてしまいやすく、貯蓄が貯まりにくいことがデメリットです。夫婦のお金を貯めていくためには、小遣い制にした上で残額を共同口座に入れる方法がおすすめです。


項目ごとに担当を決めて家計管理する


共働きの場合には、夫や妻の両方、あるいは、いずれかが家計管理を行うのではなく、支出項目ごとに担当者を決めて、どちらも財布のひもを握らない家計管理のやり方もあります。例えば、家賃と光熱費は夫、食費や雑費は妻が負担するといった方法です。

給料口座からお金を移す手間が省けて、担当する支出項目以外は、独身時代のように自由に使えることがメリットです。ただし、夫と妻がそれぞれ負担している金額が見にくいため、お互いに不満を持ちやすく、貯蓄も貯まりにくいことがデメリットです。また、子どものいる夫婦では、子どもに掛かるお金が分けにくいため向いていません。


結婚したら夫婦に合った形で家計管理しよう

夫と妻それぞれの収入状況や性格、あるいは、目指すべき夫婦のあり方によって、適切な家計管理の方法は異なります。自分たちの暮らしに合った形での家計管理となるように、夫婦で十分に話し合うことが大切です。


月々の家計をコントロール!結婚した時から始まる夫婦のマネープラン 

育児休業中の給料はもらえるの?育児休暇制度を徹底解説

今すぐ生活改善できる主婦が知っておきたい10の貯蓄方法


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • シングルマザーの貧困の原因とは?貧乏を抜け出す方法

  • 夫婦別財布のメリットとデメリット。有効な家計管理方法とは

  • 兄弟でも権利がある?遺産相続の謎を解く!

  • 定年退職後の生活費はいくらかかる?老後の支出と必要貯蓄額

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • これは絶対試したい! 一人暮らしのためのすぐできる節約術