1. TOP
  2. 必ず成功する500円玉貯金の6つのコツ

必ず成功する500円玉貯金の6つのコツ

2017/09/26 貯蓄・貯金
この記事は約 9 分で読めます。

「500円玉貯金を試したことがある」という人はいますか?手軽にできる貯金方法として人気ですが、意外と途中で諦めてしまったという人も多いのはないでしょうか。500円玉貯金は成功すると1年で10万円でも20万円でも貯められます。コツを掴めば貯金が苦手な人も必ず成功するので、ぜひ挑戦してみましょう。


500円玉貯金で叶うこと


500円玉貯金を成功させるために、モチベーションを上げていきましょう。

500円玉貯金でどんな夢が叶うと思いますか?「500円玉と言っても小銭、そんなに貯まらないのでは」と成功したことがない人は思うかもしれません。ただ、500玉は1日1枚貯めると30日間で15,000円に、90日で45,000円に、365日で182,500円を貯められるのです。

実際に1年で20万円を貯めたという人もいるくらい、有効な貯金方法なのです。

また、500円玉貯金を成功させた人は、

・貯めたお金で海外旅行をした
・ご褒美にブランドバッグを買った
・新車を買った

など、高額な買い物を楽しんでいます。


500円玉貯金で貯めるメリット

500円玉貯金のメリットは1度に手元から減る金額が少ないので、貯金が苦手という人が実践しやすいところが魅力です。お金を貯められない人は、自分の使える手持ち金額を減らすことに抵抗があるという人が多いのです。

そのため、同じ貯金額でも1カ月に3万円を一括貯金するよりも、1日500円玉を2枚ずつ貯金する方が抵抗感が少なくなるのです。

また、500円玉は小銭の中で最も早く目標金額を達成できるため、モチベーションを維持しやすいことでもおすすめです。

例えば10万円を貯めようと思ったら、

500円玉の場合:500円×200枚=10万円
100円玉の場合:100円×1000枚=10万円

となります。

500円玉なら1日1枚を貯金すると200日で目標を達成できます。しかし、100円玉の場合は1日100円×3枚=300円を貯金しても300日以上かかります。さらに同じ大きさの貯金箱を使うなら、貯まった後の合計金額は圧倒的に500円玉の方が大きくなります。この達成感の差は次の貯金のモチベーションにつながります。

これらのことから、手軽に貯金をはじめたいのなら、500円玉貯金が断然おすすめなのです。


500円玉貯金の6つのコツ


500円玉貯金を成功させるコツは、続けることと、楽しく取り組むことが一番です。続けるためにどのようにしたら良いか、楽しむための方法など、ぜひ取り入れて欲しいコツをご紹介します。


はじめは目標額を低く設定

500円玉貯金は2枚で1,000円、10枚で5,000円、100枚で5,000円と、お金が貯まりやすいのが特徴です。しかし、はじめに目標金額を高く設定してしまうと、なかなか貯まらなくて挫折してしまうことがあります。

500円玉の貯金箱を見てみると「これがいっぱいになったら10万円」というものもありますが、はじめて挑戦する人が10万円を貯めようと思ったら途中でくすぶってしまうかもしれません。

そのため、モチベーションを維持するには、はじめは「貯められた!」という達成感を得られるように3万円や5万円くらいの目標金額を設定すると良いですね。

3万円なら1日1枚貯金をしていくと、2カ月くらいで貯まります。ただ、なかなか毎日500円玉が作れないということもあるので、3~4カ月くらいを目安に頑張ってみましょう。

3万円が成功したら、5万円、それが成功したら8万円に。少しずつ金額を上げていくと、10万円の目標を設定する頃には500円玉貯金が習慣づき高額でも必ず成功できます。


気に入った貯金箱を選ぶ

硬貨の貯金をはじめるときは、貯金箱選びが欠かせません。貯金を成功させるコツは、必ず自分が気に入った貯金箱を選ぶことです。

いくら貯めたかが見えやすいもの、デザインが好みのもの、フタがついていないものなど、これなら貯金がはかどりそうというものを見つけてみてください。

「今貯まっているお金が見えるとやる気が出る」という人は、透明な貯金箱や金額が明確にわかるものを選んでみましょう。反対に、「手元にお金があると使ってしまいそう」という人は、中身が見えないものやフタがなく絶対に開かないものがおすすめです。

また、あからさまに貯金箱とわかるものはインテリア的に避けたいという方は、デザイン性の高いものを選んでみてください。

自分の性格に合ったもの、気に入った貯金箱を選ぶことで、楽しくお金を貯められます。


500円玉獲得ゲームを開始する

500円玉貯金は500円玉を作るところから始まります。いつの間にか財布にやってきた500円玉を貯金箱に入れても良いですが、これでは目標金額を貯めるまでに時間がかかってしまいます。

そのため、テンポ良く増やしていけるように、500円玉を作る工夫をしてみましょう。毎日が500円玉を獲得するゲームだと考えると、苦手な貯金も2倍、3倍楽しくなります。

買い物をするときは「どのように支払いをすると500円玉がもらえるか」を考えると良いですね。例えば、会計が800円だった場合、1,000円札で払うと200円のおつりがもらえます。しかし、ここで1,300円を出すと、おつりで500円玉をもらえるかもしれません。

このように、いかにして財布に500円玉を呼び込むかを常に考えることが、貯金箱をいっぱいにするコツですよ。


スタート時に貯まる実感を得る


500円玉貯金を挫折した人は「軌道に乗る前に飽きてしまった」という理由が挙げられています。

確かに硬貨の貯金としては500円玉が最もスピーディーに目標金額を達成できます。しかし、貯め始めは貯金箱も軽く、500円玉作りのコツを掴むまでは貯まっているという実感が少ないかもしれません。

