1. TOP
  2. 会社の財形貯蓄を利用するメリットとデメリットを比較してみた!

会社の財形貯蓄を利用するメリットとデメリットを比較してみた!

皆さんの会社に財形制度はありますか?財形制度とは、正式には「勤労者財産形成促進制度」という名前の制度で、給与所得がある勤労者が使える制度です。

給与天引きでお金を貯めることができて、非課税の特典もあるお得な制度ですが、財形制度にデメリットはないのでしょうか。ここでは、財形制度のメリットとデメリットをまとめました。

ただし、財形制度は、勤労者=サラリーマンのための制度なので、自営業者や専業主婦はもちろん会社役員も利用することができないのでご注意を。


財形貯蓄には3つの種類がある!


財形貯蓄と一口で言いますが、実は財形貯蓄には3つの種類があるのをご存知ですか?その3つとは、「一般財形貯蓄」、「財形住宅貯蓄」、「財形年金貯蓄」です。ここでは、それぞれの貯蓄制度の特徴をご紹介します。

【一般財形貯蓄】
給与天引きの貯蓄制度で、年齢制限がなく勤労者であれば誰でも利用することができます。積立期間の要件は3年以上、積み立て開始から1年間は払い出しができないことになっていますが、1年以内に払い出しても契約は無効になりません。一般財形貯蓄は非課税ではなく、利子は課税の対象となります。

【財形住宅貯蓄】
55歳未満の勤労者が利用できる制度で、自己名義の住宅の購入や増改築のための資金を積み立てるための貯蓄制度です。元利合計で550万円まで利子が非課税になる特典があります。

5年以上積み立てをすることが要件ですが、住宅購入のための払い出しであれば、5年以内に払い出しを行っても要件違反になりません。ただし、住宅購入以外の目的で払い出すと、要件違反で過去に遡って課税されてしまいます。

【財形年金貯蓄】
55歳未満の勤労者が利用できる制度で、60歳以降に受け取る年金の資金を積み立てるための貯蓄制度です。元利合計で550万円(保険型は払込保険料累計で385万円まで)まで利子が非課税になります。

積み立てている間はもちろん、年金の受取期間も利子が非課税になります。財形年金貯蓄も、要件違反で払い出すと過去に遡って課税されてしまいます。

【財形住宅融資】
3つの財形貯蓄制度のいずれかを利用している人が利用することができるのが、財形住宅融資制度です。財形貯蓄の残高10倍以内で最高4,000万円まで、住宅費用の90%までという条件で住宅ローンを利用することができます。貯蓄残高の10倍以内ではありますが、最高4,000万円まで借りることができるので、かなりインパクトのある住宅ローンですね。


財形貯蓄を利用するメリットは4つ

財形貯蓄をするメリットにはどんなものがあるかまとめてみました。

【給与天引きで楽に貯められる】
財形貯蓄のメリットは、給与天引きで貯めることができるということです。自分で定期預金などを使って貯められる人はいいのですが、なかなか貯金の習慣が付けられない人には財形貯蓄はおすすめです。財形貯蓄の手続きは会社を通して行うので、貯まったお金をおろしたくなっても、会社の担当者に言うのが恥ずかしいからなかなかおろせないというのもお金を貯めたい人にとってはメリットのひとつです。

【非課税の特典がある】
財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、一定の金額まで利子が非課税になるというメリットがあります。銀行などの預金は、20.315%課税の対象なので、これは大きなメリットです。ただし、一般財形貯蓄は非課税の特典はありません。

【住宅ローンが利用できる】
財形住宅貯蓄でなくても、3種類のどれかの財形貯蓄で積み立てをしていれば、財形住宅融資を利用して住宅ローンを組むことができます。5年固定金利(5年ごとの変動金利)なので、フラット35や銀行などの長期固定金利よりは低金利で借りることができますが、今はネット銀行などでさらに低金利で借りられる時代でもあるため、必ずしも財形住宅融資が有利ということではありません。

【会社によっては給付金がもらえる】
勤務先の会社に財形給付金制度などの制度があれば、7年ごとに給付金を受け取ることができます。嬉しい制度ではありますが、今や給付金制度がある会社はかなり少数派になっています。


財形貯蓄を利用するデメリットってあるの?


財形貯蓄はサラリーマンにとってかなりお得な制度のようですが、財形制度を利用するデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

【低金利で非課税のメリットはほぼゼロに近い】
財形住宅貯蓄や財形年金貯蓄は550万円までが非課税となりますが、今は、長く続く低金利の時代。財形貯蓄の利率は、一般の定期預金などよりも高くなっていることが多いですが、仮に財形貯蓄の利率を0.05%としても100万円の預け入れに対して1年間で500円にしかなりません。税金は20.315%なので約102円お得になるだけです。

老後の生活資金の積み立てであれば、確定拠出年金なら運用期間中の運用益が非課税になるだけでなく、掛け金も所得控除になるなどの税制上の特典も大きくなっています。

【財形住宅融資はそれ程お得でない!?】
財形住宅融資は5年ごとに金利を見直す変動金利なので、固定金利の住宅ローンよりは金利が低いメリットがあります。先ほど、財形貯蓄のメリットのところでも述べましたが、現在は各金融機関が競って低金利を打ち出している状況です。同じ変動金利であれば、ネット銀行で融資を受けた方が有利になる場合も多いのです。

財形制度は、古くからあるサラリーマンのための福利厚生制度ですが、現在の低金利の状況によって財形制度のメリットが感じられなくなってしまっています。新しく確定拠出年金制度ができたことも、財形制度を利用する意味が薄れてしまっている要因のひとつでしょう。


それでもコツコツ貯めたい人に財形貯蓄は魅力!上手に利用して!

財形貯蓄の特典は、それ程、魅力的に感じられないかもしれません。でも、給与天引きの財形貯蓄制度は、お金を貯めたい人には、ぜひおすすめしたい商品なのです。

財形貯蓄なら年間100万円の貯金だってラクラク。まずは財形貯蓄で「貯める習慣」を身に付けましょう。


定期預金とは?低金利時代に定期預金を始める3つのメリット

夫婦で貯蓄するための具体的な方法|貯蓄プランの立て方

公的年金と私的年金は何が違う?メリットや違いをチェックしてみた


\ SNSでシェアしよう! /

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

マネーの神様 | 本物の投資家が教える 自分にあったお金を稼ぐ方法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

小野みさ代

小野みさ代

株式会社One's Brain 代表
【詳細はコチラ】
株式会社One's Brain 事業内容

この人が書いた記事

  • 申請しないと損!出産・育児でもらえる公的手当と給付金

  • 「年収1億円」の生活実態!1日に使えるお金は10万円以上

  • 共働き夫婦の家計が危ない!40代で陥りがちな教育費問題

  • 保険の生前贈与による相続対策は本当に有効か?

関連記事

  • 知らず知らずにお金持ち!断捨離とお金が貯まる関係

  • 定期預金をフル活用!普通預金との違いと使い分け方

  • 禁煙貯金でお金持ち!?~それだけじゃない禁煙とお金の関係

  • 20代から身に付ける!上手に100万円を貯金する方法とは?

  • 30代夫婦の平均貯金額はいくら?リアルなお金事情と貯金のコツ

  • 1年で「100万円」貯める!手取り20万円でも成功する方法