1. TOP
  2. 自動車ローンに頭金は不要?頭金を支払うメリットとデメリット

自動車ローンに頭金は不要?頭金を支払うメリットとデメリット

車を購入するときはまとまった資金が必要になります。ただ、手元に現金がないのであればローンを組んで購入することもありますよね。車などの大きな買い物をする場合は頭金が必要になることもあります。「新車を購入したいけれど頭金は絶対に支払うべき?」「そのメリットやデメリットは?」などの疑問についてご紹介します。


車のローンに「頭金」は必要なのか


新しく車を購入する場合、その頭金は必ずしも必要ではありません。以前は頭金を準備しなければローンを組めなかったようですが、最近はフルローンで車を購入する方がほとんどだと言われています。

車を購入するときの支払方法はご家庭によってさまざまです。

・ローンを組むと金利が発生するので無駄な支払いを少なくするために頭金を用意する
・購入価格の2/3は頭金で支払い1/3はローンで月々返済する
・全額ローンで支払う
・現金一括で支払う など

もちろん現金一括で支払えるのであれば、ローンを組む必要はありません。ただ、まとまった資金がない場合は支払計画を立てなければなりません。


頭金の準備はどのくらい?

頭金を準備する場合は購入したい車の10%~30%の金額を支払うことが多いようです。

基本的に頭金の上限金額の設定はないので、購入額30%以上の資金を準備して先に支払うこともできます。ただ、お金を借りる銀行によって最低支払金額が設けられているところがあるので、一定基準より少ないときは頭金として認められない場合もあるようです。

最低金額は購入額の10%前後を設定している銀行が多く、300万円の新車を買うのであれば少なくても30万円以上の頭金を用意することになります。


頭金が必要になる場合

一般的には頭金を準備しなくてもローンを組めますが、年収や返済額によって頭金が必要になる場合があります。

年収に対して年間の返済金額が大きい場合は、頭金を支払って調整する必要があります。年間の返済金額は自動車ローンに加え、その他のローン、クレジットカード支払い、奨学金の返済などが挙げられます。トータルの支払いが年収の35%~40%に収まらなければ、頭金を準備する必要が出てきます。そのため、その他にローンがいくつかある、クレジットカードを頻繁に利用するなど、毎月の支払いが多い方は頭金を用意しなければならないでしょう。

自分の年収よりも車の購入価格の方が高い場合、頭金を支払わなければならないこともあります。これはお金を借りる金融機関の基準によるものなので、購入時に確認してみてください。

また、頭金なしでローン申請をしても車の購入金額が融資可能額を超えたときは、超過分を支払う必要があります。融資可能金額は審査の際に決定されるので、ローン申請を出した後に頭金を求められることもあります。

ただ、頭金を準備しても審査に通らないケースもあるようです。キャッシングなどの借入れが複数件あるときは審査に通りにくくなるので、まずは他の借入れを減らしてから車の購入に進めてみましょう。


頭金を支払うメリット


車の購入に頭金を準備する方は全体の20%~30%くらいだと言われていますが、頭金を支払うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。車の購入時に頭金を準備するべきかを見ていきましょう。


審査に通りやすい

頭金を入れることにより返済能力における信用が高まりローン審査に通りやすくなります。金融機関からお金を借りるときは返済が前提になるので、確実にお金を返してくれる人が対象となります。金融機関からはまとまった頭金を用意できる人ほど「返済能力が高い」と見られる傾向にあるようです。

また、お金を借りるときは融資可能額や年間返済金額の大きさなども審査に関わります。頭金を収めることで借入額が少なくなることでも、審査の通過に影響すると言えるでしょう。


ローンの返済額が少なくなる

頭金を支払うことで毎月の返済金額が少なくなります。

例えば300万円の車を5年ローン(返済回数60回)で購入する場合、毎月の返済額は次のようになります。

頭金なし:50,000円
頭金30万円:45,000円
頭金50万円:約41,000円
頭金80万円:約37,000円
頭金100万円:約33,000円

頭金を用意しなかった場合は毎月5万円の支払いになりますが、30万円を用意できれば45,000円、100万円を用意できれば約33,000円と毎月の支払額を軽くできます。ローンの支払いにはこの上記の支払金額に利息が加算されます。そのため頭金を用意するほどトータルの支払い額が少なくなるので、余計な支払いを無くす上でも大きなメリットとなります。

また、他にローンを組む予定があるときは、年間返済額を少なくするために頭金を用意すると審査の際に有利でしょう。毎月のローン返済額が少なくなることで、年間返済額を抑えられます。教育ローンや住宅ローンなどを一緒に組むこともあるので、できるだけ頭金を揃えて年間返済額を増やさない工夫を取り入れてみましょう。


金利が下がる場合も

頭金を用意することで金利が下がる金融機関もあるようです。頭金の支払いは返済能力が認められ、同時に借入れる金額も少なくなります。そうすることで、それだけ金融機関の貸し倒れリスクが減るので金利が下がると言われています。

金利は金融機関によって異なりますが、一般的に頭金がない場合は3%前後を設定しているところが多いようです。頭金を準備することで基準から0.3%くらい下がったり、金融機関によっては2%前後まで低くなるところもあるようです。


頭金を支払うデメリット


頭金の支払いはメリットばかりに思えますが、デメリットになることもあります。

車購入時の頭金は少なくても支払額の10%以上なので、購入金額が200万円の場合は20万円、300万円では30万円と、いくらかまとまったお金が必要になります。さらに、毎月の支払いを少なくしたい場合であれば頭金の支払額を上げなければなりません。