貯金のペースが遅くてモチベーションが上がらないというときは、強行的に1万円くらいを両替して貯金箱に入れるというのもひとつの方法です。貯金箱にほどよく重みが増すことで、お金が増える楽しさを実感しながら続けられます。

また、小さめの貯金箱を使う方法もおすすめです。形としては横に広いものよりも、縦長のものが良いでしょう。縦長の貯金箱は上に積み重なっていくので、貯まっていく実感を得やすくなります。


財布の中で500円玉を別に保管する

500円玉貯金を成功させるには、財布に入ってきた500円玉を使わないというところも重要です。せっかく財布に呼び込んだ500円玉を使ってしまっては、貯金は一向に増えません。実は500円玉貯金が失敗してしまうのは、モチベーションが下がったときに500円を使ってしまうというところにも理由があるのです。

そのため、財布にある500円玉を使わないためには、他の小銭と分けて保管しておきましょう。財布内の空いているポケットに入れる、ポチ袋に移すなどを取り入れて、100円玉などの硬貨とは別扱いにします。他の小銭と混ぜないことで、自分の中で「500円玉は使えるお金ではない」という位置づけに変えてみてください。


帰宅時に必ず目につく場所に置く

貯金を成功させるコツは、いつ貯金箱に入金するかも重要です。貯金は習慣づけることが大切なので、入金するタイミングは毎日合わせるようにルールを決めてみましょう。

入金のタイミングは帰宅時がおすすめです。家に帰ったときに500円玉を必ず貯金箱に入れる習慣をつけると、翌日つい使ってしまうということがありません。貯金箱を置いておく場所は、帰宅時に必ず滞在するところを選びます。玄関やキッチン、リビングなど財布からお金を移しやすいところ、かつ目立ちやすいところに貯金箱を置いておきましょう。

ちなみに、家に帰ったときに500円玉の入金と合わせて財布の中を整理すると、家計の管理にも役立ちます。500円玉を貯金箱に移し、同時に財布内の残高を確認して不要なレシートを捨てます。財布の整理や手持ちのお金を確認することは、支出の管理をしていく上で欠かせません。500円玉貯金をしながら家計の把握にも取り組むことで、無駄な支出を減らしていけます。


500円玉貯金の注意ポイント

500円玉貯金を成功させるコツは、楽しんですること、習慣にすることです。コツを掴むとお金がどんどん貯まる500円玉貯金ですが、注意するポイントもあります。

それは、500円玉を作りたいあまりに、無駄な出費を増やさないことです。500円玉貯金が習慣になると、1日1枚500円玉を用意したいと思うようになります。もし財布にその日の500円玉がない場合は、必要なものがなくてもコンビニで買い物をしてお金を準備してしまうかもしれません。

しかしこれでは、無駄遣いが増えてしまいせっかくの貯金も意味を持ちません。そのため、500円玉貯金をするときは、必要なものを購入する中で準備をするというルールを作る必要があります。

節約にも効果的な貯金方法を取り入れたいときは、買い物時に「500円以内」に収められるように合計金額を考えることです。合計金額が600円になるときは、何か100円ほど減らせないかを考えてみましょう。そうすることで1,000円を支払うと、500円玉のおつりがもらえます。節約もできて貯金もはかどる一石二鳥のお金の使い方となります。


500円玉貯金の両替方法


貯金箱がいっぱいになったら、そのまま使うよりも紙幣に両替した方が使いやすくなります。

500円玉を両替する方法は銀行に持って行くと、紙幣に変えてくれます。ただ、両替は手数料がかかる場合や合計金額をあらかじめ数えなければならない場合もあります。

そのため、手数料無料で手軽に紙幣にしたいのなら、銀行にまず入金をしてATMで引き出す方法をおすすめします。入金は窓口とATMを使う方法がありますが、大量の硬貨の入金はATMが詰まってしまうことがあるので窓口を活用すると安心です。

窓口での入金方法は硬貨の合計金額を聞かれる場合と、銀行側が数えてくれる場合があります。
手間を省きたいときは金額を数える必要がない銀行を選ぶと良いですね。硬貨の入金は、ゆうちょ銀行などが手軽だとよく利用されています。


コツを掴んで500円玉貯金を成功させる

500円玉貯金は貯めるコツを取り入れると、誰でも目標金額を達成できます。これまで貯金が失敗続きだったという方は、まずは気軽に実践できる500円玉貯金からはじめてみましょう。

はじめての場合は、まずは高い目標を設定せず3万円くらいからスタートしてみてください。「目標金額が貯まる」という達成感を得られたら、少しずつ高い金額を設定していきましょう。

貯まったお金で何をしようかなと、使うときのことを考えながら続けていくとモチベーションを維持しやすくなります。貯金が習慣づいたら銀行に将来のためのお金を貯めていき、500円玉貯金はご褒美用のお金として貯めていくと良いですね。続けることで必ず成功するので、早速挑戦してみてくださいね。


なぜ貯金ができない?~貯められない人に共通する傾向をチェック!

専業主婦でも実践できる!節約で月3万円貯める10の方法

お金を賢く稼ぐならネットを活用すべし! 主婦でもできる収入アップの方法


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • 知らず知らずにお金持ち!断捨離とお金が貯まる関係

  • 定年退職後の生活費はいくらかかる?老後の支出と必要貯蓄額

  • お金を貯められない人が1000万円貯める3つの方法

  • 個人事業主が節税できる老後資金の貯め方3つ

  • 会社の財形貯蓄を利用するメリットとデメリットを比較してみた!

  • 「掛け捨て」と「貯蓄型」、保険を選ぶならどっちがいい?