1. TOP
  2. 50代は貧乏老人への分かれ道!家計が苦しい原因と解消法

50代は貧乏老人への分かれ道!家計が苦しい原因と解消法

近年、家計が苦しいと感じる50代が増えています。30代で結婚して子育てがはじまり、家族も増えマイホームを購入。充実した人生を過ごしてきたかのように見えますが、50代になってから住宅ローンと教育費用で一気に家計が圧迫されるというケースは少なくありません。

さらに、50代にさしかかるとあっという間に定年退職がやってきます。貯金がなければ老後に貧乏生活を送るしかありません。出ていくお金ばかりで生活に余裕がないという方は、貧乏老人にならないために今すぐ家計を見直してみましょう。


家計が苦しい!借金だらけの50代


50代になると、これまでの生活のしわ寄せが一気に家計の負担となって押し寄せてきます。

・子供の教育費用
・高額な住宅ローン
・親の介護費用
・夫婦の老後資金

これらの問題が急に現実的になるので、ふたを開けると借金だらけの家計を抱えていることも少なくないのです。

30代から40代前半の頃は、今後昇給して収入も増えるだろうと子育てや生活に夢を持つ時期です。そのため、安定した暮らしをとマイホームを購入する、子供を私立の学校に通わせるなど、収入が上がるのを見越してお金を使ってしまう人が大変多いのです。

しかし、40代後半から50代になると、実際には思ったよりも収入が上がらずに高額な住宅ローンの支払いに苦しむ、子供の教育費用が高すぎて大学資金まで準備ができなかったなどの問題が浮き彫りになります。

さらに追い打ちをかけるように、高齢になった親に介護が必要になる、自分たちの老後資金も貯めなければならないなど、家計の不安要素が増えていきます。


50代になって住宅ローンで苦しむ理由

50代になって住宅ローンの支払いが苦しいと感じるのは、無理な返済計画を立ててしまったことに原因があります。収入が上がることを見越した上でローンを組める最高額で住宅を購入する、夫婦共働きの年収で高額のローンを組むなど、返済に余裕のない借金をしている場合は50代になり破綻の危機を迎えてしまう可能性もあります。

このように無理な住宅ローンを組んでいると、収入が下がったときや急に大きな支出があったときに対応ができなくなります。また、住宅ローンの支払いをボーナス払い設定にしている家庭もありますが、ボーナスは会社の景気に左右されるために「支給されない」というケースもあります。予期せぬ収入減で住宅ローンが支払えないという場合は、せっかく購入したマイホームを手放さなければなりません。

さらに、老後に貧乏老人になり得る分かれ道は、住宅ローンの返済に大きく左右されます。ローンの返済が定年後の65歳以降も残っている場合は、支払いにより退職金や貯金している老後資金が大幅に減ることになります。あてにしていた退職金が半分以上住宅ローンの支払いで消えてしまった場合、頼れるのは年金だけになり苦しい生活を強いられます。


家計が苦しいのは教育費のせい?

50代で家計が苦しい原因は、子供の「教育費」も大きな要素になります。子供が社会人になってひとり立ちした家庭では、人生で一番無駄な支出は教育費だと口をそろえて言っています。

もちろん、子供を社会に出すまでが親の責任なので、全ての教育費が無駄なわけではありません。しかし、子供の教育費として使ったお金が、全て子供のためになっているとは言えないのです。

・社会的ステータスのために私立の学校に通わせる
・周囲に合わせるために習い事に行かせる
・ママ友との付き合いのためにランチや交流の場に参加する

このような、子供のためと言いながら実際は親の見栄のためとも言える教育費は、家計を苦しめる大きな原因となっているのです。

また、50代になると避けては通れないのが、子供の大学資金の準備です。最近は家計が苦しいために、大学進学時に奨学金や教育ローンでお金を借りる家庭が増えています。特に子どもが2人以上いて私立学校に通わせている家庭では、大学資金の問題の前に中学や高校の授業料や塾費用などで苦戦をしている人もいます。子供のひとりが大学に通うとなれば、さらに家計の負担が大きくなります。50代から借金地獄とならないように、計画的に教育資金のやりくり方法を考えなければなりません。


50代の仮面夫婦はお金が貯まらない


50代になるとまとまった貯金がある家庭と、全くお金が貯まっていない家庭の両極端になります。貯金ができない家庭では表面上は仲良くやっているように見えても、夫婦で家計や将来について話し合う機会を設けない傾向にあるので「お金が貯まらない」という状態を招いています。

一方、貯金がある家庭は普段から夫婦のコミュニケーションが取れているので、将来設計などもきちんと立てられています。家計の貯金は夫と妻が協力しなければ増やすことはできません。夫婦別財布でパートナーの収支を把握していないという家庭は、今の家計の貯金状態を2人で再確認する必要があります。


老後資金は個人型確定拠出年金を活用

50代になると老後資金を見直し、足りない場合は本格的に貯めなければなりません。定年退職まで残り10年前後、50代から効率的に老後資金を準備するには「個人型確定拠出年金」の活用をおすすめします。

個人型確定拠出年金は毎月掛け金を拠出して運用することで、将来の給付金を増やすことができます。給付金は加入期間が10年以上であれば60歳から年金を受け取れ、10年に満たないときは65歳までには支給が始まります。

個人型確定拠出年金のメリットは、

・掛け金は全額所得控除となり年末調整で税金が戻ってくる
・運用益が非課税扱いになる
・年金の受け取り時に公的年金等控除となる
・一時金としても受け取れ、その場合は退職所得控除になる

