1. TOP
  2. 年収1000万円の男性と結婚すると贅沢できる?生活の実態とは

年収1000万円の男性と結婚すると贅沢できる?生活の実態とは

年収1000万円の男性と結婚ができれば将来は安泰!と、密かに玉の輿を狙っている女性はいませんか?貧乏に暮らすよりも、できればお金の不安を感じることなく生活をしていきたいものです。そのため、女性であれば結婚するときに相手の経済力が気になってしまうことでしょう。年収1000万円くらいの男性と結婚すると、どんな生活が送れるのかを見ていきましょう。


年収1000万円の男性との結婚生活の実態


年収1000万円の男性と結婚すると贅沢な生活ができるのでは?と、理想を膨らませている女性は多いのではないでしょうか。年収1000万円クラスの男性と結婚をしたい女性は多いと思いますが、実際に手取りがいくらくらいでどんな生活ができるのかを知っていますか?

年収別に結婚生活の実態を比べてみましょう。


年収500万円以下の生活とは

年収500万円以下の男性と結婚した場合、

手取り年収は290万円
毎月の手取りは24万円前後

だと言われています。

夫の毎月の手取り額が24万円前後であると、妻が専業主婦というのは現実的に難しくなることでしょう。夫婦2人なら生活ができないということはありませんが、子どもが生まれると教育費や育児費が必要になるため、切り詰めた生活をしても赤字になることもあります。

男性だけの給与では急な支出に対応できない、貯金ができない、旅行などの楽しみがないなど、生活に余裕を感じられないため、夫婦で共働きをするという家庭が一般的です。

ただ、夫婦で共に正社員で働いた場合は世帯年収が400万円以上になることが想定されるので、経済的に余裕のある暮らしができます。将来の貯金や子どもの教育費用の準備など、普段からコツコツと積み重ねることで最低限の蓄えを実現できます。


年収600万円の生活とは

年収600万円の男性と結婚した場合、

手取り年収は430万円
毎月の手取りは36万円前後

だと言われています。

年収600万円クラスに上がると妻が専業主婦を選んでも、人並みの暮らしが叶えられると言われています。ただ、毎月の手取り額は36万円前後なので、贅沢をするとあっという間にお金が無くなります。

住宅費用や食費、子どもの教育費など1カ月の支出は多いため、旅行などの娯楽を生活に取り入れたいときは節約が必要になります。

さらに、住宅ローンの返済や子どもの進学のために、妻がパートに出なければならないというケースもあります。


年収1000万円の生活とは

年収1000万円の男性と結婚した場合、

手取り年収は700万円
毎月の手取りは58万円前後

だと言われています。

年収1000万円クラスの男性と結婚できると、経済的にゆとりが生まれるので専業主婦でも生活はできます。ただ、毎月の手取り額が多いだけ生活水準が上がってしまうので、贅沢をしたいと考えた場合は「お金が足りない」という事態を引き起こしてしまうかもしれません。

年収1000万円の住宅購入は5000万円台くらいが目安になります。地域によっては5000万円で理想的な住宅を選べることもありますが、都心など好立地なところでは5000万円では選べる物件がないというケースもあります。

収入が多い家庭では子どもの教育費にゆとりが生まれるため、小学校から私立に通わせることもできます。将来は理系の大学にと考えている場合は、塾代や学費などの教育費用がかさむためにやりくりが必要になります。

海外旅行も毎年行くことは難しいですが、数年に1回など家族で楽しめます。

外食や買い物なども比較的自由にできますが、収支のバランスに注意をしなければ全く貯金ができないという状態に陥っていまいます。年収1000万円でも貯金ゼロという家庭は意外と多いようなので、将来を現実的に考える力は必要になります。

一方、年収1000万円の男性でも、サラリーマンと自営業では手取りが異なることを知っておきましょう。年収1000万円以上を稼ぐ実業家と聞くと、社長という肩書きもあり婚活女性にとっては魅力的な相手でしょう。

ただ、自営業の場合は実質の手取り額がグッと少なくなります。収入自体は多くても従業員がいれば給料を払わなければなりませんし、稼いでいるだけ税金も多く支払わなければなりません。収入から必要な費用を差し引くと、手取りは半分以下になってしまうという場合もあるようです。

そのため、専業主婦になりたい、贅沢な生活がしたいという理由で、年収の高い男性と結婚したいという女性は理想とのギャップに悩まされることになるかもしれません。


年収1000万円クラスの職業とは


年収1000万円の男性と結婚すると贅沢をし過ぎることはできませんが、専業主婦になってゆとりのある生活を送ることができます。

年収1000万円の男性と結婚するためには、まずはそんな男性と出会わなければなりません。では、高収入の男性はどんな仕事に就いているのでしょうか。気になる職業は次のようになります。

・公務員
・医師
・弁護士
・パイロット
・IT企業
・テレビ局、出版社、マスコミ関係
・メガバンク
・上場企業の大手メーカー
・外資系企業
・会社経営者

公務員はキャリアによって年収が大きく異なりますが、国家公務員や警察官、消防士、自衛隊などは年収が高いと言われている職業です。給与面だけでなく退職金が多くもらえることでも安定型の賃金体系と言えます。

民間企業に勤めるハイクラスの男性を探すなら、大手のテレビ局や出版社、マスコミ関係、メガバンクなどが人気です。30代半ばであっても年収1000万円を超える人もおり、このようなエリートクラスはその後も年収が上がっていくことが予想されます。

