1. TOP
  2. 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

起業したいと思っても「資金がない」「起業の仕方がわからない」場合は、なかなかその一歩を踏み出すことができません。

しかし、現在は資本金1円からでも独立開業ができる時代。さらに言えば、インターネットを活用するとノーコストで誰でも会社を立ち上げられます。もはや、起業には軍資金は不要とも言える世の中。

あたためているビジネスがあるのなら、起業の方法を知って今すぐ挑戦してみてください。


早速、独立開業!小資本で起業する方法


いざ、独立開業しようと思っても何から手をつければ良いのかがわからなければ、起業までに時間がかかってしまいます。稼ぐスキルを持っているのに、活用しないのは本当にもったいないことです。独立は石橋を叩くよりもポイントだけを押さえて挑戦する方が成功する確率が上がります。

また、サラリーマンからの起業は「会社を辞めなければならない」と思っている人も多いですが、本業と個人ビジネスは同時進行が可能です。注意したいポイントは勤め先が副業禁止ではないこと。副業禁止の企業に勤めている場合は、勤め先にばれることで副業の停止が求められるか、会社を辞めるかを迫られることもあります。そのため、サラリーマンをしながら起業したいときは、就業規則などを確認しておきましょう。


起業するための手順

1. 起業のスタイルを決める
起業するときはビジョンを明確にすることが重要です。そのため、独立開業時には「自分は何をして稼いでいくのか」を具体的に考えていきましょう。

起業のスタイルはさまざまですが、個人が小資本ではじめたいときはネットビジネスがおすすめです。お店を開きたいから店舗を借りて、品物を揃えて、従業員を雇って……となれば、資金はいくらくらい必要でしょうか?必ず成功するのであれば銀行から融資を受けて資金を調達できますが、これではリスクが高すぎます。

個人がビジネスをするのであれば「リスクを抑えて、長期的に収入を得られる」方法を取り入れるべきです。もちろん、ネットビジネスが全くノーリスクというわけではありませんが、

・開設がとても手軽
・在庫を持たなくてもよい
・コストを抑えられる など

稼げる場所を簡単に作れ、在庫を抱えるリスクや初期費用、維持費用が抑えられるためにリスクを軽減できます。

2. 売るものを決める
手軽にスタートできる具体的な起業の仕方は、

・アウトソーシングで仕事を受注する
・ネットショップを開設する
・コンテンツやアイデアを売る など

が人気です。

最近はフリーランスとして独立開業する人が増えています。ひと昔前であれば、自分のスキルを磨き信頼してくれる顧客がついた頃に独立するスタイルが多く見られましたが、現代はインターネット社会。自分と顧客の仕事内容がマッチングすることで、今まで関わったことがない顧客であっても仕事をもらうことができます。

アウトソーシングサイトのおすすめは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」です。どちらもクライアントの登録数が大変多いので、はじめての方でも挑戦できる仕事が必ず見つかります。

ネットショップを開設する場合、一からホームページを作るのは勉強が必要であり時間がかかります。Webの知識があれば数日で作成は可能ですが、専門外の方だと時間的コストがかかり過ぎてしまいます。ネットショップは販売スタートまでの時間をできるだけ短縮させたいので、「BASE」というネットショップ作成サイトを利用してみましょう。

BASEはネットショップの開設から運営まで無料で行えるサイトです。好みのテンプレートを選んで商品画像をアップするだけで販売を開始できます。資金不要で今すぐはじめられるので、自分のお店を持ちたい人が最も手軽に起業できる方法です。

コンテンツやアイデアを売りたいときは、「note」や「ココナラ」がおすすめです。クラウドソーシングは顧客に依頼された仕事を行いますが、独自のコンテンツやサービスを販売したい場合もあります。

おもしろいサービスを思いついた、オリジナルで制作したイラストやコラムなどを売りたいときはオンラインマーケットを利用してみましょう。固定客がつくことで継続的にコンテンツを購入してもらえたり、直接仕事を依頼してもらえます。

3. 株式会社登記を行う
ビジネスの形が決まったら起業するために「株式会社登記」を行います。個人事業主という方法もありますが、株式会社にすることで会社用の銀行口座を作れる、社会的信用を得られるなどのメリットがあります。

会社を独立開業することで「社長」という肩書をつけられるところも、モチベーションにつながります。

とは言え、会社設立は個人事業主の開業よりも手続きが多いために手間に感じる場合もあります。売り上げが伸びて節税対策が必要であれば起業をした方が断然メリットは大きくなりますが、利益が出るまで個人事業主としてビジネスを成長させるのも良い方法です。


起業のメリットとデメリット


個人での独立開業の仕方は、複数の起業方法と変わりません。しかし、自分の能力を活かして稼ぎたいと起業をしても、個人で行う場合は作業量が多いために注意しなければならないポイントもあります。ビジネスを成功につなげるために、個人運営のメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

起業のメリット
・自由な時間に働ける
・自分の独断で仕事を進められる
・何歳まででも働ける

個人での仕事は、自分のタイミングで自由な時間に働けます。特にネットビジネスは時間に拘束される仕事が少ないので、朝でも夜でも働く時間帯を選びません。また、全ての決定権は自分にあるので、上司の指示を待つ、仕事仲間を気遣いながら仕事を進めるなどの手間もありません。

