1. TOP
  2. 「100万円」を貯める方法とコツ!貯金が成功する1年計画

「100万円」を貯める方法とコツ!貯金が成功する1年計画

2017/09/16 家計・節約 生活費 貯蓄・貯金
この記事は約 10 分で読めます。

お金を貯めたい気持ちはあるけれど、なかなか貯金がはかどらないという方は多いのではないでしょうか。お金を貯めたいときは、ちょっとしたコツと方法を取り入れると良いですよ。必ず貯金が成功する1年計画を立てて、まずは100万円貯金を成功させてみましょう。


100万円の敷居は低い


貯金がない人から見ると「100万円って高額なのでは!?」と夢のような金額に思えるかもしれませんが、冷静になって考えると意外と少ないお金だということを知っていますか?

20代~30代の1カ月の平均収入は25万円~30万円前後となっているので、「100万円」というお金は3カ月分に少しプラスしたくらいの金額となります。つまり、言い換えると、100万円は3カ月もあれば消費できるお金と考えることができます。

3か月で使い切れるほどのお金とイメージすると、意外と少ないと思いませんか?

また、いざというときのための貯金は、給料の3カ月分~半年分ほどの蓄えが目安になります。月収30万円前後の方であれば、まずは100万円を目指すと急な転職や病気の際にもお金の心配をせずにしばらくは安心して暮らしていける貯金額となります。


1年間で100万円を貯めるには

さて、1年間に100万円を貯めるには、1カ月あたりいくらを貯金していけば良いのでしょうか。

貯金を始めるときは、1年間の貯金計画を立てると目標を達成しやすくなります。1年間に100万円を貯めるのであれば、1カ月あたり84,000円の貯金が必要になります。

これまで貯金がはかどらなかったというケースから考えると、84,000円は少し高額に思えてしまいますよね。毎月の貯金額が高くてすでに挫折しそうという方は、いくつかの貯金計画を立ててみましょう。

毎月の貯金額 ボーナスより補填 1年の貯金額
プラン1 84,000円 なし 1,008,000円
プラン2 50,000円 200,000円×2回 1,000,000円
プラン3 60,000円 140,000円×2回 1,000,000円
プラン4 70,000円 80,000円×2回 1,000,000円

1年間に100万円を貯める計画を4つ挙げてみました。毎月84,000円を貯めるよりも、ボーナスを活用して補填した方が毎月の貯金額を抑えながら目標を達成できます。

ただ、ボーナスを活用する場合は注意が必要で、必ずもらえるわけではないということも頭においておかなければなりません。ボーナスは会社の経営状態によって左右されるので、希望の金額をもらえるとは限りません。そのため、確実に1年間で100万円を貯めるには、毎月の貯金額を84,000円に近い金額に設定することをおすすめします。

また、結婚して共働きのご家庭であれば、「毎月1人42,000円ずつを貯金する」というように、お金の出どころを分散させても良いでしょう。1度に8万円は高額に感じますが、1人4万円と考えることで貯金に対するハードルも低く感じられます。


1年で100万円を貯める方法


お金を貯めるには毎月の貯金額を確保しなければなりません。収入から生活費を差し引いて余ったお金を貯金にしようと考えている方は、まずは貯金脳に頭を切り換えてみましょう。

お金を貯める基本は「先取り」です。給料が入ったらまず貯金用口座にお金を移します。その後、余ったお金で1カ月の生活費のやりくりすることが目標を達成するためのコツになります。

必要な生活費よりも残るお金が少ないときは、支出を見直す必要があります。


無駄遣いをなくす

生活費を削減したいときは無駄遣いを減らす方法を考えていきます。無駄遣いを減らすにはお金の流れを把握することが重要です。毎月どのようなことにお金を使っているのかをピックアップして、必要な支出と無駄遣いの線引きを行ってみましょう。

