1. TOP
  2. 貧乏から脱出したい!真の解決方法を考えよう

貧乏から脱出したい!真の解決方法を考えよう

2017/08/17 稼ぐ・副業
この記事は約 9 分で読めます。

貧乏から脱出したい!

アメリカの自己啓発本などでは、次のような解決策が指南されています。

「お金を稼ぐのではなく、お金に稼がせなさい」
「一流企業で働くのではなく、会社のオーナーになれ」
「お金持ちになりたければ節税を知れ」

アメリカの格差拡大の本質は、給料やボーナスなどの年収格差ではなく、資産の格差だと言われています。

お金持ちは巨額の資産をファンドに投資します。ファンドはエスタブリッシュメント(東部の超一流大学アイビーリーグ出身者で固まったインナーなコミュニティー、アメリカは日本より遥かに学閥が強固なのです)同士のインサイダーな情報交換を足掛かりに、一般投資家を出し抜き高い収益を上げることができる、といった図式です。

そんなお国柄ですから、「お金に稼がせる」のもみんなが納得です。ですが日本人にはしっくりくるでしょうか。

今回は、われわれ日本人のメンタリティーにしっくりくる、「もっと稼ぐ」に焦点を当て、貧乏脱出法を考えてみましょう。


日本で貧乏は拡がっている?


(本当の意味での貧乏は減っている)
アフリカや南西アジアでは、今でも1日1.90ドル以下で暮らす人たちが7億人いると言われています。このラインは「絶対的貧困」と呼ばれ、「これ以上収入が少ないと生命を維持できない」水準です。世界銀行がこの基準をきめていて、ちょっと前までは1日1.25ドルがボーダーラインでした。

この絶対的に貧乏な人たちは、アジア・アフリカ圏の急激な経済成長の恩恵を受け、減り続けています。ちなみに1990年代には18億人、2008年にこの層は14億人いたと言われています。たった10年間で半減したのです。とくに東アジア(中国・韓国・台湾・日本)では、10億人近くいた絶対的貧困層が10分の1以下に減りました。

ちなみに絶対的に貧乏な人は、日本に殆ど存在しないでしょう。

(日本で増えている貧乏とは)
一方、日本を始め先進国で増えている貧困は、「人並み以下の生活しか送れない」相対的貧困です。

子供2人で両親が揃っている家庭なら、全国年収中央値の1/2に相当する年収300万円が相対的貧困ラインで、このラインを下回る層は6人に1人とも言われています。ちなみにこの比率は、先進20か国の中でアメリカに次ぎ4番目に高い数字です。

年収300万円で食べるのにも困るということは無いでしょう。問題は、人並みの生活が送れないことにあります。狭いアパート、子供も塾に通わせられない、(独身なら)仕事が不安定で結婚に踏み切れないといったことでしょうか。貯金もできず、将来の生活も不安です。

そうすると、ネガティブな感情にどうしても囚われてしまうのです。他人を妬む(貧乏な人は芸能界の不倫やドラッグなどのスキャンダルが大好きです)、自分はどうせだめだと捨て鉢になる劣等感、苦労を避け楽な道に逃げる刹那的な生き方、そしてますます貧乏の深みにはまっていきます。


ウシジマくんに破滅させられるろくでなしたち

闇金ウシジマくんにお金を借りに来るろくでなしたちといえば、ギャンブル好き医療機器営業マン、見栄の張り合いで風俗に堕ちるOL、夫に内緒で株の信用取引に手を出した主婦・・・・みなさん社会の底辺で蠢いています。5日に10割という法外な利息を払いきれず、最後には悲惨な末路を迎えます。

みんな違法な闇金業者「カウカウファイナンス」の被害者です。それでもこの人たちには全く同情を覚えません。なぜでしょう?

彼らが貧乏から抜け出せず、最後に闇金に嵌まったのは、「破滅」ではなく「自滅」です。

彼らは、自堕落な生活を送り、自分の欲望から浪費癖が治らず、労せず儲けるために株に走る、見栄や射幸心を抑えきれない、そして貧乏から抜け出せないのです。

あなたが貧乏なのは運の無さもあるでしょう。しかし自分の運を呪っても何も解決しません。そもそも今の生活習慣、時間の過ごし方、お金の使い方に問題ないですか?そもそも努力が足りないのではないですか?

貧乏から抜け出したければ、まず自分自身を見つめ直しましょう。


儲ける方法を見つけるのではなく稼ぐ知恵を身に付ける

世の中には、さまざまな儲け話がまことしやかに溢れています。

「引きこもりから1億円稼ぐデイトレーダーに」
「頭金0でもワンルームマンション大家で年収1千万円」
「FXで専業主婦が2千万円稼ぐ」

あながち嘘ではないでしょうが、貧乏から抜け出したければ先にやるべきことがありませんか?

それは稼ぐ知恵を身に着けることです。商売の神様、松下幸之助はこんなことを言っています

「まず汗を出せ、汗の中から知恵を出せ。机の上で考えていても知恵は出ない」

机の上でいくら考えても稼ぐための知恵は身に付きません。行動と経験を通じ、汗をかきかきする中で、稼ぐための知恵を工夫するのです。

出も知恵を生み出すその前に、日常の習慣を見直すことが第一歩です。


日々の習慣を見直すために①10年後の姿を描く


まず行動や経験が大切といっても、やみくもに動けばいい訳ではありません。灯台があるからこそ、船は霧の中でも進むべき航路がわかるのです。

あなたは濃い霧の中にいませんか?まず灯台を見つけましょう。

食うや食わずの生活を送っていたり、月々のクレジット返済に追われていると、明日のことや目の前のことでいつも頭がいっぱいになりがちです。

一旦頭をリセットして、10年後の自分の姿を描いてみませんか?定職に就いている、(自営なら)経営が軌道に乗っている、調理師など手に職をつけている、あわよくば独立している、アパート暮らしから抜け出している、同棲している彼女と結婚している、外車を手に入れている、何でも構いません。

10年後が描けないなら、来年の姿でも構いません。まずは描くことが大切です。


②無駄なお金や時間を削る

未来のあるべき姿が描けたら、日々取るべき行動も見えてきます。24時間365日は貧乏人にも平等に与えられます。あるべき姿に向けって日々を無駄なく使うのです。限られたお金も何に使うべきかはっきりしてきます。

「食うために仕事が目いっぱい入ってるし、お金だってギリギリだよ」

貧乏から抜け出せない人の決まり文句です。本当でしょうか?

