1. TOP
  2. 共働き世帯で破綻!?年収800万円台の住宅ローン事情

共働き世帯で破綻!?年収800万円台の住宅ローン事情

共働きで年収800万円台の世帯では、一馬力世帯よりも高額の住宅ローンを組めます。それだけ好立地やこだわりのある家に住めますが、大きな借金を抱えているということも現実的に考えなければなりません。今、共働き世帯での住宅ローン破綻が増えてきています。その実態と注意するポイントを返済時の参考にしてみましょう。


年収800万円の落とし穴。共働き世帯の住宅ローン事情


年収800万円台の共働き世帯では、5,000万円以上の住宅ローンを組むことも可能です。5,000万円以上の住宅ローンを組んだ場合は、毎月の返済額は10万円以上(ボーナス返済込み)となります。

夫の年収550万円、妻の年収300万円、世帯年収850万円という家庭では、850万円÷12カ月=約70万円の収入となります。実際にはボーナス分や税金等の支払いがあるために手取り額はもう少し少なくなると考えられますが、それでも十分余裕のある月収と言えるでしょう。

例えば共働き夫婦の1カ月の合算手取り額が約50万円であった場合、住宅ローンの支払いが10万円でも残りは40万円となるので、その他の生活費への負担はほとんどかからないと言えるでしょう。

ただ、住宅ローンは「高額で長期的な借金」ということを知っておかなければなりません。住宅ローンの返済期間を35年にした場合、当然35年間は決められた金額を毎月払い続けなければなりません。

上記の例、夫の年収850万円、妻の年収300万円の世帯で考えたとき、35年間共働きで年収850万円を常に保てれば毎月10万円を支払い続けることは全く問題がないと言えます。しかし、これが夫だけの収入に変わってしまったらどうでしょうか。出産や子育てなどで妻が働けなくなると夫のみの収入で住宅ローンを支払わなければなりません。

夫の年収が550万円の場合、毎月の手取りは30万円くらいになります。30万円から10万円の住宅ローンを支払い、生活費や子どもの教育費、将来の貯金と考えると借金返済や日々の生活に不安を抱えてしまうことでしょう。

つまり、共働き夫婦は年収800万円台と世帯収入が多いだけ高額の住宅ローンを組めますが、返済期間中の年収が下がったときのリスクも考えておく必要があるのです。


世帯年収800万円の共働き夫婦の不安

共働きの世帯年収で住宅ローンを組めば、借入額がそれだけ大きくなります。実際に共働きの夫婦では2人の年収で住宅購入を検討する家庭が多くなりますが、同時に不安も抱えています。


住宅ローン借入額約2,800万円の世帯の場合

世帯年収:800万円(夫500万円 / 妻300万円)
家族構成:夫、妻、子供2人(夫の年齢45歳)
物件:中古マンション
借入期間:34年
返済額:毎月約6万円 / ボーナス時約16万円
金利:全期間固定1.41%
頭金:なし

世帯年収800万円で約2,800万円の住宅ローンは少し控えめな金額にも思えますが、この共働き夫婦の不安は年齢が40歳を超えているというところです。夫の年齢が45歳ということは、ローンの完済は定年退職後ということになります。65歳まで働いたとしても残り10年以上は、年金や貯金で住宅ローンを払い続けなければなりません。

定年退職後の支払いの負担を軽くするには「繰り上げ返済」が必要です。ただ、子どもがいれば教育費用がかかります。子どもが大学を卒業するまでは授業料と住宅ローンで家計が圧迫されるため、繰り上げ返済が難しい場合がほとんどです。

さらに、60歳を過ぎると年収が下がることが想定されます。妻が現役の場合は妻の収入をメインとして生活をしていくことになりますが、何の準備もしていないときは家計に余裕がない生活を過ごすことになるでしょう。

このように、定年後に住宅ローンが残ってしまうような家庭では、年収800万円台でお金に余裕がある時期を見極めてローンの繰り上げ返済や貯蓄をしっかりしておく必要があります。


住宅ローン借入額約3,300万円の世帯の場合

世帯年収:800万円(夫500万円 / 妻300万円)
家族構成:夫、妻、子供1人(夫の年齢34歳 / 子供2人目を希望)
物件:新築一戸建て
借入期間:35年
返済額:毎月約9万円 / ボーナス返済なし
金利:変動0.67%
頭金:200万円

年収800万円台の共働き世帯では、3,000万円以上の住宅ローンを組む家庭が多くなります。毎月の返済額はボーナス返済の有無で支払額が異なります。ボーナス返済なしで35年の住宅ローンにしているこちらのケースでは、毎月9万円の支払額になります。

こちらの家庭もローンの完済は夫の定年退職後になりますが、65歳まで働いた場合は残り4年前後なので貯蓄して準備をしておくと大きな負担にはならないでしょう。

不安なポイントは「子供2人目を希望」というところです。子供をもう1人希望しているということは、妻が産休で働けない期間が生じるということです。その間は産休の手当てを受給できますが、実質夫の給料だけで生活をしていかなければなりません。

年収500万円の1カ月の手取りは25万円前後なので、9万円の住宅ローンを支払うと残りは16万円となります。子供2人を育てる場合は日々の生活費や将来の教育費が増えていきます。さらに、育児に専念したいと妻が仕事を辞めるケースも考えられます。