個人型確定拠出年金は掛け金の支払いと受け取り時に税金の控除が受けられるので、貯金を行うよりも家計にメリットが出ると言えるでしょう。


家計が苦しいときに今すぐできる節約術

40代から50代になると子供から手が離れる主婦が多く、仕事を始める方が増えます。専業主婦やパートからフルタイム勤務に変わると、それだけ家計の収入も増えることになります。

ただ、それに伴い増加するのが「生活費」です。収入が増えたからと言って家計に余裕が出るわけではなく、これまで節約を意識していた反動で生活水準が一気に高くなるという家庭が大変多いのです。

特に主婦が仕事をはじめることで増えてしまうのが「家事用品」の支出です。家事に時間をかけられなくなったことで、便利な家事用品を購入する家庭が増えます。さらに、節約意識が低くなったことから、娯楽などにお金を使うことも多くなります。

収入が増えた分だけ支出も増える、これでは貯金はできません。我慢せずに節約を取り入れたいときは固定費の見直しから始めてみましょう。


毎月の固定費を見直す

無理なく節約を生活に取り入れるには、ストレスのかからない方法を選ぶことが重要です。固定費を減らすことで自然と支出は減っていきます。今だけの節約ではなく、長く老後も続けられる方法を実践してみてください。

・スマホを格安SIMに変える
・保険料を引き下げる
・節水する
・買い物は週1回にまとめて

キャリアのスマホは使用料金が高いので、一番先に見直したい固定費です。ドコモなどの大手からSIMフリーの格安会社に変えるだけで、料金を半分以下に抑えられます。毎月の携帯代が8,000円前後から2000円前後に変わると、ひと月あたり6,000円の節約になります。

保険料は夫婦で話し合い、できるだけ支払いを下げられるように検討してみましょう。50代になると急な病気や介護などが心配になる年齢です。しかし、高額の医療保険に加入していなくても国の制度と併用することで十分対応できる保険もあります。まずは無駄なプランに加入していないか、保険内容を確認してみると良いですね。

水道代は節水タイプのシャワーヘッドに取り替える、水道の元栓を閉めて水量を調整してみましょう。節水は家族の協力が不可欠ですが、気になる度に注意するのもストレスになります。節水シャワーヘッドの活用や水量を元から調節することで、意識をしなくても無駄遣いを自然と減らせます。

食費は買い物の頻度を減らすだけで無駄をなくせます。収入が増えた分、支出がかさみやすいのが食費です。健康的な食生活を取り入れると、食費は増えてしまうことでしょう。ただ、過剰な支出は浪費となってしまいます。そのため、食費を節約するにはまとめ買いを取り入れて、必要なものだけを選ぶことが大切です。1週間の献立を決めて買い物リストを作るなど、予算内で食費を収める工夫をしていきましょう。


家計の収入を増やす方法


妻がフルタイム勤務になったことで支出が増えた家庭では、家計を見直すことで赤字から抜け出せます。一方、50代の家計でもっと深刻なのは、お金が苦しいにも関わらず妻が専業主婦もしくは夫の扶養内で働いている場合です。

子供の大学費用が必要、住宅ローンの支払いは高額、しかし夫の給料は増えない。このように家計が圧迫されている場合は、妻が働くことでお金の問題を解消できます。

これまで育児と家事をメインに行っていた主婦にとっては、50代でフルタイム勤務をはじめることは大きな決断となります。しかし、50代で家計の収入を増やさなければ、老後の資金が貯まらないどころか教育費用で大きな借金を抱えることにもなりかねません。子供が中学生に上がったら夫と共に妻も稼ぐことが、将来の不安を解消する方法なのです。


自宅で稼ぐ

もし、外で働くことに抵抗を感じるときは、自宅で稼ぐ方法を取り入れても良いですね。ネットビジネスをはじめる、フリーランスになるなど、自宅で仕事をする方法はいくらでもあります。

最近は家庭に1台パソコンを置いているという人が多いので、インターネットを使って仕事をするのが一番手軽です。クラウドソーシングを利用して仕事を請け負うことで、すぐにでも在宅ワークをはじめられます。

収入を増やしたい、でも50代から正社員になるのは不安という方は、ぜひ挑戦してみてください。


50代の苦しい家計事情から抜け出すには

50代になって家計が苦しいと感じている方は、収入を増やし支出を減らす方法を取り入れてみましょう。子供の教育費や住宅ローンの支払いに追われると、貯金ができないことに不安を感じてしまいます。しかし、打開策を見つけて少しでもお金を貯めなければ、貧乏老人への道に突き進むことになります

50代の今が将来の分かれ道です。いかに家計を維持して老後につなげていくかを、ぜひ夫婦で見直してみてください。


退職金制度とは?中小企業従業員が知っておくべきもらえる金額と今後

気になる介護は?妻の夫両親への扶養義務を徹底解説

「掛け捨て」と「貯蓄型」、保険を選ぶならどっちがいい?


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 共働き家庭の夫のお小遣いはいくら?平均と金額の決め方

  • 何歳まで働く?イマドキ高齢者が働く3つの理由

  • いくらまで購入可能?マイホームの価格の考え方

  • 婚約指輪の20代の相場って? 選び方のポイントもご紹介!

  • 20代から身に付ける!上手に100万円を貯金する方法とは?

  • 投資が苦手な方にお勧め!銀行預金と貯蓄型保険を活用した資産運用術