1. TOP
  2. パートで働く主婦のお小遣いの平均は?リアルな家庭事情を調査!

パートで働く主婦のお小遣いの平均は?リアルな家庭事情を調査!

結婚をすると夫の給料を生活費のメインにあてて、パートで働いて主婦をするという方が多いのではないでしょうか。ですが、パートはフルタイム勤務と比べて収入が少ないので、お小遣いの設定金額にも悩むところです。

それでは、今どきの主婦は自分のお小遣いをいくらくらいにしているのでしょうか。毎月の平均とリアルな家庭事情をチェックしてみましょう。


パートで働く主婦のお小遣いの平均はいくら?


主婦のお小遣いの実態はフルタイム、パート、専業主婦によって、金額が異なります。博報堂による2013年の「子供を持つ既婚女性の就業形態と消費に関する調査結果」では、次のような結果が出ています。

毎月のお小遣い 実際に使った金額
全 体 16,478円 11,037円
フルタイム 26,725円 18,716円
パート・アルバイト 15,562円 10,769円
専業主婦 14,942円 9,919円

参考:http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2013/03/20130311.pdf

主婦のお小遣いの平均を見てみると、フルタイムでは2万円以上のお小遣いがあるようですがパートや専業主婦では15,000円くらいが平均となっています。やはり、働き方や収入によってお小遣いの金額は大きく異なるようですね。

上記のデータを見ると毎月のお小遣いと実際に使った金額に差があることもわかります。パート主婦の場合はお小遣い15,562円に対して、実際には10,769円しか使っていません。つまり、毎月4,793円は貯金などに回していると考えられます。

毎月15,000円というお小遣いの中でも「家計のために貯金をする」という堅実な主婦が多いこともこのデータから確認できます。


主婦のお小遣いの使い道

主婦のお小遣いの平均は約16,000円ということがわかりましたが、どんなことに使っているのでしょうか。女性の必要なものと言えば、化粧品や美容代、衣服などがあります。

・化粧品代 3,000円~5,000円
・美容代 5,000円前後
・衣服代 3,000円~5,000円
・書籍 1,000円~2,000円
・交際費 5,000円前後
・貯蓄 5,000円前後

主婦のお小遣いの平均的な内訳は以上のようになります。女性のお小遣いの使い道は専業主婦なのか、働く主婦なのかによっても内訳が異なります。

専業主婦であれば仕事の付き合いがないため、化粧品代は少なく書籍や交際費にお小遣いを多く割り当てる傾向にあります。一方で、パートやフルタイムで働く主婦は、化粧品代が多く書籍や衣服代が少ないという場合が多いようです。また、交際費の内容は専業主婦の場合はランチなどの食事が主になりますが、働く主婦の場合は仕事の付き合いがメインになります。

このように、生活スタイルによってお金の使い道は異なります。ただ、主婦のお小遣いの内訳を見てみると、専業でも兼業でも限られたお小遣いの中で貯金をしながらやりくりしている女性はとても多いと考えられます。


パート主婦のリアルなお小遣い事情


主婦のお小遣いの平均金額をご紹介しましたが、実際の家庭事情はどのようになっているのでしょうか。

夫の扶養内でパートをしている場合は、月に約8万円の収入がある主婦が多いようです。パート主婦のお小遣いは、自分の給料から割り当てているようですね。

実際に自分のお小遣いとして設定している金額は、

・給料の1割~2割
・2万円
・全額
・お小遣いなし

など、家庭によってさまざまです。給料の1割というケースでは、8万円の収入で8,000円のお小遣いということになります。中には、お小遣いはないという場合もあり、先ほどの主婦の平均お小遣いにも満たないという家庭も見られます。


パート主婦のお小遣い格差が生まれる理由

働くパート主婦のお小遣い事情を見てみると、家庭によって大きく差があることがわかります。パートで働いているにも関わらず格差が生じる理由は、夫の給料のみで生活ができるかというところが大きく関わってきます。住宅費や食費などの生活費を全て夫の収入だけで支払えるという家庭では、妻のパート代は全てお小遣いというケースが多い傾向にあります。

つまり、夫の収入が少ない家庭ではパート代を生活費として補う必要があるので、妻のお小遣いも必然的に下がると考えられます。

ただ、パート代を全て自由に使えるという主婦であっても実際に自分のために全額使っている方は少なく、自分のお小遣いは2万円~3万円以内に抑えて残りは貯金に、パート代は全額貯金して夫の給料から毎月1万円をお小遣いとしてもらうという主婦の方が多く見られます。

お小遣いの使い方は自由ですが、お金に余裕があっても「消費するよりは貯蓄」と考える女性の方が今の日本では多い傾向にあるようですね。


お小遣い貯金の使い道

主婦のお小遣い貯金の使い道は、

・化粧品や美容代
・子どもの教育費
・家族旅行のため
・いざというときの貯金

などの目的が多いようです。自分のお小遣いからの貯金は長期的な将来の蓄えというよりは、短期的な楽しみのために貯金をする傾向が強いことがわかります。

毎月のお小遣いが少ないというケースでは、化粧品がなくなったときのためや美容院代として貯金をします。お小遣いに余裕があるというケースでは、将来の子どものためや家族でレジャーなどを楽しむためにお金を貯めるという女性が多いようです。