ただ、数十万円のお金を1度に支払う場合、資金をすぐに準備することは難しくなります。あらかじめ車の購入用にお金を貯めておく必要があるので、頭金を用意するためには時間がかかります。そのため、車を買いたいと思ってから数カ月くらいはタイムラグが生じてしまいます。

また、貯めているお金を使う場合は、その後の生活に影響がないよう貯えを残しておく必要があります。仕事を辞める、病気をする、家具家電が壊れるなど、急にお金が必要になることもあります。万が一、他の支払いが必要になったときに困らないよう、残しておくべきお金まで頭金に使ってしまわないように注意しましょう。


頭金の準備方法

頭金のメリットとデメリットを見比べてみましたが、車のローンを組むのであればできれば少し資金を準備しておきたいですね。資金作りは次の方法を参考にしてみてください。


購入計画を立てて貯金を始める

車の購入を急いでいないのであれば、購入計画を立ててお金を貯めていきましょう。お金を貯めるときはどの価格帯の車が欲しいのかを具体的に決めて、貯金計画を考えると良いですね。

【半年後に150万円くらいの自動車を買いたい場合】
購入予算:150万円
貯めたい頭金:30万円(予算の20%)
貯金期間:6カ月
1カ月の貯金額:5万円

この場合、車購入時に金融機関から借りるお金は120万円となるので、利息をのぞくと24回の2年払いで月々5万円、36回の3年払いで月々33,000円の返済額になります。毎月の支払いが頭金の貯金額と同じくらい、もしくは少ない金額であれば、家計を見直すことなく車を購入できます。

反対に、毎月の支払いが多くなるときは、家計を見直して支払い計画を立て直す必要があります。また、頭金の貯金が難しい家計であるならば、車の購入自体が難しくなると考えられるでしょう。


車を下取りしてもらう

すでに自分の車を持っていて新しい車を購入したい場合は、下取りに出すと頭金に変えられます。下取りはその車の価値や取引先の基準により値段が設定されるので、売却先をいくつか比較すると良いですね。

Aの取引先では安い評価でも、Bの取引先で見積もると高価格になるという場合があります。何社か見積もってもらうことで買い取り価格の高い取引先を選べます。

車の買い替えのために頭金を急いで準備したいという方は、資金作りに活用してみましょう。


車の購入に必要なお金とは


車を購入するときにどのくらいの費用が必要になるのかご存じですか?車の購入には本体価格だけではなく、その他の費用もプラスされます。


購入時に必要な費用

車の購入時に必要な費用は次のようになります。

項目 内訳
本体価格 車体価格+オプション価格
消費税 車体価格+オプション価格の8%
自動車取得税 普通車:取得価格3%/軽自動車:取得価格2%
自動車税

軽自動車 10,800円

1リットル以下 29,500円

1リットル超~1.5リットル以下 34,500円

1.5リットル超~2.0リットル以下 39,500円

2.0リットル超~2.5リットル以下 45,000円

2.5リットル超~3.0リットル以下 51,000円

3.0リットル超~3.5リットル以下 58,000円

3.5リットル超~4.0リットル以下 66,500円

4.0リットル超~4.5リットル以下 76,500円

4.5リットル超~6.0リットル以下 88,000円

6.0リットル超 111,000円

リサイクル料金 6,000円~18,000円
ナンバープレート料金 1,500円~1万円
車庫証明などの手数料 自分で行う場合 500円~3,000円/代行の場合 1万円~3万円
納車費用 2万円前後

上記の表を見ると車を購入するときは、本体価格に自動車取得税や自動車税などの費用が加算されます。細かい内容は地域や購入するディーラーによって異なるようです。自分で車を取りに行った場合は納車費用がかからないなど、減らせる費用もあるようなので詳しくは購入の際に確認してみましょう。


購入後に必要な維持費

車を購入すると維持費が費用になります。

・自動車税
・車検代
・自賠責保険
・任意保険
・ガソリン代 など

これらの維持費は車を使用するならば、必ず支払っていかなければなりません。

車検は新車を購入すると1回目は3年後に、2回目以降は2年ごとに行います。車検時には5万円~10万円くらいの費用がかかります。また、任意保険とガソリン代は毎月支払っていくものなので、車のローンと一緒に家計の支払項目に含めておかなければなりません。


車のローンを組むときは計画的に

車を買うときは購入時の費用に加えて維持費が必要になります。そのため、ローンを組むときはその後の支払いも考えて計画を立てるようにしましょう。頭金は必ずしも必要ではありませんが、メリットを考えるとできるだけ資金を準備すると毎月の返済金額を抑えられます。

ただ、貯金を全て車の頭金にあててしまうと生活に支障が出てデメリットとなってしまいます。そのため、頭金は購入金額の10%~20%くらいで考えると良いですね。

高額のローンを組むときは計画的に進めていくことが重要なので、無理のない返済方法を選んでくださいね。


持ち家購入のタイミングはいつがベスト?時期による損得を検証します!

お金を貯めるには固定費の見直しから!すぐに実行できる節約方法3つ

預金より有利な資産運用!貯蓄性のある保険4つ


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 持ち家購入のタイミングはいつがベスト?時期による損得を検証します!

  • へそくりの隠し場所はどこがいい?本当に見つからない場所4選

  • 貯金もおまかせ!スマホの優秀家計簿アプリ8選!!

  • 住宅ローンの手数料で定率と定額はどう違う?メリットやデメリット

  • 夫婦別財布のメリットとデメリット。有効な家計管理方法とは

  • 公的年金と私的年金は何が違う?メリットや違いをチェックしてみた