高収入の男性と結婚したいときは、大手企業や上場企業の本社勤務であることに注目してみると良いでしょう。


年収1000万円の男性と結婚するには


年収1000万円クラスの男性と結婚したいという女性は多いようですが、男性としては自分をお財布としか見ていない女性は選びたくありません。

仕事ができる男性ほど結婚相手は内面で選びたいという方が多いのです。年収1000万円の男性が求める理想の女性像をご紹介します。


お金の管理ができる女性

「結婚したら夫はお金を全て家にいれるもの」と考えている女性は敬遠されてしまうかもしれません。

稼いでいる男性はお金の管理能力が高い傾向にあるので無駄遣いを嫌います。そのため、はじめから夫のお金を頼りに生活をしようと考えている女性は、お金の管理能力はあるのかと男性から不安に思われてしまいます。

また、夫がおこずかい制という家庭はいまだに存在しますが、年収1000万円クラスを稼ぐ男性は妻に自分のお金を全て預けることはほとんどないようです。妻が生活費をいくらかもらいその中で家計を管理するという家庭も少なくありません。

浪費が過ぎる女性は結婚対象にならない場合が多いので、お金を賢く使える力を身につける必要があります。


料理ができる女性

年収1000万円以上稼ぐ男性は基本的に多忙です。そのため、自分の健康管理が疎かになってしまうことが少なくありません。自炊をする暇がない、仕事の付き合いが多いなどで、食事は外食やコンビニ弁当で済ませるということがほとんどだと言われています。

20代であればそれでもやっていけますが、30代を過ぎると次第に健康面が気になるようになります。自分の体のことを考えて料理を作ってくれる女性がいればと結婚を意識するのが、年収1000万円クラスの男性の特徴です。

高収入の男性ほど結婚生活に求めることは家庭的な要素が大きいので、胃袋をつかむ料理を作れると良いですね。健康面に配慮したバランスの良いおいしい料理が作れることで、どの男性にも喜ばれることでしょう。


ポジティブで知的な女性

男性は結婚を決めるときに女性の内面を必ず見ています。外見が魅力的な女性はもちろん好ましいですが、ネガティブな発言が多い、会話が噛み合わないなど、居心地の悪さを感じると結婚生活を続けにくくなります。

特に、長い結婚生活において仕事上の相談をする場合もあります。新しいことに挑戦したい、判断に迷っていることを妻に相談するかもしれません。そんなときに、ネガティブな発言で夫のチャンスを潰してしまう、的外れな意見で相談相手にならないという場合は、頼りがいのない女性と思われてしまうでしょう。

そのため、男性と価値観を合わせる、対等に会話ができるように知識を高める努力は必要になります。


年収1000万円の男性と結婚すると孤独?


年収1000万円クラスの男性と結婚すると、孤独な生活が待っているかもしれません。

仕事のできる男性は基本的に家にいる時間が少ないので、専業主婦になると朝から晩までひとりで自宅にいるということも少なくありません。夫に出張などがあると1日誰とも会話をしていないという日も出てくるので、孤独な結婚生活で寂しさを感じてしまうこともあるでしょう。

さらに、子どもが生まれると、夫は多忙なために育児の手伝いは期待できません。当然のように毎日ひとりで育児をすることになります。実家が近ければヘルプを頼めますが、親が遠方に住んでいる場合はひとりで小さい子どもを抱えて家の仕事をこなすことになります。

そのため、家に引きこもり気味になる専業主婦は、孤独な結婚生活に耐えられないという場合もあります。結婚前にバリバリ仕事をしていた女性ほど家庭に閉じこもる生活に慣れていないために、外に出たいと強く想うようになります。

年収1000万円の男性と結婚すると幸せな生活が待っているか?と考えると、それは人によって大きく考え方が異なります。お金に余裕があることと結婚生活を幸せに感じることは必ずしもイコールであるとは限りません。


年収1000万円の男性との結婚生活は

年収1000万円の男性と結婚するには、

・賢くお金を使える
・家庭的である
・明るく知的

などの内面を高めることが重要です。

ただ、稼ぐ男性はお金の使い方に堅実なので、玉の輿にのりたい、専業主婦になって楽がしたいという女性では理想的な結婚生活を実現することが難しいかもしれません。

また、年収1000万円では夢のような贅沢な生活はほど遠いのが事実です。子どもを理系の大学に通わせて、毎年海外旅行をして、都内の一等地のタワーマンションに住んでと理想を膨らませている人は、現実的に考える必要がありますね。

自分の夢を叶えるためにはどのくらいの収入が必要か、そのためには何をしたら良いのか。男性だけの力に頼らないことも重要です。夫婦で協力するとこで世帯年収を上げることもできるので、結婚生活を充実させるために自分自身のスキルも高めていきましょう。


「なんとかなる」は大間違い! 人生にかかるお金を把握する

30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ

セレブ妻になれる人となれない人の違い。金持ち夫を持つ妻の特徴


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • セレブ妻になれる人となれない人の違い。金持ち夫を持つ妻の特徴

  • 毎月「1万円」だけを節約!ストレスフリーの生活費削減方法

  • 車の乗り換えはいつがお得?乗り潰すか買い換えるか

  • 結婚式に必要な費用とは?節約方法と値引きのコツ

  • 公的年金と私的年金は何が違う?メリットや違いをチェックしてみた

  • 毎月の生活費はいくらくらい?4人家族の平均内訳と節約術