1. TOP
  2. 結婚資金の実態を調査!女性の準備金の平均はいくら?

結婚資金の実態を調査!女性の準備金の平均はいくら?

2017/07/13 家計・節約 結婚
この記事は約 9 分で読めます。

将来的には結婚をしたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで気になるのは「結婚資金」です。結納や結婚式、新婚旅行、引越しなど、一体いくらのお金が必要になるの?と心配になってしまいますよね。女性が準備しておくべき結婚資金の平均額とはどのくらいなのか。実態を調査してみたのでチェックしてみましょう。


いくら貯めている?女性の結婚資金の平均額


付き合っている男性からプロポーズされても、お金がなければ結婚を躊躇してしまうこともあります。人生の節目である「結婚」は大きなイベントなので、披露宴や新婚旅行にこだわりたいというのが女性の本音なのではないでしょうか。

では、実際に結婚資金はいくらくらいが目安になるのかというと、女性は約260万円が平均金額だと言われています。260万円と聞くと意外と多いと感じる人もいるかもしれませんが、結婚式などで自分のやりたいことを実現したいと思った場合は大変多くの資金が必要になります。

男性の結婚資金の平均貯金額は270万円となっており、男性と女性の貯金を合わせると約500万円の準備金が用意できることになります。式や新婚旅行などの費用はお金がかかるものが多いので、これくらいを目安に貯めておくと余裕を持って結婚の準備ができることでしょう。

一方で、結婚資金を貯めていないという女性も意外と多く、貯金額は100万円以下というケースも見られます。

結婚資金を貯めてない女性は、

・結婚の予定がない
・相手の男性が資金を準備してくれる
・親が準備してくれる

などの理由があるようです。

相手の男性や実家がお金持ちという女性は、特別に自分で結婚資金を準備することは考えないという場合があるようです。また、現在パートナーがいないなどの理由で結婚の予定がないときは、資金の準備までは考えていないという場合も。ただ、スピード婚のように短期間で結婚が決まるケースもあるので、将来的に結婚を考えている方は少しずつお金を貯めておくと困りません。


結婚に必要なお金はいくらくらい?


女性が結婚資金として準備をしている平均額は260万円ですが、実際に結婚時に必要な費用はいくらくらいなのでしょうか。

結婚にかかる費用は大きく分けて次の5つになります。


結納と婚約指輪の平均費用

結婚をするときは両家の顔合わせで結納をする場合があります。結納は本人や家族の意向によってスタイルが異なります。

結納をする場合はホテルなどで行う場合が多く、会場の費用は10万円~20万円くらいが平均的な目安です。会場費の負担は女性側が全額持つ場合もあれば、両家で半々という場合もあります。

結納金は男性が女性に100万円くらいを渡すという形式が一般的です。結納金を受け取った女性はその半分を結納返しとして男性側にお礼をします。結納金は両家や本人同士の話し合いで結納返しを差し引いた金額で渡す場合や、女性は結納返しをせずに新生活の準備金にあてるというケースもあります。

結納はフォーマルウエアを着用するので、女性であればワンピースドレスを新調する人が多いようですね。ワンピースの購入は5万円前後、和装のレンタルであれば10万円くらいを目安にします。

婚約指輪を男性からもらうこともあるでしょう。婚約指輪は男性の給料の3カ月分が目安になっています。婚約指輪をもらった女性は、その半分の金額でお礼の品を渡します。

つまり、結納時に女性が必要になるお金をまとめると、

・会場費用 10万円~20万円
・衣装代  5万円~10万円
・婚約指輪のお礼 もらった指輪の半分

以上の3つが主な費用となります。


結婚指輪の平均費用

結婚するときは指輪を準備するのが一般的です。結婚指輪の相場は10万円~20万円くらいですが、ブランドや素材によってその費用が大きく変わります。こだわりのブランドでオーダーメイドをしたいという場合は、さらに大きな費用がかかることでしょう。

結婚指輪は男性側が全額支払うこともありますが、2人それぞれ身につけるものなので費用を折半するケースも少なくありません。費用の負担は2人の話し合いになるので、女性は10万円くらいを目安に準備しておくと安心です。


結婚式の平均費用

最もお金が必要になるのが結婚式と披露宴です。結婚式の費用は大体いくらくらいになるのか知っていますか?

結婚式・披露宴の相場は300万円~400万円が一般的です。

式の費用はゲストハウスやホテル、料亭など、行う場所によっても金額が異なります。高級なホテルやゲストハウスで式を挙げる場合は、一般的なホテルよりも割高になるケースがほとんどです。

結婚式や披露宴の費用には、

・式代
・披露宴会場代
・料理代
・会場装飾代
・ウエディング衣装代
・ウエディングアルバム代(前撮り費用)

などが必要になります。こだわりを追加するとそれだけ費用が上がるので、予算は多めに考えておくことをおすすめします。2人で500万円~600万円くらいの資金を準備すると、やりたいことを実現しやすくなります。

結婚式にかかるお金は式や披露宴だけではなく、ゲストのお車代や宿泊ホテル準備費用なども必要になります。招待する側として失礼がないように、きちんと地域の相場をチェックしておきましょう。

実際に必要になる結婚式の費用はご祝儀をいただくため、自己負担額は全体の30%くらいだと言われています。ご祝儀でゲストから70%前後は返ってくるので、実質の費用は100万円~200万円くらいを目安に考えると良いです。

結婚式の費用は男性と折半することが多いので、女性単独の準備資金は100万円くらいを考えておきましょう。


新婚旅行の平均費用

海外など、豪快に新婚旅行を楽しみたいときは、多めに結婚資金を貯めておきましょう。新婚旅行にかかるお金は最低でも30万円以上、平均金額は50万円~80万円くらいです。

