1. TOP
  2. 「掛け捨て」と「貯蓄型」、保険を選ぶならどっちがいい?

「掛け捨て」と「貯蓄型」、保険を選ぶならどっちがいい?

生命保険には、掛け捨ての保険と貯蓄型の保険があります。掛け捨ての保険は保険料は安いものの、保険事故が起きなかった場合に支払った保険料が無駄な気がしてしまうものでもあります。

一方、貯蓄型の保険は、解約返戻金や満期保険金などがある分、保険料が無駄になることはないものの、掛け捨ての保険に比べて保険料が割高なのがネックになって加入をためらってしまうこともあると思います。ここでは、掛け捨ての保険と貯蓄型の保険、どっちに入った方がいいのか比べてみました。


保障のある安心感を買う「掛け捨て」の保険


掛け捨ての保険には、定期保険を代表として、逓増定期保険、逓減定期保険、収入保障保険などがあります。これらの保険の特徴は、保険期間(満期)が決まっていて、満期までの期間内に死亡や高度障害など保険事故が起こった場合に、あらかじめ決められた保険金の支払を受けることができるということです。

満期が来ても満期保険金はありませんし、途中で解約した場合の解約返戻金はないかあってもごくわずかです。こういったとくちょうから、満期までの間に何事もなかった場合、支払った保険料が丸々損した気分になってしまうのもうなずけます。

でも、そもそも保険は貯金とは違い、万が一の時のための保障を準備するものです。支払った保険料がたとえ10万円であっても、保険事故が起これば1,000万円とか2,000万円とかあらかじめ決められた保険金を受け取ることができます。

小さい子どものいるお父さんが亡くなってしまったら、子どもたちはどうなるんだろう……そんな不安を保険金の支払によって解消してくれるのが掛け捨ての保険です。


貯金の代わりにもなる「貯蓄型」の保険

貯蓄型の保険には、終身保険、養老保険、長期平準定期保険などがあります。貯蓄型の保険の特徴は、満期時に満期保険金を受け取ることができたり、一生涯にわたって死亡保険金を受け取ったりする権利が継続することなどです。保険会社は将来の保険金の支払に備えて責任準備金を積み立てるので、途中で解約してもそれなりの解約返戻金を受け取ることができます。

貯蓄型の保険は、貯金と同じようにも考えることができ、支払った保険料が無駄にならないという安心感があります。

人生ではいつどんなお金が必要になるか予想できません。何かがあった時に保険を解約すれば現金(解約返戻金)が受け取れるのは心強いものです。


「掛け捨て」×「貯蓄型」、得な保険はどっち?


掛け捨ての保険と貯蓄型の保険は、そもそも機能が違いその保険に加入する目的が異なるものであることが分かったと思います。とはいえ、「じゃあ掛け捨てと貯蓄型のどっちが得なの?」という疑問はあるでしょう。そこで、保険金が同一である条件において30歳で保険に加入した場合、それぞれの保険料総額がどのくらい違うのかを比較してみました。

【掛け捨て(定期保険)の保険の場合】
保険種類:定期保険(60歳満期・30年)
死亡保険金額:1,000万円
保険料:3,890円

【貯蓄型(終身保険)の保険の場合】
保険種類:終身保険(60歳払い済み)
死亡保険金額:1,000万円
保険料:24,530円

【支払保険料総額】
定期保険:1,400,400円
終身保険:8,830,800円

どちらの保険も死亡保険金は1,000万円、保険料の支払は60歳までの30年間になりますが、支払う保険料の額には大きな違いが出てしまいます。掛け捨ての保険は30年で約140万円の保険料、貯蓄型の保険は30年で約883万円の保険料の支払となり、その差は6.3倍にもなってしまいます。

それでは、貯蓄型よりも掛け捨ての保険の方が圧倒的に得ということなのでしょうか。

ここで忘れてはいけないのは、解約返戻金の存在です。例えば貯蓄型保険を60歳で解約した場合、一般的に支払った保険料の80%程度の解約返戻金が戻ってきます。支払保険料総額が約883万円であれば、解約返戻金は約710万円です。差額の173万円が実質的な保険料と考えても良く、掛け捨ての保険と比べても30万円程度しか違いません。

解約返戻金は年を追うごとに増えていくので、60歳で解約するよりも65歳で解約した方が解約返戻金は多くなります。また、終身保険であれば途中で解約しなければ、死亡保険金(1,000万円)を受け取る権利は一生涯にわたって継続します。


「掛け捨て」と「貯蓄型」、見極めのポイントは?

掛け捨ての保険と貯蓄型保険にはそれぞれのメリットがあり、どちらがいいかは一概に言えません。加入する人のライフスタイルや考え方によって、どちらを選んだ方が得かは変わってきます。それでは、掛け捨ての保険を選んだ方が得な人と貯蓄型の保険を選んだ方が得な人をタイプ別に見ていきましょう。

【掛け捨ての保険が得な人】
掛け捨ての保険のメリットは、保険料が安いことです。子どもが小さいうちは一家の大黒柱が万が一のことを考えると多額の保障が必要になります。

一般的に、小学生の子どもが2人いる場合、少なくとも3,000万円程度の保障は必要です。この額の保障を準備できるのは保険料の安い掛け捨ての保険ならではです。

掛け捨ての保険に加入した方がいいのは、子どもが小さいなどで多額の保障が必要な人や保険料を安く抑えたい人です。

【貯蓄型の保険が得な人】
貯蓄型の保険は貯金の代わりにもなるので、保険に死亡保障を期待するだけでなく、将来のためにお金を貯めたい人は貯蓄型の保険がおすすめです。特に自分でお金を貯めるのが苦手な人は、保険に加入することで強制てきに貯金をすることができるわけです。

ただ、貯蓄型の保険のデメリットは保険料が高いこと。高額な死亡保障が必要な場合、その全てを貯蓄型の保険でまかなうのは難しいでしょう。


高額な保障が必要なら掛け捨ての保険が得!

掛け捨ての保険と貯蓄型の保険を比較してみました。どちらが得かは人によって異なりますが、高額な死亡保障が必要な人は掛け捨ての保険がおすすめです。貯蓄型の保険は貯金代わりになりますが、自分で運用したいという方は、あえて保険には入らず、株式などで運用するという手もあります。


預金より有利な資産運用!貯蓄性のある保険4つ

生命保険の保険料は月額いくら?保障額の平均は?~30代の生命保険

へそくりの隠し場所はどこがいい?本当に見つからない場所4選


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • マイホームを買ったら税金が戻る、住宅ローン控除ってどんな制度?

  • 共働き家庭の夫のお小遣いはいくら?平均と金額の決め方

  • 持ち家派と賃貸派、結局どっちが得なのかを比較してみた!

  • 生活費の支出を見直し節約につなげる8つの方法 ~夫婦編~

  • 一人暮らしの家計簿診断!1年で100万円を貯めるやりくり術

  • 厳選して受験すべし!意外に掛かる大学受験の費用