そのため、これから子育てがはじまるという家庭では、長期的な将来設計を考えた上で住宅ローンの借入額を決めるようにしましょう。


高額住宅ローンのメリットとデメリット


世帯年収で住宅ローンを組むと当然支払いの不安はありますが、メリットもそれだけ大きくなります。共働き家庭が世帯年収で住宅ローンを組むメリットとデメリットは次のようになります。

メリット

・1人の年収では住めない住宅を選べる
・駅が近い、環境が良いなど好立地
・内装などこだわりのある建物に住める
・ステータスになる

メリットは夫のみなど1人の収入では住めない場所や物件を選べるということです。できるだけ駅に近い方が良い、都心に住みたい、通勤が便利な場所に住みたいなど、好条件を求めるほどに購入価格は大きくなります。

物件価格が膨れ上がると、1人の年収では住宅ローンの審査に通過できません。住みやすい場所を選ぶなら、共働きで世帯年収が多い家庭の方が選択肢が広がり満足度の高い住宅を購入できます。


デメリット

・一馬力になると支払いが困難
・万が一働けなくなったらなど、お金の不安を抱えやすい

デメリットは世帯年収が下がったときに支払いが困難になるということです。常に800万円の年収であれば問題はありませんが、夫や妻のどちらかが働けなくなる場合もあります。

特に女性は出産や育児などで退職を考えることもあります。そうした場合は急に一馬力の収入に減額してしまうので、住宅ローンが大きいあまりに生活費が足りないという事態を招いてしまうケースも少なくありません。

また、高額のローンを組んでいるときは、「支払いができなくなったら」という不安を抱えやすくなります。返済期間中に病気になる、会社をクビになる、離婚をするなど、万が一の出来事が引き起る可能性もあるのです。


共働き夫婦が住宅ローン破綻を防ぐには

世帯年収800万円をキープできれば、高額の住宅ローンでも支払い続けられます。ただ、返済期間が30年以上もあるときは、リスクを考えたローン完済プランを考えておく必要があります。共働き夫婦が住宅ローンで破綻しないためには、次の手段を取り入れてみてください。


頭金を多めに入れる

世帯年収で住宅ローンを組むときは、万が一に備えられるように頭金を多めに入れておきましょう。現在は頭金なしでも住宅を購入できますが、共働き世帯の場合は一馬力収入に変わりローンが払えなくなったときのことを考えて、頭金を準備する必要があります。

可能であれば、住宅を売ったときに借金が残らないくらいの頭金を入れることをおすすめします。また、販売するときのことを考えて、立地の良い場所を選ぶとより安心です。

さらに、繰り上げ返済も積極的に取り入れていきましょう。住宅ローンは購入して10年間は控除の対象になるので、繰り上げ返済は控除がなくなる10年以降からはじめると良いですね。購入してから10年間はしっかり貯金を行い、その後は早めに完済を行ってみてください。


育児サポートの環境を整える


妻が仕事を辞めてしまう原因は、「子育て」が関係することが多くなります。家事と育児、仕事を両立させなければならない女性にとっては心身的な負担が大変大きいので、生活の負担を和らげたい場合は仕事を辞めなければなりません。

特に小さな子供を育てている家庭では育児のウエイトが膨大なので、子供が体調を崩す、保育園の送り迎えなどがあると、女性がフルタイムで働きにくいというのが現状です。子供が小さく妻が主に育児をする場合は正社員を辞めてパートで働くという就業形態に変わり、必然的に世帯年収が減少していきます。

妻の育児の負担を減らし正社員としての年収をキープするためには、サポート環境を整えなければなりません。子供が保育園を休んだときに実家に預けられる、残業で迎えに行けないときに頼める環境があるなど、妻だけが育児の負担を抱えないという工夫を取り入れる必要があります。


共働き世帯は住宅ローンの返済プランを考えよう

年収800万円の共働き世帯は、優良な住宅を選べるだけ返済のリスクが生じます。そのため、世帯年収が減少したときに「どのように高額なローンを支払っていくか」ということを考えておかなければなりません。

仮に35年間10万円を支払っていく場合は、月の手取りが50万円であるときと、30万円であるときを比べると生活水準に大きく差が開きます。実際、手取り30万円で住宅ローンを10万円払った場合でも、子供を育てながら残りの20万円で生活することはできます。

ただ、これまで毎月50万円で生活していた家庭では、それだけ生活水準が上がっているので質を下げることが難しくなります。「節約をしたら良い」と安易に考えている家庭は、このとき大きなダメージを受けるので住宅ローンで家計が破綻することになってしまいます。

これらのリスクを防ぐには、収入を減らさない工夫やどのように貯蓄を増やすかなど、住宅ローンの返済計画と合わせて資産運用も考えてみてください。


住宅ローンを払えない時にするべきこととは

得する家計の見直し術!3つの固定費削減で支出を大幅カット

資産運用よりも効果的?住宅ローンの繰り上げ返済、上手な活用法と注意点


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • クレジットカードは必要性大!使うべき理由とムダ遣いを防ぐコツ

  • クオリティは下げずにリーズナブル!結婚式費用の節約方法

  • 主人が亡くなり相続税が心配!1億6000万円まで配偶者控除が受けられる?

  • 固定金利で安心!住宅ローンのフラット35とは?

  • 投資が苦手な方にお勧め!銀行預金と貯蓄型保険を活用した資産運用術

  • マイホームを買ったら税金が戻る、住宅ローン控除ってどんな制度?