1. TOP
  2. 住宅ローンの選び方。必ず知っておきたい5つのポイント

住宅ローンの選び方。必ず知っておきたい5つのポイント

「そろそろマイホームの購入を検討している」という方は、いらっしゃるのではないでしょうか。はじめての住宅ローンは何かと不安なことばかり。選び方がわからないという場合もありますよね。そこで、必ず知っておきたい5つのポイントをまとめてみました。安心して住宅購入ができるよう、早速チェックしてみましょう。


住宅ローンの選び方!5つのポイント


住宅ローンの選び方は金利や返済方法、諸費用などを確認すると良いですね。

・今の金利はどのくらい?
・どの金利タイプがいいの?
・住宅ローンの相談はどこでするもの?
・返済方法にはどのようなものがあるの?

など、知っておきたいことはたくさんあります。

住宅ローンを利用するときは、融資を受けるときの仕組みを知っておくことが大切です。借入れ前に参考にしたい、5つのポイントをご紹介します。


金利を確認

住宅ローンの選び方は「金利」をチェックすることが重要です。

金利によって返済金額が大きく変わるため、はじめの金融機関選びはとても大切。

金利はできるだけ低い方が少ない返済金額で済みますが、金利タイプによっても異なってきます。

また、金利が低い銀行を選びたくても、ローン審査に通過できないという場合もあります。

そのため、いくつか金融機関の候補をあげておく、ローン審査に通過できるようにキャッシングやクレジットカード利用を控えるなどの、申請準備を進めていくと良いでしょう。


金利タイプの選び方

住宅ローンの金利は主に、

・固定金利
・変動金利

から選べます。

固定金利は返済中に金利が変わることがなく一定となり、変動金利は半年ごとに金利か変わっていきます。

金利タイプの選び方は、それぞれのメリットとデメリットを見て考えると良いですね。

【固定金利】

メリット
・返済期間中の金額が一定なので安定している
・金利が上がったときも借入時に設定された金利で返済できる

デメリット
・金利が下がったときに高い金利設定のまま返済しなければならない

【変動金利】

メリット
・借入時の金利が安い
・低金利が続くときに有利

デメリット
・返済金額が金利に左右される
・金利が上がったときにすぐに影響を受けてしまう

金利タイプを選ぶポイントは、返済金額の安定性や安さを比較してみてください。

安定性を優先したいときは固定金利、借入時の安さを優先したいときは変動金利を選ぶ方が多いようです。

また、3年、5年、10年間などの一定期間の固定金利もあるので、自分の返済計画に合った金利タイプに決めてみてください。


諸費用を確認


住宅ローンを利用するときは、諸費用が必要になります。諸費用の金額は金融機関によってさまざまです。

その内容は、
・保証料
・事務手数料
・保険料
などが挙げられます。

保証料や事務手数料は借入金額の数%の費用が必要になる金融機関もあれば、負担のない場合もありさまざまです。これらの費用は金利に上乗せされる、ローン返済額に含まれるなど支払方法は金融機関によって異なります。

諸費用が多く必要になるだけ住宅購入費用が増えるので、金融機関を選ぶときの参考にしてみましょう。


返済方法を確認

住宅ローンを利用するときは返済方法を確認しておくと良いですね。

返済方法の確認ポイントは、
・金利タイプは途中で切り替えができるか
・親子リレーローンなどの利用はできるか
・繰り上げ返済の方法
・元利均等返済と元金均等返済の途中切り替えはできるか
などをチェックしておきましょう。

特に、繰り上げ返済を利用したいときは、金額や手数料などを確認すると良いでしょう。できるだけ繰り上げ返済を活用して早めにローンを返したい場合は、手数料負担のない金融機関を選ぶと安心です。繰り上げ返済できる金額も決まっていることがあるので、合わせて見ておきましょう。

また、住宅ローンの返済途中で金利が大きく変動した場合は、金利タイプを切り換えた方が良いときもあります。そのため、途中変更は可能か、手数料はどのくらい必要になるかなども合わせて確認しておきましょう。


情報収集の方法

住宅ローンは購入時だけでなく、完済するまで長期的に付き合っていかなければならないものです。そのため、返済方法や仕組みについて、できるだけ理解を深めていきたいという方は多いはずです。

住宅ローンの情報を集めるためには、
・インターネット
・金融機関
・住宅販売業者
などが一般的に活用されています。

インターネットは情報量が多く公平性が高いので、自分が納得するまで知りたい情報をしらべることができます。金融機関や住宅販売業者を活用すると、より詳しい専門的な意見が聞けたり、質問するとすぐに回答がもらえるのがメリットと言えるでしょう。

はじめての住宅ローン選びはわからないことも多いので、住宅販売業者やインターネットなどを活用して、できるだけ有利に返済できるように進めていきましょう。


資金調達の準備ポイント


住宅を購入するときは資金が必要になります。

・頭金はいくら必要?
・住宅ローンが利用できる範囲は?
・諸費用はどのくらいかかる?

