1. TOP
  2. 車の乗り換えはいつがお得?乗り潰すか買い換えるか

車の乗り換えはいつがお得?乗り潰すか買い換えるか

2017/10/26 家計・節約
この記事は約 9 分で読めます。

車を乗り換えるならお得な時期を狙った方が、車検やメンテナンスの費用を抑えて、かつ高い値段で買い取ってもらえます。新車で購入していても、何年も経てば市場価値がなくなってしまいます。そのため、タイミングを逃すと損をしてしまうことにもなりかねません。

お得に売って買い換えするならいつが良いのか、乗り潰す方がメリットがあるのか。乗り換えの時期をチェックしてみましょう。


車は「乗り換え」と「乗り潰し」どちらを選ぶべき?


車の乗り方は「乗り換え派」と「乗り潰し派」の2つのタイプがあります。

乗り換え派の人は、

・価値が下がる前に乗り換えて高く買い取ってもらう
・車検代のかからない3年間隔で乗り換えている
・家族が増えて不便になったから車を換える
・長く乗ると車検の費用がかさむから定期的に乗り換える

乗り潰し派の人は、

・大きな故障もないので乗れるだけ乗りたい
・次の車の購入費用が貯まるまで乗りたい
・新車を購入したいがお金がないから乗り潰す
・とりあえず動くなら乗り換える必要はない

乗り換えと乗り潰しのタイプは、ライフスタイルや費用面によって選ばれています。

乗り換え派は売却することを考えて、車に価値があるうちにお得に乗り換えたいという意見が多くなっています。タイミングは車検に合わせて買い換えを検討する人がほとんどです。

他には、家族が増えるなど、ライフスタイルが変わったことで車を乗り換える人もいます。子どもが増えたことで軽自動車では狭すぎるから、少し大きめのファミリーカーに。反対に、子どもがひとり立ちしたことで、夫婦で便利に使えるコンパクトカーに乗り換えるというケースもあります。

一方、乗り潰し派の人は、車の乗り換えにはお金がかかるために動かなくなるまで乗ると言う人が多くなります。車の乗り換え時にローンを組む場合は、ガソリン代などの維持費に加えて月々の支払いが必要になります。

乗り潰し派の人は、毎月の支払いの負担を考えると車の乗り換えにメリットを感じない、お金がないために購入できないという人が多くなっています。


乗り換えと乗り潰しはどちらがお得なのか

では実際、車の乗り換えと乗り潰しはどちらがお得なのでしょうか。

実は、車の乗り換えのお得度はケースバイケースで、新車を購入してからの年月や走行距離、車検時にかかる費用などにより決まります。

つまり、お得な乗り換え時期はその車によって異なるという結論になります。

しかしながら、一般的に買い換えがおすすめとされているタイミングはあります。お得に乗り換えできる時期や乗り潰しを判断する時期を知ることで、自分の車の次の買い換えタイミングをチェックできます。

大きな買い物で損をしないためにも、早めに乗り換えるべきか乗り潰すべきかを参考にしてみてください。


車を乗り換える場合


車を乗り換える場合、買い取り価格を優先するなら新車の購入から「3年未満かつ走行距離3万km未満」がはじめの基準となります。

中古車として高値で販売をするなら、3年未満3万km未満の車であれば比較的状態が良いので高値で買い取りをしてもらいやすくなります。3年未満を買い換え目安にする理由は、車検のタイミングが新車購入3年目で訪れることも1つのポイントになっています。

ただ高値と言っても新車価格の50%前後、もしくはそれ以下というケースもあります。ローンの支払いが残っている場合は、乗り換え後のローンと合算して支払うことになります。

ローンの完済時期に合わせてお得に乗り換えを考えるなら、新車購入から「5年未満かつ3万km以内」がおすすめです。5年の使用期間でも最近の日本車は精度が高いので、中古車ショップも安心して販売ができます。そのため、市場価値も出やすくなるのです。

走行距離は3万km前後なら買い取り価格に大きく影響することはありません。5万kmを越える場合は値下げされることもあるので、5年目の車検のタイミングで乗り換えを考える場合は走行距離もチェックしておきましょう。

車の乗り換えを検討しているときは、買い取り価値が出るのは「7年未満かつ5万km未満」となっています。10年近く乗っている車はメンテナンスが必要な場合も多いため、市場価値が出にくくなります。特に7年以上で走行距離8万kmを越えている車はほとんど価格がつかないこともあります。

また、軽自動車の場合は普通車よりも耐久性が低いので、さらに価値が下がるケースもあります。高値で買い取ってもらい乗り換えをしたいなら、新車の購入から「3年~5年未満かつ走行距離3万km前後」を目安にしてみてください。


車を乗り潰す場合

車をお得に乗り換えるタイミングから考えると、7年以上乗った車は買い取り価格がほとんどつかないので乗り潰した方がお得と言えるでしょう。実際、日本の車は性能が良く故障しにくいので、大きなトラブルがなければ10年以上乗り続けることも可能です。

もちろん、定期的にメンテナンスは必要になりますが、それでも新車を購入するよりは安く済むことでしょう。

とはいえ、乗り潰す場合でも買い換えのタイミングはやってきます。乗り潰すと言っても、実際に車が動かなくなることはほとんどありません。そのため、メンテナンスを繰り返しながら動かなくなるまで、10年も20年も乗り続けることはできないわけではありません。

しかし、新車の購入から「13年以上」になると、自動車税や重量税が高くなります。さらに長期間乗っていることで車検代も上がってくるので、例えまだまだ乗れると感じても維持費は確実に高額になります。車の整備費用だけで15万円~30万円以上もかかることもあります。このように、維持費やメンテナンス費が高額になる場合は、買い換えた方がお得です。