例えば、毎日コンビニで飲み物を購入している場合は、コーヒーやお茶を持参することで支出を減らせます。飲み物代として毎日200円を使い続けると、1カ月で200円×30日=6,000円の出費になります。

また、仕事中の昼食を外食で済ませているという場合は、1食700円~1000円くらい使っていることでしょう。これをお弁当に変えることで1食あたり300円くらいの食費に収まります。1カ月間で比べると外食の場合は700円×20日=14,000円、お弁当の場合は300円×20日=6,000円となり、8,000円も節約できます。

このように少しずつでも毎日の出費をカットすることで、1カ月あたり1万円以上も無駄遣いをなくせます。「コンビニの飲み物から水筒の持参に変える」というように、他の支出項目でも代替えできるものがないか探してみましょう。100円でも毎日の出費をなくすことが無駄をなくすコツです。


固定費を見直す

毎月の支出を1万円以上減らしたいときは固定費の見直しを行ってみましょう。固定費とは家賃や住宅ローン、医療保険、通信費、水道光熱費、車の維持費などが挙げられます。

家賃や住宅ローンは、引越しやローンの借り換えを行うことで大幅に支出を減らせます。家賃は収入に見合った価格帯を選ぶことが大切です。家賃を減らしたいときは大家や仲介業者に交渉して料金を引き下げてもらう、今よりも安いところに引っ越すなどを考えてみましょう。住宅ローンは金利の低い銀行を探して借り換えの手続きを行います。借り換える前にはメリットが出るかを確認することが大切です。

手軽に見直せる固定費は保険料や通信費です。毎月高額の保険料を支払っているときは、保険内容を確認して料金を引き下げられないかプランを見直します。万が一のための医療保険ですが、高額医療などの国の制度を利用することで高い保険に加入しなくても治療費等を補えます。1万円以上の医療保険に加入しているという方は、プランや保険会社を見直すことで数千円以上の支出を減らせます。

毎月の通信費はdocomoやauなどのキャリアの通信会社から、格安SIMに乗り換えることで利用料金を削減できます。キャリアで契約をしていると1カ月あたり1万円前後の料金が必要になります。家族で利用すると2万円以上かかってしまうというご家庭も多いはずです。これを格安SIMに変えると、2台合わせても5,000円ほどの利用料しかかかりません。格安SIMはIIJmio、楽天モバイル、mineo、LINEモバイルなどがあります。会社によってプラン内容がさまざまなので、生活スタイルに合ったものを選ぶことも節約のコツになります。

水道光熱費や車のガソリン代は変動型の固定費です。毎月の使用量によって料金が変わるので、使わない分だけ節約できます。ガス、水道、電気は家族でこまめなONOFFを行い、使いっぱなしに気をつけることで料金を減らせます。ガソリン代は価格の安いガソリンスタンドを見つける、プリペイドカードなどを利用して割引を受けることでお得になります。ガソリン代を抑えるには、車の使用を控えることもおすすめです。車を使わず自転車で買い物に行く、近場なら運動も兼ねて歩きにするなど、毎月1回ガソリンの補充をなくすことで3000円~4000円の節約になります。

毎月必ず出ていく固定費を見直すことで、無理な節約をしなくても自然と支出を減らせます。お金を貯める方法と聞くと過度な節約をイメージしますが、ストレスなく手軽にできそうなところからはじめてみましょう。


収入を増やす


家計を見直してみてお金が残らない場合は、目標の貯金額を減らそうかと考えてしまいがちです。しかし、貯金額を減らしてしまうと、いつまで経ってもお金は貯まりません。そうなると、目標の100万円に到達できないどころか、10万円も貯められないという状態を続けることになってしまいます。

とは言え、これ以上減らせる支出はないというほど固定費を見直して無駄遣いをなくしても、全くお金が捻出できないこともあります。節約しても貯金できるお金がないときは、収入を増やすことに目を向けてみましょう。