など、考えておきたいポイントはたくさんあります。

資金調達や計画方法を見ていきましょう。


30年後までのプランを考える

住宅を購入するときは、30年後までの長期的なプランを計画する必要があります。

住宅のために必要な費用は、購入時の資金とローンの利用だけと考えている方は見直しをしてみると良いですね。

資金準備のポイントは、
・手持ちの現金はいくらあるのか
・購入時に準備するお金はどのくらいか
・購入後に必要になるお金はどのくらいか
以上の3つを考えてみましょう。

手持ちの現金・預金の金額を確認し、住宅の頭金、諸費用、引っ越し資金など、どれにどのくらいの予算をあてるかを考えることが大切です。

また、住宅購入後は次のような資金が必要になります。

・固定資産税や不動産取得税
・住宅の修繕費
・毎月のローン返済
・金利変動時の準備
・繰り上げ返済のための準備
・子どもの教育費の準備
・老後の生活費 など

これらを見ると、住宅購入後にも多くの費用が必要になることがわかります。そのため、手持ちにある現金をどのくらい住宅のために割り当てるかを決めることはとても重要なのです。

住宅費で貯蓄していたお金のほとんどを使ってしまい、その後の生活に余裕がなくなってはいけませんので、長期的な計画を立てて上手に資金を活用していきましょう。


賢い「現金」の使い方

住宅ローンを少なくするために、できるだけ多くの頭金を準備したいものです。ただ、住宅を購入するときは、頭金以外にも必要になる費用があります。

特に、注文住宅を選んだ場合は、家を建てているときにプラスのお金が必要になる場合もあります。当初に見積もっていた予算を超えてしまうときもあるので、手持ちの現金は余裕を見て残しておくと安心です。

注文住宅購入時に必要になる支払いは次のものが挙げられます。

・土地手付金(土地の申込時)
・土地決済金(土地の購入時)
・工事着手金(工事請負契約時 工事代金の10%)
・工事中間金(工事代金の40%)
・建物決済金(完成時 工事代金の残金)
・住宅ローンの申し込み費用
・火災保険料
・登記費用
・外構工事費用
・引越し費用
・不動産取得税

これらの支払いのタイミングは売り主によっても異なるので、条件に合わせて資金を準備しなければなりません。住宅ローンを利用したいときは、融資のタイミングを合わせる必要があります。間に合わない場合は「つなぎ融資」などの利用を考えなければなりません。

そのため、実際に現金の準備がどのくらいかかるかは、事前に業者などに確認しておくようにしましょう。


予算に見合った家を探す

住宅購入のために準備できる頭金の予算を決めたら、住宅ローンの利用金額を調べてみましょう。自分がいくらまでの融資を受けられるかを知ることで、返済計画や購入できる家を下見できます。

住宅ローンの上限金額がわかったら、返済計画を立ててみましょう。

住宅ローンは長期的に毎月支払っていかなければならない費用です。そのため、返済額は年収から考えるよりも、毎月の手取りから考えた方が無理なく支払いを続けられます。

毎月の家計計画に合わせて、負担にならない金額を借り入れることをおすすめします。


住宅ローン減税制度を活用


住宅ローンを利用した場合、「住宅ローン減税制度」により所得税や住民税を控除してもらえます。

住宅ローン減税制度は金利の負担を軽くするために取り入れられている国の制度です。

この住宅ローンによる控除を利用するときは確定申告が必要になり、毎年2月中旬ごろに税務署に申請することになります。

会社員の場合は住宅購入1年目に限り、個人で確定申告を行わなければなりません。2年目以降は税務署から申告用紙が届くので、年末調整の際に勤め先の会社に提出をすることになります。

住宅ローン減税制度を利用するときは、まず個人で申請をしなければ控除を受けることができません。そのため、制度があることを知らなければ、損をしてしまうことになります。

住宅ローン減税制度は10年間利用できるので、毎年必ず申請していきましょう。


ライフプランに合った住宅ローンを

住宅の購入は一時的なものではなく、長期的なものと考えて資金計画を立てることが大切です。特に住宅ローンの選び方は、目先の金利だけでなく返済期間全体を考慮した金利を選ぶようにしてみましょう。固定金利、変動金利のそれぞれのメリットとデメリットを比較して、決められることをおすすめします。

また、住宅購入時にはいくつかの諸費用が必要になります。ローンを利用するための手数料が必要になる場合は、返済金額が大きく上乗せされることもあります。そのため、無駄な費用を抑えるためには、仕組みを理解して自分の返済計画に合った金融機関を選ぶことがポイントとなるのです。


いくらまで購入可能?マイホームの価格の考え方

資産運用よりも効果的?住宅ローンの繰り上げ返済、上手な活用法と注意点

積立で投資信託!長期運用に最適なインデックス型投信


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 投資が苦手な方にお勧め!銀行預金と貯蓄型保険を活用した資産運用術

  • 月々の家計をコントロール!結婚した時から始まる夫婦のマネープラン 

  • 公的年金と私的年金は何が違う?メリットや違いをチェックしてみた

  • いくらまで購入可能?マイホームの価格の考え方

  • 夫婦別財布のメリットとデメリット。有効な家計管理方法とは

  • 共働き夫婦の家計やりくり方法。別財布は貯金が増えない原因に