旅行費を抑えたい人は国内を選ぶケースもありますが、人気の場所はハワイやヨーロッパなどの海外です。新婚旅行は1週間前後で楽しむ場合が多いので、宿泊日数が多いほど費用が高くなります。

また、旅費だけではなくお土産代もかかります。新婚旅行のお土産代は家族や友人、職場に配ることが多いので、平均10万円前後くらいだと言われています。

そのため、式で結婚資金を使い過ぎたということがないように、新婚旅行の費用計画も一緒に考える必要があります。


新生活準備の平均費用

結婚資金として貯めておきたいお金は、新生活の準備金も欠かせません。結婚式や新婚旅行にいくらお金を使うかは本人の自由ですが、生活に必要なものを準備しなければ結婚生活自体をスタートすることはできません。

新居の費用にいくらお金がかかるかは、引越しの有無や用意する家具や家電の多さによっても異なります。結婚後の住居はどちらかの家に住む、新しく家を借り直す、マイホームを購入するなど、人によってそれぞれです。

賃貸住宅を借り直すときは、敷金、礼金、家賃などの支払いがあるので30万円~50万円くらいの費用が必要です。引越しをするときは、業者を利用すると10万円~30万円くらいの料金がかかります。

マイホームを購入するときは頭金と諸費用で、少なくても300万円くらいは準備しておきたいですね。

新生活に必要な家具や家電の平均費用は、カーテン、ラグ、ソファ、食器棚などに20万円、冷蔵庫、洗濯機などの家電に30万円くらいが必要になります。

結婚後に共働き家庭となる場合は、家事の負担を軽くできるように時短家電を選ぶというケースも増えています。食洗機や乾燥機つきの洗濯機、ロボット掃除機などを購入したいときは、その分の資金をしっかり準備しておきましょう。

結婚するときの新居に必要なお金は、

・賃貸への引っ越し 40万円~80万円
・マイホームの購入 300万円~
・新しい家具や家電 50万円~

以上を目安に考えておきましょう。


結婚資金の貯め方


結婚資金は女性だけで、

・結納、婚約指輪のお返し 30万円~50万円
・結婚指輪 10万円くらい
・結婚式 100万円
・新婚旅行 20万円~40万円
・新居への引っ越し 50万円

合計210万円~250万円を目安にしておきましょう。

男性が多めに負担してくれる場合もありますが、2人で折半をするときや女性側が多めに負担するというケースもあります。

結婚資金の目安を250万円以上にする場合、1カ月あたりの貯金額は次のようになります。

2年で貯める場合:1カ月あたり10.5万円×24カ月=252万円
3年で貯める場合:1カ月あたり7万円×36カ月=252万円
5年で貯める場合:1カ月あたり4.2万円×60カ月=252万円

250万円以上の結婚資金を貯めたいときは、それぞれ1カ月あたり上記のような金額を貯める必要があります。貯金計画によって1カ月の負担額が大きく違うので、余裕を持って早めに貯めていくことをおすすめします。


結婚資金を準備できないときは

急な結婚などで資金が貯まっていない場合もあります。結婚資金を準備できないときはどのようにしたら良いのでしょうか。

結婚費用を抑えたいときは「結納をしない」という手段もあります。結納の有無は本人同士の話し合いで決められるので、最近は結納をせずに両家の顔合わせのみを行う場合も少なくありません。

女性側の実家に両家が集まって挨拶をする、料亭などで一緒に食事をするなど、簡単な顔合わせのみにして結納を行わないことで費用を抑えられます。

結婚式や披露宴の費用は、プランによって100万円以上の差が生じます。基本的なプランで平均300万円が目安になりますが、シーズンオフや仏滅に式を挙げることで会場料金が割引になるという場合があります。さらに、持ち込みや手作りを積極的に取り入れることで、2人のこだわりを取り入れながら費用を節約できます。

新婚旅行も旅行シーズンから外すことで、費用をカットできます。大きくコストを抑えたいときは、国内プランを選ぶと良いでしょう。海外に行くといくらか割高になってしまうことが多いので、国内の穴場を探して自分たちの楽しみ方を見つけると満足度も高まります。

新居の費用は見落としがちなので、結婚式と同様に早めから引越し計画を立てておきましょう。新婚生活ということもあり新しいものを揃えたくなりますが、どちらかが家具や家電を持っているときはそのまま使っても良いですね。

住む場所と最低限必要なものを準備しておけば、残りは生活しながら買い足せます。不要なものを買って無駄遣いをしないためにも、「後から買い足す」という方法を取り入れることをおすすめします。


いくら貯める?結婚資金の準備は計画的に

結婚が決まってからお金を準備するのは大変です。あらかじめ、結婚資金として貯金を進めておくと、急な場合もお金に困ることなく安心ですね。女性が準備金として貯めている平均額は260万円ですが、いくら貯めるべきなのかは地域の傾向や親の考え方もあるので事前にリサーチをしておきましょう。

「結婚」は一時のイベントではありません。その後の人生にも大きく関わることなので、計画的に資金を貯めて2人の希望のスタイルを叶えられるように準備をしてみてください。


結婚したら家計管理は夫と妻のどっちがやる?

「なんとかなる」は大間違い! 人生にかかるお金を把握する

毎月10万円が常識!?30代夫婦のリアルな貯蓄額の平均値まとめ


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • すぐに始める!ムリなく貯まる!賢い人の老後資金の貯め方

  • マイホームを夫婦共有名義にするメリットとデメリットとは

  • サラリーマンでも資産運用しながら節税できる! 日本版401k確定拠出年金とは

  • シンプルだから続く!「ノート家計簿」でお金を貯める方法

  • 住宅購入の諸費用はどれくらい?準備するお金と節約すべき費用

  • 30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