収入を増やすには転職して年収を上げる方法と、副業を始めて本業とは別に収入を得る方法があります。資格やスキルがあれば転職して年収を上げることもできますが、転職活動も簡単ではありません。そこで、気軽に収入を増やしたいと考えるのであれば「副業」がおすすめです。

副業にもいろいろ方法はありますが、ビジネスと捉えると難しそうに感じます。ただ、最近ではスマホアプリやパソコンを使って手軽に副業を始められる時代になりました。


おすすめの副業

手軽に始めたいという方には次の副業がおすすめです。

・フリマアプリを使った不用品の販売
・趣味ブログを作って広告収入を得る
・アンケートアプリでお小遣いを稼ぐ
・note(ノート)でコンテンツを販売する

フリマアプリはメルカリが人気です。自宅にある使わないものに値段をつけて出展するだけなので手間はほとんどかかりません。買い手が見つかったら商品を梱包して郵送します。メルカリはユーザー数が多いアプリなので、ニーズのあるものを販売するとすぐに買い手がつきます。

最近は自分のブログを持ちアフィリエイト収入で稼ぐという方が増えています。自分の得意なことや趣味などをネットに配信することで、収入につなげられます。アクセス数が上がればそれだけ広告収入を得られる機会が増えますし、ビジネスのオファーをもらえることもあります。ブログは記事数が必要になるので収入が発生するまでには時間がかかりますが、収入増加の見込みが大きいので副業で多く稼ぎたい方におすすめです。

できるだけ手軽にと考えるならアンケートアプリがおすすめです。稼ぐ方法はアプリに届いたアンケートに回答するだけなので、すき間時間にサクサク進められます。アンケートは1回答あたりの数円~数十円の報酬となり、1カ月あたり数千円くらいの収入につながります。数万円の貯金をカバーと考えると難しいですが、お小遣い稼ぎとしては有効な方法です。

ニーズのあるノウハウや絵、漫画などのコンテンツを作れるときは、noteというサイトで自分のコンテンツを販売できます。有料記事の価格設定は100円~1万円の間となり、手数料が差し引かれた金額が売上となります。ただ、noteにコンテンツを公開してすぐに収益に結びつくことは少ないので、売上を伸ばしたいときはブログやSNSで集客をしてからnoteに呼び込む方が効率的でしょう。


1年間で100万円を貯めるコツ

1年間で100万円を貯めるには毎月の貯金額を決めて、必ず続ける習慣を身につけることが大切です。給料が入ったら先取り貯金を行う、節約意識を持つ、支出を把握するなど貯める方法を続けることが、目標達成のコツになります。

そして100万円貯金に成功したら、次は1000万円を目指してみましょう。実は、1年間に100万円を貯金できれば、1000万円はすぐ手の届くところにあります。100万円が貯まったら貯金の楽しさが自然と身についているので、お金を増やせる貯金脳に考え方が変わっていることでしょう。

また、100万円以上貯金ができたら、資産を運用するということにも挑戦してみてください。お金は増やすものです。口座に入れたままにするよりも、運用してお金に働いてもらう方が効率的に将来の貯蓄を増やせます。

お金がない、将来が不安と悩まないためにも、まずは100万円貯金をはじめてお金を増やす習慣を身につけてみてください。


貯金が1000万円越えたら何かが変わる!?預け先と賢い貯め方

禁煙貯金でお金持ち!?~それだけじゃない禁煙とお金の関係

定期預金をフル活用!普通預金との違いと使い分け方


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 持ち家購入のタイミングはいつがベスト?時期による損得を検証します!

  • 貯金が1000万円越えたら何かが変わる!?預け先と賢い貯め方

  • 個人事業主が節税できる老後資金の貯め方3つ

  • 毎月の生活費はいくらくらい?4人家族の平均内訳と節約術

  • 下流老人にならないためにできること!老後の実態と対策

  • お金を貯められない人が1000万円貯める3つの方法