さらに、サラリーマンと異なり定年退職がないので、60歳、65歳を超えても稼ぎ続けられます。もちろん、それまでに仕事を辞めることもできます。

つまり、仕事において全てのことを「自分の判断で自由に決められる」というのが、大きなメリットになります。

起業のデメリット
・仕事量が多い
・時間配分が難しい
・代わりがいない
・老後資金を自分で確保する必要がある

個人の企業は稼ぐことから事務作業までひとりで行わなければなりません。そのため、作業量が多いことは確かです。作業量が増えればプライベートの時間が無くなるほど毎日仕事ばかりを行うことになります。また、自分の代わりがいないので、健康には十分に注意が必要です。体調を崩して依頼された仕事が納期に間に合わないなど、トラブルが発生すると信用を無くしてしまうことにもなりかねません。

個人の資産を準備していない場合は、老後の資金が足りなくなるケースもあります。会社を起業するときに国民年金や厚生年金には加入しますが、老後の資金としてはそれだけでは不安です。高齢になり仕事を辞めなければならないときにお金がないという事態を招かないために、個人年金や確定拠出年金等を利用して資金を必ず確保しておきましょう。


独立開業成功のコツ

独立開業するときは「成功率を高める」ことが重要です。成功するにはローリスク、かつロングリターンを狙って事業を進めると良いですね。起業する前に必ず心得ておきたいポイントは次のようになります。


成功の秘訣

・小資本ではじめられるビジネスを選ぶ
・利益率が高い商品を選ぶ
・継続的に収入が入ってくる方法を取り入れる
・在庫を持たない

ビジネスを成功させるには、コストを抑えて小資本ではじめられるものを選びます。もちろん、商品の質は重要ですが原価900円の商品に対して1000円で販売した場合は、利益が100円にしかなりません。これではコストばかりがかかってしまい、1万円の利益を出すためには100個の商品を売らなければなりません。

同じ労力を使うのなら、原価300円で1000円の商品を売った方が利益率は高くなります。さらに言えば、同じ個数を売るなら、利益100円のものよりも、利益1万円の商品の方がモチベーションも上がりやすくなります。

つまり、原価を抑えて高い利益を出せる方法を選ぶ方が、ビジネスは成功しやすいのです。

また、個人でビジネスを行うならストック型の方が長期的に利益を増やしていけます。ストック型は一度商品を売ることで継続的に収入が発生する稼ぎ方です。継続的に売れ続ける仕組みを作れば、安定した収入を得ることが可能になります。個人での会社運営は作業時間も限られているので、報酬が長期的に発生する仕方を選ぶことでビジネスを成長につなげられます。


時間コストを節約する


個人での企業は作業時間の配分が重要なポイントになります。

個人で独立開業をすると営業から経理までひとりで行うことになります。これでは稼ぐための時間が削られてしまい、本来の作業ができずに売り上げが伸びない場合もあります。

ビジネスのために時間を効率的に使うには、自分以外でもできる仕事は外注化を行ってみてください。特に、記帳作業や税務申告は外注をすることで経理の仕事を大きく時短できます。

また、自社のホームページは専門家に任せることで、集客率のアップにもつながります。

全ての作業を自分で行うことは費用面では安く済みますが、時間的コストを見てみると外注化した方が利益を上げられるケースもあります。そのため、自分がすべきことと、外部に依頼した方が良いものを見極めながら、効率的に作業を進めることが大切です。


起業・独立開業に必要なもの

起業の仕方はビジネススタイルを決めて、株式会社登記を行うだけなので手順としては簡単です。サラリーマンを続けながら独立することも可能なので、収入が安定するまでは本業と副業を併用すると良いですね。

ビジネスを成功させるポイントは継続的に収入を得られる仕組みを作ることです。しかし、どんなビジネスであっても「今日明日で簡単に稼げる方法」というものはありません。

ビジネスで成功したいのなら最も重要なことは「継続する」ということです。1週間続けて成果が出ないのなら1カ月続ける。1カ月で成果が出ないときは半年続ける。

さらに、全く成果につながらないときは、やり方を変えてみることも大切です。

・続けること
・検証して見直すこと

これを繰り返すことで必ず成果を出すことができます。

まずは起業することが大前提なので、自分のスキルやアイデアを活かせるビジネスを見つけてぜひ挑戦してみてください。


成功する起業家に共通する特徴を徹底解明!

白色申告と青色申告の違いとメリット・デメリット

退職金の平均が減っているって本当?主な理由と資金を手元に残す方法


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

by マネーの神様編集部

by マネーの神様編集部

ファイナンシャルプランナー、不動産投資家、起業家、トレーダー、ネットビジネス会社経営者、行政書士等が集まる、ちょっと不思議で多くの面白い情報が飛び交う編集部です。

この人が書いた記事

  • お金持ちの考え方と行動の法則は何が違うのか?

  • 働かないでお金を生み出す!不労所得を簡単に稼ぐ方法を考える

  • 貯金ができないのはなぜ!?お金を貯めるのが難しい3つの理由

  • 小資本で起業する方法は?起業の仕方を学んで独立開業!

関連記事

  • サラリーマンの副収入、確定申告は必須か?

  • 今話題の合同会社とは?そのメリットとデメリットを考える

  • まだ遅くない!あなたも身につけられる!お金を稼ぐ人の考え方

  • 個人事業主の屋号は必要?名称のつけ方とメリット

  • お金を賢く稼ぐならネットを活用すべし! 主婦でもできる収入アップの方法

  • 車を購入する個人事業主は必見!税金対策のポイント