乗り換えと乗り潰しのお得ポイント

乗り換えと乗り潰しのポイントは、乗り換えなら新車購入から5年目の車検のタイミングに、乗り潰すなら13年目を目安にすることをおすすめします。

新車購入時から5年目に差しかかると車のローンも完済できているか、残金も少なくなっていることでしょう。そのため、新しく車を購入しても支払いの負担が大きく増えにくいので、ローンを組みやすいというメリットもあります。

また、いずれ乗り換えを検討しているという場合は、5年以上延ばすことで市場価値がどんどん低下していきます。中途半端なタイミングに売却をかけると損をすることもあります。買い取り価格の相場は、車の使用年数や走行距離などである程度決められているのでタイミングを逃さないことが大切です。

車を乗り潰す場合は、大きな費用がかからなければ維持費が上がる13年目までは乗り続けると良いでしょう。オイル交換などをきちんと行い、定期的にメンテナンスすることで故障を防ぐことができます。乗り潰しを考えている人は「ローンを組むよりも購入資金を貯めたい」という方も多いので、買い換えのタイミングが来るまでに次の購入資金をしっかり貯金していきましょう。


乗り換えるなら「新車」と「中古車」どちらがお得?

では、車を乗り換えるときは、新車と中古車ではどちらを選べば良いのでしょうか?

新車と中古車のそれぞれのメリットは次のようになります。

新車のメリット
・新車保証がある
・燃費が良い
・故障しにくい

中古車のメリット
・購入費が安い

新車のメリットは新車保証がついているので、初期不良などにも対応してもらえるため安心して乗れるというところが大きなメリットです。新車は燃費も良いので毎月のガソリン代を考えてもお得に乗り続けられます。そのため「5年は乗りたい」と思うなら新車の購入をおすすめします。

一方、中古車のメリットは価格が安いことです。購入時の価格だけを考えると、中古車ほど安く買える車はありません。ただ、中古車は故障の心配もあるので、保証つきのものを選ぶようにしましょう。それでも長く乗ることで新車よりもメンテナンスが必要にはなります。そのため中古車の購入は、2年~3年など短期的に乗りたいというときに活用することをおすすめします。


車をお得に購入できる時期


車を購入するなら、割引きをしてもらいやすい時期を狙った方が断然お得です。車の購入は営業マンに交渉することで、提示価格から値引いてもらうことができるのです。特に、値引きのしやすいタイミングを狙うと、大きく価格が下がることもあるのでぜひ活用していきましょう。

値引き交渉がしやすいタイミングは、

・月末の25日前後
・決算期の3月と9月
・夏と冬のボーナス時期

以上の3つの時期がおすすめです。

月末はどの営業マンも、売上獲得駆け込み時期になります。そのため、値引きをしてでも成果につなげたいという流れができています。月末のねらい目時期は25日前後で、月内に書類の処理が間に合うくらいを目安にしてみてください。

3月と9月は多くの車販売業界の決算期にあたります。決算前はどの会社も業績を伸ばすために、セールなども大々的に行っています。特に、決算月の月末は営業マンが売上ノルマを達成させるために、値引きも積極的に対応してくれることが多くなっています。

夏と冬のボーナス時期は車を買い換えようかと考える人が増えます。購買意欲が高い顧客が増えると、販売店側もお客を逃がすまいと値引き策を取り入れます。そのため、月末や決算時期と同様にお得に車を買い換えることができるのです。


車の乗り換え時のポイント

車の乗り換え時に気をつけなければならないポイントは、支払いに無理がないかをじっくりと検討することです。購入費用を一括で支払うことができれば家計に負担はかかりませんが、ローンを組む場合は支払いが家計を圧迫しないことが基本的な条件となります。

特に、自動車ローンが残っている内に乗り換えるときは、毎月の返済額が高くなってしまいます。新車を購入したことで困窮した環境を招くということがないよう注意が必要です。

また、車を換えることで、維持費が増えないかをチェックすることも大切です。車の購入時は初期費用と月々のローンの支払額をメインに考えてしまいますが、それと同時にガソリン代や保険料などがかかることも忘れてはいけません。

最近の新車は燃費の良いものが多くなりますが、車種が変わるとガソリン代も変わります。自動車の任意保険に加入する場合は保険に入り直すことになるので、今までの保険料よりも高くなることがあります。そのため、車を乗り換えるときは、購入費用と合わせて毎月の維持費がどれだけ変わるのかもきちんと確認しておきましょう。


後悔しない車の乗り換え方

車は乗り換えるときも乗り潰すときも、自分にとってメリットの大きい方を選択することが重要です。お得と言われる乗り換えのタイミングがやってきたからといって、乗りたい車がなければ良い買い物もできません。

また、好きな車が見つかっても支払いの負担が大きければ、購入できたとしてもお金がないからと手放すことになる場合もあります。

車の買い換えは自分が後悔をしないタイミングを選ぶことが大切です。乗り換えたいときに最もお得に買い換えることが重要なので、焦らずに賢く購入を決めてみてください。


自動車ローンに頭金は不要?頭金を支払うメリットとデメリット

どっちが得?マイホーム購入と賃貸住まいの生涯コストを徹底比較

貧乏から脱出したい!誰にでもできるたった1つの方法


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • シングルマザーの貧困の原因とは?貧乏を抜け出す方法

  • 亡くなってからでは遅い!相続税の仕組みをわかりやすく簡単に解説します!

  • すぐに始める!ムリなく貯まる!賢い人の老後資金の貯め方

  • 婚約指輪の20代の相場って? 選び方のポイントもご紹介!

  • シングルファザーも安心!父子家庭も受け取れる児童扶養手当とは

  • 公的年金と私的年金は何が違う?メリットや違いをチェックしてみた