また、夫の給料からの貯金は老後資金などの長期的な蓄えに、お小遣いからの貯金は急な支出に対応できるようにと考えている主婦もいます。このように役割を決めて貯金ができると、病気で入院したときや冠婚葬祭、家電が壊れたときなどの急にお金が必要になる場合も安心です。


主婦のお小遣いの決め方

主婦のお小遣いの理想的な決め方は、世帯収入によって金額を考えると良いでしょう。家計を管理するためには主婦のお小遣いを単体で考えるよりも、「夫婦のお小遣い」としてまず予算を決めてみてください。

夫婦の理想的なお小遣いは世帯収入の1割です。1カ月の夫婦全体の手取りが30万円の場合は3万円、40万円であれば4万円という計算になります。家計の支出内容によってもお小遣いに割り当てられる金額は異なるので、実際にいくらくらいに決定をするかはそれぞれの家庭によって変わります。

あくまでも理想的な家計の割合ですがもし収入の1割を夫婦のお小遣いにあてる場合は、全体の手取りが30万円だとすると3万円を2人で分けることになります。パート主婦の場合は夫の方がメインで働いているために、妻よりも夫の方に多くお金を渡すというのが一般的によく見られます。

パート主婦のお小遣いの平均金額15,000円でも少なく感じるという方もいますが、世帯収入が上がり手元のお金が増えなければお小遣いは増えません。お小遣いを高く設定したために家計が苦しく貯金ができないのでは、生活自体が崩れることにもなりかねません。

もし、お小遣いが少ない、もう少し自由に使えるお金が欲しいと思ったときは、収入を増やす工夫を取り入れてみると良いでしょう。


お小遣いを増やすための方法


主婦がお小遣いを増やしたいと思ったときは、すき間時間を活用できる方法がおすすめです。家事や育児、パートなどがあると、その他に仕事を増やすことは難しくなります。そのため、空いた時間にいつでも手軽にできる方法を取り入れていきましょう。


お小遣いアプリで稼ぐ

「お小遣いアプリ」はスマホのアプリケーションを使ってアンケートに答える、紹介されているアプリをダウンロードするなどをしてポイントを貯めて稼ぐものです。お小遣いアプリはすぐに大きな収入には結びつきませんが、コツコツと空いた時間を見つけて毎日利用することで月に数千円を稼げます。

多く稼ぐコツは複数のアプリを同時に利用することです。1つのアプリだけでは月に1,000円も稼げないという場合でも、いくつかのアプリを活用することで収入を増やせます。

また、アプリ経由でショッピングをするとポイントが加算されるというものもあるので、必要なものを購入するときに活用すると効率的にお小遣いポイントを貯められます。


フリマアプリで稼ぐ

最近は「フリマアプリ」に出展して、お小遣いを稼ぐ主婦が増えています。自分がもう使わない洋服や子どものおもちゃ、ハンドメイド作品など、フリマアプリに出展して買い手がつくと自分が設定した金額で購入してもらえます。

フリマアプリは店舗型の中古ショップに売るよりも、高い価格で購入してもらえることが多いと人気になっています。

趣味でハンドメイドを楽しんでいるという主婦は、自分の作品をアプリ経由で販売している方もいるようです。


副業をはじめる


お小遣いをコツコツ貯めるよりも家計の収入を増やしたいという方は、ネットビジネスなどの副業をはじめて見ると良いでしょう。主婦であればアフェリエイトブログがおすすめです。

自分の興味のある分野のブログを作りアフェリエイト広告を貼ります。ブログ訪問者が増えると毎月広告収入が手元に入ります。アフェリエイトブログの収入は上限がないので、成功すると世帯収入を大幅に上げられます。

ネットビジネスによる副業は稼げる仕組みを作ることで不労所得になります。長期的な収入源をつくりたい方はぜひ挑戦してみてください。


お小遣いを増やす仕組みづくりを

パート主婦のお小遣いの平均金額が約15,000円と聞いて、多いと感じたでしょうか?少ないと感じたでしょうか?自分が理想とするお小遣いの金額は、本人の使い方によっても異なります。ただ、主婦のお小遣いの使い道は自分が欲しいものを買うためだけではなく、将来のためや子どものためにお小遣いから貯金をしたいという方ばかりです。

家族のための貯金を安定して続けていくにはお小遣いの金額を増やすのが一番ですし、たまには自分のためにまとまったお金を使いたいときもあります。生活には何かとお金が必要になりますが、少ないお小遣いではなかなか自分の想いは実現できません。

そのため、豊かな人生を過ごそうと思ったら、収入を増やす仕組みを取り入れていくと良いですね。自分のお小遣いだけではなく世帯収入が大幅に増える副業はおすすめなので、ぜひ夫婦で実践してみてください。


知ってるだけで得しちゃう!困った時にお金をもらう8つの方法

受給資格が10年に短縮!年金はいつからもらえるの?その額は?

気になる夫のお小遣い事情!平均相場と渡す金額の決め方


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • サラリーマンの給与事情!平均年収と中央値が違う理由

  • 在宅ワークの収入ってどれくらい?気になる副業収入をチェック!

  • 個人事業主になるにはどうする?開業までに必要な準備とは

  • どっちが得?マイホーム購入と賃貸住まいの生涯コストを徹底比較

  • 将来ピンチ!貯金できない主婦の原因と今始めるべき3つのこと

  • 上手に無理なく節税しよう!自営業の経費と生活費の境目