時間が無いと言いながら漫然と休息を過ごしていませんか。ボーっとバラエティー番組を眺めていたり、ファミレスで大して美味しくないものを食べながら、実りない会話を繰り返したり。

通勤時間、電車を見渡すと、スマホをいじっている人が圧倒的です。ネットニュースをサーチ、課金ゲームに夢中という人もいるでしょう。他人事ながら情けない話です。

タバコをやめればどれだけ節約できますか、自分だけでなく家族の健康にも影響を与えます。スナック菓子を惰性で食べていませんか?糖分・塩分を過剰に摂取し、肥満を招き心臓に負担をかけます。パチンコで家を建てた人はいません、家をつぶした人はいますが。
課金ゲーム・タバコ・スナック菓子・パチンコ、貧乏な人はそうした惰性から抜け出すことができません。意思の力が働かないのです。比較的裕福な人は意識的にこうした嗜好を生活習慣の中から排除しています。

10年後の未来のために、無駄なお金や時間を削ってみませんか?


③規則正しい生活を送る

夜勤や接客業など、夜働かなければならない人はごめんなさい。そうでなければ、まずは早寝早起きから始めましょう。テレビを意味なく見続けていつの間にか夜更かししてしまう、友達とファミレスで意味のない会話を繰り広げる、そうした怠惰な生活習慣から抜け出すのです。

まず、朝起きたら、日の出とともに散歩してみませんか?短い距離でもいいのです。日頃の仕事や生活のストレスがリセットされ、すがすがしい気持ちで1日をスタートできます。歩いていると、日常を改善するアイデアがひらめくこともあります。ふとした街の変化から、職場でのコミュニケーションにつながる話題が見つかったりといいことづくめです。

一日が規則正しく始まることで、その日を計画的に過ごそうとの気構えも生まれるのです。


④すき間時間を上手に使う


忙しい毎日、まとまった時間は取れないかもしれません。そんなときはすき間時間を活用しましょう。通勤時間だって有効に使えます。友人は、電車に乗っている時間を活用し、TOEICのスコア200点アップに成功しました。こうした時間を使って役に立つことを学べば、大きな成果を産みます。

勉強ばかりでは息が詰まります。その友人は、自宅から駅まで徒歩の間に好きなアーティストをチェックしていました(マネをするなら、車に気を付けてください)。

何も勉強だけとは限りません。中吊り広告を眺めるだけでも良いのです。でも、ただ漫然と眺めるだけでは芸がありません。

例えば、紳士服チェーンの中吊りが中国語併記になっていたり(インバウンドの影響でしょう)、過払い金請求の広告が幅を利かせていたりと世の中の変化を感じ取るのです。また、週刊誌の中吊りなどは、注意を惹くフレーズの使い方も意外な発見があります。

1日たった15分でも、1年間で90時間、10年間だと900時間です!ちょっとした努力が大きな差を産むのです。


⑤お金をかけずにスキルアップする

スキルアップ、なにもお金をかけて英会話学校に通うだけが選択肢ではありません。外国語を学びたいなら、朝のラジオ放送でも充分です(テキストは月500円です)。スマホのポッドキャストでも、さまざまなアプリが提供されています。

それでも、一番スキルを学ぶべきは仕事の経験です。手に職が就く仕事を選べば、稼ぎながらのスキルアップも夢ではありません。

例えばガソリンスタンドなら、危険物取扱の資格を取得すれば、任される仕事も増え給料もアップするかもしれません。最近は車検を取り扱っているスタンドも増えています。車検整備士などの資格を取得すれば、自動車整備にも携われます。

資格を取るのが目的ではありません、資格を足掛かりに仕事の幅を拡げ、経験を積んでいくのです。


最後に-貧乏脱出を通じて自分を磨こう

生活習慣を変えることができたら、貧乏脱出への具体的行動をとりましょう。

どんな単調な仕事でもおろそかにしてはいけません、例えばエクセルに顧客データを打ち込むような派遣仕事でも、ショートカットなどのテクニックを磨けばより効率的作業が可能です。チーム内で共有できればチームの業務品質も上がり、あなた自身も評価されます。

貧乏脱出への道は、自分磨きです。仕事でも日常でも、絶えず試行錯誤を繰り返し、仕事に役立つ知恵を身に着けていくのです。


個人事業主が節税できる老後資金の貯め方3つ

スキマ時間でお小遣い稼ぎができる?アンケートサイトで稼ぐコツ5つ

実は簡単!500円玉貯金を成功させる4つのコツ


ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 芸能人はどのくらいお金持ち?有名芸能人の年収まとめ

  • パートで働く主婦のお小遣いの平均は?リアルな家庭事情を調査!

  • 顧問契約の費用対効果は?税理士の秘密を洗い出す!

  • 何度もダメ出しを喰らわない!相手を惹きつける事業計画書の書き方

  • 起業しよう!失敗しない方法を4つの簡単ステップで解説!

  • スマホでコツコツお小遣い稼ぎ!すきま時間で月3万円稼ぐ方法4選